2018/6/30  23:10 | 投稿者: emiko

真夏日の土曜日。

姪っ子が遊びに来ていて、庭でプールなどしていたのですが
「友達とあそんできまーす!」と出かけた長男。

3年生になると、そんなもんかな〜
なんて思っていたのですが、ほどなくして帰宅。

玄関で友達と真っ赤な顔して佇んでいるので、
「熱中症になるよ!入りな!水飲んで!!」
と招き入れたのですが、長男の様子がおかしい・・・・

自転車で転んで、腕が痛いと。

普段痛みにはかなり強い(たぶん、10人いたら1番強いくらいの)男なのですが
目に涙をため、歯をくいしばって、冷や汗かいているし、震えがきている。

動く?と聞くと、動かすことはできる。
でも、痛い。とにかくわかんないけど痛い。

しばらく様子をみていたけど、痛みが変わらないとの事でこれは病院に行くべきやつだと判断。

その時、時間は16:30。

土曜の夕方やっている整形外科が、まずない!

やっと市内で一つだけ見つけたのでとりあえずそこへ向かって、車を走らせながら
赤信号で止まってる間に電話。

すると、「初診の受付は終了しました・・・・」


整形外科はもう全滅だったので、それなら接骨院

ってことで近くの接骨院へ。
たまたまネットで調べたら1分で着く場所にあった!

ただ小さい駅ながら、駅前なので駐車場がなくて、提携の駐車場もちょっと遠い。
踏切を渡って、さらに少し先を右折。(もっと近くにもコインパーキングはあるのに

で、寝てしまった娘を抱っこして、半べそ状態の長男と
おふざけ状態の次男と姪っこを連れて接骨院へ。

幸いすいていたのですぐに診てもらえたのですが、診てすぐに
「これは、整形外科でレントゲンとってもらわないとですね・・・・」
とのこと。
三角巾だけしてもらい、氷をもらって
診察料もいらないよ、とのこと。

整形外科は全滅だったので、総合病院の救急やっていそうなところに電話したら
救急の専門ダイヤル?みたいな番号を案内されて、そこに電話しながら駐車場に向かっていたら
娘が「お〇っこーーー!!」

えー!
踏切渡らないと接骨院には戻れないから、駐車場の方に見えた小さいスーパーへ向かったのですが
店内に入っても、トイレ見当たらず。

娘、ずっと号泣
長男は、痛みで走れない
次男と姪っこ爆笑

私は救急の人と話をしながらだから、店員さんにトイレの場所を聞くこともできず
そのまま駐車場へUターン

車でコンビニへ向かえばいいと思ったのですが、なんと車の鍵がない

探しても探しても、ない

娘号泣
もう、そのへんでしちゃいな!と思ったのですが、原っぱ的なのもない、草むら的なのもない。

車の鍵もない。

接骨院へ戻ろう!

その手前に小さい駅があるからトイレを借りれないか聞いてみよう!

娘、ずっと号泣「お〇っこーーー!!」

駅員さん、とっても快くトイレ貸してくれました。

本当、本当ほっとしました・・・・

そして、駅から出たところで、先ほどの親切な接骨院のお兄さんと遭遇。
車の鍵を持ってきてくれていました。

神様に見えました

で、救急に電話して教えてもらった総合病院へ。

けっこう車を走らせた後だったのですが、最終的に紹介された病院は、自宅近くの病院だったという。。。

はじめからここへ行っていれば良かった

で、また4人連れて総合病院の時間外受付へ。

暗い病院に「こわいこわい」と言いながら、めちゃテンションあがる子供たち

でも、意外にすいていて良かった。
(それでも、かなり目立った感有り

レントゲン室へ行くのに、さらに暗い廊下を歩くことになり
「迫力がすごい、こわい、手術されるの?ブラックペアンみたい・・・・」
と興奮隠せず鼻息荒い姪っ子(笑)

なんのことかわかっていなくて、いつもと違う状況に面白くて仕方ない、うちの次男と娘。

レントゲンは、けっこう長い時間かかって撮ってもらいました。

「けっこう大変だった。ちょっと怖くてドキドキした
と長男。

それから少し待っての診察。

総合病院だけど、整形外科の先生はいなくて、外科の先生でした。

レントゲン写真を見てもらい、大きな骨は折れたりずれたりはしていなそうとの事。

とりあえずは良かった。

打撲ってことで良さそうだとの事。

でも、かなり腫れてるし、明日はもっと腫れるかな。と脅されました

小さい骨は折れているかもしれないけど、それは治療のしようもないし
経過みるしかないやつだろうとの事。

とにかく、とりあえず折れていなくて良かった

しかし、利き腕なので授業とかどうするんだろうか??

今日は外科の先生しかいなかったので
月曜に、整形外科でもう一度ちゃんと診てもらうことになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
真っ赤な顔して帰ってきて、痛みで震えて歯を食いしばりながら「人間」図鑑を読んでいた長男。
病院行くよ!となっても、わざわざ車にまで持ち込んで読んでいて。。。

「骨折・打撲」などのページを読んでいたらしい。

クリックすると元のサイズで表示しますその時は、痛みで話もできないくらいだったのですが、診察も終わって帰りの車で話してくれました。

「打撲なら数日で治るから大丈夫!」
とかやけに詳しいなと思ったら。

「図鑑で読んだから!!」と

勉強熱心で素晴らしい

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 9歳 6歳 5歳




AutoPage最新お知らせ