2019/10/10  9:49 | 投稿者: emiko

先日の放課後、学校から電話がかかってきて。

2年生次男の担任の先生でした。

自習の時間、前の席の男の子に赤鉛筆で腕を刺されてしまったと。

担任の先生は不在。
次男のワンワン泣く声で、他の学年の先生が飛んできてくれたそうで
そのまま保健室直行だったようです。

うちの子がちょっかい出したとかではないらしく。。。


その後すぐ帰宅した次男。
元気はなかったけど、いつもどおりランドセル置いて手洗いうがいしたら、おやつ食べ始めました。

そこで初めて
「先生から電話あったよ。刺されちゃったの?どこ?大丈夫?」
と聞くと

あぁ、そうそう。
みたいな感じで、見せてくれました。

もう痛くないし、大丈夫。
と。

その後、刺してしまった子のお父さんから電話がかかってきて
ものすごい丁重に謝られて。
何度もお断りしたんだけど、どうしても自宅に謝りに来るとのこと。

2日後、お父さんお母さん、お子さんでわざわざ謝りに来られました。

次男はもう忘れていたくらいだし、傷もたいしたことないのですが
立派な菓子折り持ってきていただいて。。。

恐縮してしまった。

うちも子供3人いるから、例え悪気はなくても、誰かに怪我させちゃったりすることあるかもしれない。
(女の子だからって、やらないわけじゃないし)

誠意もって対応するのって大事だなと。

相手の男の子もちゃんと謝ってくれて、次男も
「いいよ」
と言えていたので、ひとまず良かった。

「席替えしたいな〜」
とつぶやいていたけど。。。。


人数の多い学校、色んな子がいるので
いい意味で、揉まれて逞しくなってほしいです。
0
タグ: 10歳 8歳 6歳




AutoPage最新お知らせ