2008/11/7  10:41 | 投稿者: emiko

妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に、腹帯を巻いて安産祈願のお参りをするという風習が、日本には昔からあるそうですイヌ

犬はたくさん子を産む&お産が軽いから、昔から安産の守り神として人々に愛されてきたそうですヒラメイタ!

新潟県には、水天宮みたいに「安産祈願」として有名な神社はないそうで・・・

クリックすると元のサイズで表示しますなら、県内で大きいところに行こう!と「弥彦神社」へ!

昔ながらのさらしタイプの腹帯は、巻き方わからないし教えてくれる人も近くにいないし、面倒そう・・

なので、母親に買ってもらった簡易タイプ(マジックテープで簡単にできるの)を装着して出発↑
ちゃんとした妊婦帯って、カッチリするし腰が楽かもキラキラ
まだそんなにおなか出てないと思うけど、やっぱり腰に負担かかってたのかなー??

神社は、平日の昼間なのに結構混んでいて、さすが戌の日だなぁ〜・・・・
と思ったけど、妊婦さんらしき人はほとんどいなかった=3

ちょうど今月から「菊祭り」が開催されてるから、それですごい人出だったみたい。

クリックすると元のサイズで表示します水天宮なんかでは戌の日にはすごい妊婦さんで溢れるらしいですが、弥彦はそんなこともなく、祈祷料を払うとすぐにお参りさせていただけました^o^
私たち夫婦だけだったし汗

お参りの間は何やらよくわからないけど、厳かで感動して、ちょっと泣きそうになってしまった^o^;
2礼4拍手1礼。

帰りに、お札とか神饌(お菓子・お米・昆布・鰹節)とか御砂(御守りみたいなもの?)とかをいただきましたドキドキ

とにかく元気に産まれてきてくれたらと思います↑

6




AutoPage最新お知らせ