2007/12/11  21:24 | 投稿者: emiko

12/8から公開されてる映画「マリと子犬の物語」の原作クリックすると元のサイズで表示します

3年前の新潟中越沖地震の時に、実際あった話。
地震当日の朝に3匹の子犬を産んだマリのお話。

産まれたばかりでまだ目もあいてない子犬を守って、物の下敷きになってしまったおじいちゃんに勇気を与えて、住民が避難した後取り残されてしまっても、健気に頑張るマリ

絵本調で、じっくり読んでも、あっというまに読み終わってしまった。
マリの頑張りは、感動モノ!!
映画が早く見たい

「どうにもならないこと」と「どうにかなること」
マリが教えてくれました

山古志村も、今は合併されて長岡市になっています。
私は行ったことないけど、まだあまり復旧もされてないそう。

地震は「どうにもならないこと」だし、生きていたら「どうにもならないこと」が他にも出てくると思うけど、もしもの時には、最後まで諦めずに頑張らなきゃだな、と思います
0
タグ:  マリ 山古志村




AutoPage最新お知らせ