パコと魔法の絵本

2008/10/2  11:40 | 投稿者: emiko

事故の後遺症で、たった1日しか記憶がもたない少女パコのために、同じ病院に入院する患者や医者が思い出を残してあげようと奮闘する物語

なんだか、奇抜で面白い世界観の映画だなぁ〜
実写になってるのが不思議なくらい、絵本の中にいるみたいに思えた瞬間がたくさんあった

前半の病院の部分が、暗くて黒くてちょっと怖くて、結構意味不明で面白い
ナース2人が、役にすっごくあっていてド迫力

超ワガママで乱暴で自分勝手な大貫は、その振る舞いから、他の患者にも嫌われていた。

が、まるで天使のように純粋でかわいらしいパコと出会うことで心動かされ、変わっていく
記憶が1日しかもたないことを知らずに、パコに手を上げてしまったことから、大貫はパコのことを気にかけはじめる。

昨日のことは何も覚えていないのに、大貫がほっぺに触ったということだけは毎日覚えている
なら、自分も彼女の記憶に残れるかもしれない・・・
パコのために何ができるか・・・・・

その日から大貫は、パコが持っていた絵本を毎日朗読してあげることに
「ガマ王子vsザリガニ魔人」
パコが誕生日に母親から買ってもらった飛び出す絵本
毎日目が覚めると昨日のことは忘れてしまうため、毎日その絵本を見ては自分がその日誕生日だと思い、そのことを周りの大人に嬉しそうに話して周る姿は、胸が痛くなった

この絵本の主人公「イジワルばかりのガマ王子」を自分に重ね、涙を流したり、今までのことを悔やんだり謝ったりしながら、優しい心を取り戻していく大貫

さらに、変てこな入院患者たちや医者とパコも巻き込んで、サマークリスマスのイベントで演劇をやることを提案

クライマックスのその演劇は、CGと実写が連動して、クルクルコロコロと場面が展開して、大胆で迫力
笑いあり涙ありの感動作品

エンドロールで、「あれ?こんな人出てたっけ?」という役者さんが数人・・・
全体的に、役者さんみんな不思議で激しいメイクに衣装だったので、しばらく誰かわからない人もたくさんいたのも、ちょっと面白かった
パコ役のアヤカウィルソンちゃんが、めーっちゃめちゃかわいかった
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ