城里町ふれあいの里〜まさかの6週連続キャンプ

2017/6/25  23:59 | 投稿者: emiko

本当は土曜、私が友達と予定があったので
この週末はキャンプは行かないはずだったのですが
金曜の夜に、その予定がキャンセルになってしまい・・・

ならキャンプ行っちゃう?!!

てことで、当日の朝予約して
先週と同じ友達ファミリーと、先週と同じキャンプ場「城里町ふれあいの里」へ(*´▽`)v

なにも準備してなかったけど、ある物クーラーボックスに入れて出発!!

先週とは違うサイトだけど、同じように2つ並びで入れました
第一オートキャンプ場の11番と12番。
クリックすると元のサイズで表示します
なんとお隣の10番には、うちと同じカマボコテント!!
去年のモデルだそうで、生地の厚さとか寝室部分の窓の大きさとか微妙に違うらしく
よくみると、ほんとだー!という感じでした!
カマボコが2つ並ぶことってあまりなさそうなので、貴重な感じ〜

11番はサイト内に木が2本あり、テントはそれを避けて斜めに建てる感じに。
クリックすると元のサイズで表示します

夫は暇を見つけてはコットで昼寝(笑)
コット、本当に買って良かった!
なくてはならないアイテムになってます。

夕方、ホロルの湯へ。
先週の経験をいかし、今回はうちの夫が飲酒を我慢して(昼寝していただけ)車で行きました(笑)

私と友達と、ワンコは留守番!
おしゃべりはずみすぎて、夕飯の準備全くはかどらず(笑)

今回はバスの時間を気にしなくていいので、プールもお風呂も大満喫したようで、二時間以上あったのに
私たちずっと座ってて、帰ってきた時夕飯何もできてなかった(´▽`)

クリックすると元のサイズで表示しますパエリアのもとを持ってきたので、お米と一緒に鶏肉とトマトだけ入れて、ダッチオーブン入れて火にかけてみたら
めちゃいい感じに仕上がって、お肉がめちゃ柔らかくなってて美味しかった!

友達は焼きビーフンやってくれて、子供たちに大ウケでした!

あとはバーベキューで肉焼いたり、サラダ食べたり。

子供たちは、トノサマバッタをオニのように捕まえていました。
クリックすると元のサイズで表示します
小さいカエルや、カタツムリ、ウスバカゲロウ、夜にはまたクワガタを発見

このファミリーとは最近頻繁にご一緒させてもらってるのですが、毎回子供たちが
「子供だけのテントで寝たい!」
と言っていて。

クリックすると元のサイズで表示しますその願いを叶えるべく、お友達が小さいテント(フルクローズのサンシェード?)を持ってきてくれてそこで寝る!!ということに。

3才〜8才までの男の子4人、本当にその小さいテントで
「暑い!寝苦しい!息苦しい!」
とか言いながらも、仲良く眠りました。

ミナミだけは、ママとー!ってことで私と一緒に寝ました

予報では、城里町は日曜も1日曇りになっていたのに
朝方ポツッポツッという音で目覚めました。

椅子やコットなど出したままだったので、とりあえず片付けて。
カマボコで雨に降られたのは初めてですが、前室が広いので本当に便利!
何でも置いておけるから、楽〜

5時頃ポツポツ始まって、6時には結構強くなり
一時はザーザー降りに

クリックすると元のサイズで表示しますカマボコの寝室(インナーテント)を取っ払って、全部をリビング仕様にしたら
すごく広くて快適〜

大人4人&子供5人&ワンコ1匹でも充分過ごせる

雨ですることないから、みんなずっと食べてました

パンやシリアルやカップラーメンをガンガン食べました

しばらくすると雨が弱くなってきて、これならなんとか片付けられるかな〜
とか話していたら、管理人さんかやってきて
「お天気がこんな感じなので、チエックアウト15時くらいまで大丈夫ですよー
と!

すすすばらしすぎる
ありがたすぎる〜

てことで、さらにまたのんびり(笑)

お昼くらいになると雨も完全にあがって、空も明るくなってきました

テントもなんとか、ギリギリほぼかわいた!
湿ってる気はしたけど、とりあえず許容範囲ってことで畳みました。

びしょびしょ撤収覚悟していたので、本当に良かった

お昼はつけ麺(お湯の温度が足りなかったらしく、まずい麺になってしまい大失敗!笑)とか、残ってた肉焼いたりとかしてみんなで食べて。

お菓子もほぼ食べきって。

結局15時ギリギリ撤収(笑)

満喫しすぎました。

これで1サイト2250円。
最高すぎる

帰りもすいていてスイスイ1時間半かからず帰宅できて、最高でした

クリックすると元のサイズで表示します本気キャッチボールするお父さん2人(笑)

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ