動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2011/12/4

再度、切れないご縁を求め  CATNAP

犬との生活は楽しいですよね。
私も許される限り、犬と一緒に生きていけたらって思います。
でも私は子供が居ないし、兄弟にも子供が居ない。
ある程度の年齢になれば、犬との生活は諦めなきゃって思うんです。

近年、センターに持ち込まれる犬の引取理由が飼い主死亡や高齢の為って言うのがすごく多いです。
会もその為に高齢な方々からの申し込みは特例を除き、お断りしています。
助かった命を二度と同じ目に遭わす訳には行きませんから。

クリックすると元のサイズで表示します
この柴ちゃんは3年ほど前に会を卒業して行きました。
飼い主さんが亡くなってしまった為、会に戻る事になりました。

【千葉20-51】柴♀琴美です。
kotajijiさんに急きょ預かって頂く事になりました。
とても大人しく飼いやすいワンコさんです。
推定6,7歳か8歳位。まだまだ元気な琴美さんですよ。

今回の琴美の例は特例です。
一度譲渡された犬の責任はご家族で必ず見てあげてください。
突然、病気になったりした時にお世話をしてくれる家族や知人を探してください。
後見人になる方もよくよく心得てお願いします。
一頭助けるのに労力もお金も掛かります。
私達スタッフはそれを家庭と仕事を両立しながら、頑張っています。
いろいろな思いの詰まった保護犬達です。
終生飼い続けられる自信が無いなら、諦める事も大切です。
241

2011/12/3

会のスタイル  CATNAP

ほまくんはどういう訳か私の予定が無い時に旅立って行った。
いつも忙しく家を不在がちなのに・・・。
亡くなった翌日もお見合いが2件入っていた。
「頑張って!」とほまくんに言われた気がした。

千葉のセンターにオファーが完全に見込めないシーズーが収容された。
状態は良くない。
クリックすると元のサイズで表示します
ガリガリで具合が悪い。
収容が長ければ亡くなってしまうだろう。
私は代表から連絡をもらい、急ぎ車を飛ばしました。


他団体さんのセンターレポブログにはおそらく朝を迎えられないとの情報もあった。
その時、状態の悪い子がもう一頭いたけど、その子は引取されて行った。
代表、あんなさんと悩みに悩んで引取を決定した。
いつもこんな状態の子を引取出来る訳でも無い。
なるべく最後の砦になるべく、頑張ってはいるがそれでも無理な時もある。
高齢の子を引き取って、お金を掛けて治療する・・・
それを理解してもらえない時もある。

でも会のスタイルをむしろ貧乏くじをあえてひくようなスタイルが羨ましかったりもするだろう。
人間ってそんなもんだとも思う。
あくまでも私の私論ですよ。批判は止めてね。
クリックすると元のサイズで表示します
この子の経緯はここをクリック!

しばらく病院預かりです。
その後は代表宅に滞在予定。

どうです?
貧乏くじと思いますか?

違いますよね。この子だって尊厳ってものがあります。
頑張ってね!
222

2011/12/2

誉との日々A  誉(ほまれ)

ほまくんとの蜜月は長くは続かなかった。
10月の後半からは頻繁な発作との戦いになった。
日に数度、倒れる。
それでも必ず復活してくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
「まだ死なないよ・・・ここに居たい」

そう言っている気がした。

病院ではここ数日だと言われた。

クリックすると元のサイズで表示します

もうほまくんには力は残っていなかった。
とうとう起き上がれなくなり、自力での食事は出来なくなった。
強制的に給餌をすれば嘔吐する。
それも彼の体力を奪っていった。

11月26日の朝。
もう呼吸がおかしく、私は急ぎ病院へ走った。
クリックすると元のサイズで表示します
私はほまくんを抱きしめた。
ずっとずっと処置台の上で抱きしめていた。


呼吸が止まった・・・。





ほまくんはとうとう帰って来なかった。

代表にメールを打って、あんなさんに電話を掛けた。

ほまくんが死んでしまったと。

夫と二人でほまくんを自宅に連れ帰った。
夕方、あんなさんとカコさんが来てくれた。

「頑張ったね。可愛いよ」といっぱいいっぱい誉めてくれた。

誉の顔はそれに納得するようにとても穏やかだった。

クリックすると元のサイズで表示します

ほまくんとの生活はむしろとても楽しかった。
私を好いてくれた。私の家族を好いてくれた。
一生懸命生きてくれた。
とってもいい子だった。
看病が介護が大変だったとは全然思わなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
ほまくんがお世話になった方々へのメッセージやお手紙。
お花を送ってくださった方々のメッセージ。
海翔ママさんや大ちゃんメープルママさんが送って下さったプレゼント。
一緒に箱に詰めた。

クリックすると元のサイズで表示します
ほまくんはお空に昇っていった。



私の家の裏は大きな桜並木があります。
ほまくんがウチに来た時は桜の花が終わり、力強い青葉が芽吹いていました。
そして青葉は役目を終えて、赤くなり散って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
この桜並木を通ってセンターにほまくんを迎えに行きました。
そして送るのもこの桜並木を通って行きました。
まるで我家でのほまくんは桜の葉のようでした。
夏を力強く生き、晩秋に散って行きました。
誉は短くも皆様にきっと何かを伝えに生きたのだと思います。

誉は多くの方々に応援、支援を受けました。
本当に本当にありがとうございます。

誉の面倒を見れた事を誇りに思います。
それも代表、あんなさんはじめスタッフの皆様のお陰です。
そして応援、支援してくださった皆様のお陰です。
ブログ上ではありますが、改めてお礼申し上げます。

まだまだ思い出しては泣いています。
でもそれは無駄な涙とは思っていません。
271

2011/12/1

お花をありがとうございます  誉(ほまれ)

クリックすると元のサイズで表示します

ほまくんに沢山のお花が届いています。

あんなさま
カコさま
ゆっくりんさま
ansakuさま
同僚Rさま
りんえんさま
nayuさま
nikohahaさま
花音ママさま
小梅のママ
海翔ママさま

りくごまさま
もなかママさま
はちべぇさま
yokoさま
mariinaさま
ケイトさま

お花をありがとうございます。
個別のお礼が遅れていてすみません。

130



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ