動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2010/7/29

カエラの生きた意味  カエラの時間

28日の早朝に亡くなったカエラ。

6月初めに保健所より引取の相談を受けた。
性格もいいから一般譲渡にしようとしていたが、小さな乳腺腫瘍があるので、こちらに相談が来た。
クリックすると元のサイズで表示します
年齢は10歳で飼い主引取。
公には出来ないが、持込の簡単な経緯を聞いた。
納得も同情も出来るものではないが、カエラは他の子と違うのはそれまでは多少は幸せだったかもということ。
それゆえに余計不憫にも思えた。
クリックすると元のサイズで表示します
とても愛想のいい子。うん大丈夫、きっとご縁がある。
もう10歳だけど、不安定なものではない静かで穏やかな生活を送らせてくれる里親さんが付くって私は初めてカエラを見た時に思った。
代表も即答で「引き取ってあげてください」って言ってくれたよ。

一緒に帰ろう。

クリックすると元のサイズで表示します
クララママのおうちも楽しかったね。

脾臓腫瘍が発覚して、東大の動物医療センターで悪性リンパ腫のハイグレード型と診断された。
余命はたった1カ月。

代表は自宅にカエラを引き取った。
カエラについて出来る事はなんでもやってあげようと思った。
クリックすると元のサイズで表示します
懐っこくてすぐにお腹をゴロンしちゃうカエラ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ソファーが大好きなカエラ(本当はダックスにソファーはいけませんが、好きにさせました)。
クリックすると元のサイズで表示します
代表が大好きなカエラ。
クリックすると元のサイズで表示します

いつも代表にくっついていたそうです。
6月7日に引き取って7月28日までの1カ月半。

カエラはきっと皆様の心にメッセージを残したましたよね。
代表ありがとうございます。


千葉支部長として、カエラにお心を寄せて頂いた皆様にお礼を申し上げます。
ご支援、ご寄付と頂いているのに、お礼もままならず申し訳ありません。
まことに勝手ながら、カエラへの供花はご辞退を申し上げます。
これからどんどん引取が続きます。
後の子へのご支援にして頂いた方が、天国のカエラも喜ぶと思ったからです。
レスキューは立ち止まる事ができません。
夏のセンターは過酷で一頭でも多くの命を繋ぎたいと頑張っています。
カエラは代表とあんなさんとひっそりと静かに送ってきます。
611

2010/7/29

カエラの残された時間I  カエラの時間

26日の代表のメールです↓。

また残業で遅くなって帰宅すると、部屋中、すごいことに…。
カエラさんが緩いウンチをした場所を、水頭症のシーズー♂実生が何度もクルクル行き来したらしく、ウンチはあちこちに、実生の足はウンチまみれ。
こんなことは毎日のことだけれど、今日は部屋の悲惨度が高いです。
カエラはというと…
両目いっぱいに涙を溜めて、何か辛そうです。
どこか痛いのかな…
涙を拭ってもなかなか涙が乾きません。
呼吸も荒い。
とりあえず部屋の掃除が先なので、汚れたあちこちを拭き掃除していると、カエラがまたも下痢…。
多分、血混じりかも知れない黒っぽい便でした。
いよいよ厳しいのか…と思いましたが、先週の日曜日もそこから持ち直したので、きっとまた回復してくれることを願う。
掃除も終わりご飯の支度。カエラの好きなササミを加熱してあげると、ササミ1本くらいは食べました。
クリックすると元のサイズで表示します
深夜のオヤツタイム。
おなかが緩いので牛乳少しはやめて、デビフのオヤツ。
いつものオメメきらきらカエラに戻って、嬉しそうに食べました。
ダイスケと取り合いなくらいにパクパク食べたからとりあえず今夜は一安心。
ほんとは、胃腸を休めるために、何も食べさせないほうがいいのでしょうけど、多分、もうそう長くないだろうから、欲しがればあげよう…と思って。
寝るころには、やはりおなかで息をして苦しそう…。大丈夫だよ…と頭を撫でて、鼻先撫でて、おなかを撫でて…。
カエちゃん、お願いだからママのいないときに独りで逝かないでね…と何度も声をかけました


クリックすると元のサイズで表示します

27日の代表のメールです↓。

朝も少しグッタリしています。
相変わらず、おなかを膨らませて荒い呼吸。
でも自分で歩けるし、自分で水も飲みに行く。
ご飯はどうかな?と思ったけれど、デビフの鶏肉スープ仕立てのスモール缶を一缶分、ペロリ。
ちゃんとうまく隠したお薬(ステロイドと胃薬)も一緒に食べてくれて、これで少しでも良くなってくれるといいのだけれど…。
今日も暑い一日になりそう。
エアコンを24.5度に設定して、しかし窓は少し開けて、涼しい部屋と、涼しい部屋の余波で多少涼しい部屋を2部屋を自由に行き来できるようにして、多少涼しい部屋には扇風機を回しておく。
高齢犬には洋服を着せてエアコン。冷えすぎると風邪引くから温度設定の案配が難しい…。

カエラは、たいてい帰宅した時には誰よりも早く、真っ暗な玄関先で尻尾フリフリでお出迎えしてくれるのです。

今日もこんな日にと思うけれど残業で遅くなって、カエラが心配で、玄関を恐る恐る開けると、玄関先にへたりこんでいるカエラ。足元には水を大量に吐いたようなあと。
部屋に入ると、今朝食べたフードを戻した跡や、水を吐いたあとや、踏み付けられたウンチのあとで、大変な有様。
急ぎカエラを抱き上げてキレイな場所に置いて、汚れた体や顔を拭く。

ちょっと待っててねと声をかけて、部屋を掃除して…。
その間にカエラがまた吐いて、胃液混じりの液体。
座っているのも苦しそうで、横になっていました。
カエラを気にしつつ、ほかの子にご飯をあげて、猫たちの世話もして…。
ずっと様子を見ていましたが、今夜は本当に厳しそうです…。
それでもまだ自力で歩くことは出来ました。
でも多分もう1日はもたないだろうと感じました。
今日仕事を休めるだろうか…。休むのは無理。今日中に片付けないといけない案件がある。
午前中だけ会社に行って、急ぎ帰ってくるのはどうだろう。頭の中がぐるぐる回ります。

夜中の1時、2時、3時…と時間が過ぎ、危ない状態だと千葉支部の小梅さん&あんなさんにメールしようかと思いましたが、夜中に起こしてしまって心配かけるのも申し訳ないし、このまま静かに見守ることにしました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

朝、カエラの亡骸に会ってきました。
代表って本当に忙しくて、会の事、仕事の事と大変なのに、
「カエラは全然手間が掛からなかったの。親孝行な子」って泣いていました。
カエラは代表ママが大好きでした。
好きな人のそばで逝けた事、よかったね。
450



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ