動物保護団体【ARCh】staff小梅のブログです。世界を旅する小梅です。

2010/1/22

皮膚病キャバリア♀  CATNAP

もう1月も終わりですが、年末にすることと言えば大掃除。
新年を新たな気持ちで迎える為ですかね。
モノグサの私も年末の大掃除はします。

まさしく去年最後に年末センターに持ち込まれた子。
クリックすると元のサイズで表示します
以前の飼い主は泣きながら「治らない皮膚病だから、処分に」と持ち込んだそうだ。
多分疥癬かアレルギー性の皮膚病。
疥癬ならば、投薬で治るし、アレルギーなら対処法で改善は見込める。
センターで少し治療をするとのことで、今日の引取に至った。
クリックすると元のサイズで表示します
疥癬は一度皮膚がずる剥ける。
完治は見込めるが当分の間はまめなシャンプーケアが必要になる。

預かり先・・・どうしよう?
シャンプーケアは根気とポジティブな感覚な方で無ければ務まらない。

そんな時にクララママさんに相談した。
クララママさんの前向きなバイタリティーが必要だ。
すぐに快諾してくださった。
でもここ最近での一番の皮膚病ケアにもなる。本当に感謝の言葉しかない。
トリミングは同僚さんとりんえんさん
彼女らのトリミングレポートを目を背けずに見て欲しい。
そしてクララママの日記を見て欲しい。

捨てた飼い主を見返して欲しい。
ご理解ある里親さんが付いて欲しい。

まだ4歳。皮膚や目には当分ケアが必要だが、体の中は問題点は無かった。
とても穏やかでいい子。

クリックすると元のサイズで表示します
協力病院の先生によると、たくさん子供をとった形跡があるそうだ。
どれだけ産まされてきたんだろう。帝王切開の後が入っている。
皮膚病も治療してもらえず、子供だけ取られていたのだろうか?
どういう訳か彼女のお乳の周りだけは皮膚がキレイだった。
子供が乳を飲むから、本能でそうなったのか?

これから根気のシャンプーケアが始まります。
クララママの「大丈夫!」という言葉に彼女の明るい未来を感じた。

お名前はデイジーちゃん。
飼い主持ち込み申告4歳。

デイジーのような可憐なお嬢ちゃんです。
90



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ