スプリング交換  足回り

先日、友人が車を乗り換えました。
昔から3rdトランザムを欲しがってはいるの
だが、メカにとんと弱いので、怖くて手が出せ
ないといって延ばし延ばしになっています。

私の様に、自分で手を出すことが怖くて出来な
いと言う。
自分で出来ないとなれば、維持費はポンッと跳
ね上がってきますからね。

ということで、今度も国産車でした。
(昔、一時だけ、ほんの一時だけですけどビュ
イックのロードマスターやベンツのS600L
に乗っていましたがすぐに乗り換えてしまいま
した)

今度の車は、セドリックのセダン、PY31でした。
平成10年ものなので、程度は比較的良いようです。
18インチのアルミが付いていましたが、ただ、
付いてきたといった方がいいかもしれません。
ガリ傷などはしょうがないとは言え、クリア剥がれ
が、すごい物でした。
(私としては、全部剥がして、バフ掛けかな?と
思っていますけど)

と言うことで、アルミは履いていますが車高は純正
ですので、一見、パッと見た感じ、公用車になって
しまってます。

ですので、本人も車高を落としたいと最初から言っ
ていましたので、購入した車屋に頼んだ所、

”もし良かったらスプリングを切ってあげるよ。そ
の代わり、乗り心地はすごい事になるけど”

と言ってきたのですが、勿論、本人に言って断
らせました。

車高を下げるのですが、勿論、スプリングを切る、
などということはせず、ダウンサスを組みますが
、本人曰く、購入した車屋、他に問い合わせたシ
ョップなどが口を揃えて、

”この車は、スプリングの交換は面倒くさいよ〜”
”特にリアが大変だよ〜、シートから全部外さな
いと、作業できないよ。”
”交換料はちょっと掛かるよ”

と口々に言われたので、私に不安そうに頼みに来
たのです。
私は、言いました。

”この車、フロントは普通のストラットに近いか
ら、まだ簡単な方だよ、リアなんかセミトレだから
もっと簡単だよ”

もっとも、フロントのサスには流石に時間を使いま
したが、リアの方は両方の交換に30分ほど時間を
使った程度です。
作業自体は、ある程度横着をしていますけど・・・

私がほとんど一人で作業を行い、夕方の五時半頃か
ら、作業を始め、途中で夕食をとり、9時には終わ
りました。

しかし、なぜに車屋達は、この車の作業を難しいと
言ったのか、私には理解できません。
リアのスプリングなんか、ショックのロアボルトを
外すだけで、トレーリングアームを下に降ろせるの
で、スプリングコンプレッサーも要りません。
まして、リアシートや内装を外すようなことは一切
必要ありません。
ショックを外すにしても、タイヤハウス内から外せ
ます。
ちなみに、ダウンサスの組み付け時も元々が若干短
いので、そのまま、交換装着出来ます。
まだ、フロントぐらいです。当たり前に手間掛かる
のは・・・

しかも、作業を始める時にタイヤを外してびっくり
しました!
リアの内側、タイヤが一周完全に切れていました。
内部のワイヤーも完全に出ており、皮一枚と言った
感じです。
車高を下げていた時にフェンダー内のツメで、切っ
ていたあとでした。
車検を受けて購入しているので、車屋に、クレーム
でタイヤを送らせました。

しかし、いい加減な車屋が多いものです。





1




AutoPage最新お知らせ