2013/10/7

オリンピックと消費税増税と落語  気になる記事
来年4月の消費税増税が決まりました。
その少し前には7年後の東京オリンピック開催が決定しました。
更にはリニアモーターカーの開発工事が決定しました。

しかし私はそのいずれにも一喜一憂する思いも失せてしまっております。

現在の日本の状況、そして高度成長期をまい進し、実質アジア
最強の成功モデルとなった、この国日本はこの道を選ぶしか、
無かったのだと考えるからです。

安倍さんは近年の歴代総理と比べても目を見張る働きと努力で「日本」の
舵取りをして下さっております。 彼が日本のリーダーでいる限り、
世界はそしてアジアは日本を評価し、そして恐れをなすことでしょう。

特にアジア圏に置いては敗戦国日本の急成長は完全なる「国家成長のビジネス
モデル」となりました。 中国は日本の高度成長期を学び、
所得倍増計画によって急激に進化を遂げました。
しかし、当時の日本と異なっていたのがやはり「時代」でした。
格差問題や環境問題、更に国家自身が恐れるバブル崩壊は
決して避けられない状況にまで達していると予想されます。

次に韓国です。家電関連の成長が目立っておりますが、実はこれも
日本の二番煎じです。
戦後日本が世界への輸出拡大に使った国家戦略いわゆる「国策」が現在の
サムスン等の一部韓国メーカーに使われております。

仕組みは至って単純です。対諸外国への価格競争を優位にするため、
国内販売価格を意図的に保護し、国内販売で充分に利益を確保させながら、
諸外国では価格競争に耐えうる体力を確保するのです。
更に相手国との貿易不均衡を出来るだけ避けるため、輸入規制を緩和する
仕組みです。国内での例を挙げれば、日本はトヨタを保護するために
米国の医薬品を優先的に輸入すると言う仕組みを構築しました。
その実態を知れば不条理と思うでしょうが、医薬品であれば、その一部は
保険が負担することで、実際には国民の目の届かない所となるのです。
つまりは日本人は実はトヨタを世界的ブランドだと信じ込み、安心して
高く買う。そしてトヨタは更なる進化を遂げて行く。
このように「国策企業」世界中に存在し、永遠と成長を遂げて行く、時に
その国の「顔」として活躍して行くのです。

だから笑ってやって下さい。韓国人はサムスンを最高のブランドだと
信じ、どの国よりも自国メーカー品を高く買っていると言う訳です。

話はそれ過ぎましたが、人生の半分以上を生きた私は、この国が更に
GDPを追い続け、企業の成長、そして大きな台所(国家予算)を
求め続けることが本当に幸せなのかと疑問を感じております。

間違っていたら済みませんがある記事に日本のパチンコ産業全体の
売上は今やオーストラリアのGDPに匹敵しているそうです。

東京の予算はイギリス並… もう桁違いの額をこんな小国日本が
動かしているのです。

今後、更なるグローバル化が進められて行くことでしょう。
一見グルーバルとは近代的で明るい未来社会と思われるでしょうが、
世界企業との更なる戦い、そして全世界の僅か数%による投資家の
単なるマーケット(市場)として日本は売り買いされて行くのです。

昭和70年代、日本がGDP第2位と言う記事に人々は詳細な
意味も知らず歓喜しました。 それまでのドイツを抜き、世界で
2位。それが誇りでした。

しかし、今の私は「それが本当に幸せなのか」と自問します。

御免なさい。弱気ですみません。
私は常に前向きであることを心情にしておりますが、どうしても
増税には納得が行きません。

税を払うことが惜しいと言う訳ではありません。

しかし、これからの子供たちのことを思うと本当に世知辛い世の中に
なってしまうのではと言う危惧があります。

社会保障?手厚い保護?

過労死=KAROUSIは恥ずかしいかな今や「もったいない」と同様
世界では共通語となってしまっております。

今も語り継がれる「落語」の舞台には「長屋」が多い。
長屋とは両隣が壁を共有する今の集合住宅の前身と言える。

時の江戸時代は100年続いた平和な時代とされた…

そして時は変わったが、絶対に無くしたくない「心」だけは
いつまでも大切にしていたい。



0
タグ: 建設 職人 技能

2013/7/17

誰も書かない本当のこと。  気になる記事
震災から2年半が経とうとしています。
「進まない復興」と嘆かれている。
しかし、その問題はどこにあるのだろうか。

ここからは「誰も言えない。」「書けない話。」です。

なぜ書くのか? 私は震災以降私も
毎月、福島に行っています。 そこで聞く
現場の声を常に耳にしているからです。

そして本当の問題はもっと根の深い所にあるからです。

私の実家は神戸です。あの阪神大震災の際は
家族、親族、友人宅を大量の食材をもって駈けずり
廻りました。 避難所にも寝泊りし、
近隣の夜警にも参加しました。

なぜ夜警をするのか。これも「書けない話」ですが、
留守だと判っている自宅へドロボウに入られない
ようにする警備活動です。

避難生活も3日程経つと、人は退屈になるのでしょう。
パチンコ店はとても繁盛しておりました。
これも「書けない話」だと思います。

しかし、神戸は大都市で、多くの企業が存在します。
彼らが政府の支援を待たずに一気に再建を
選んだことで神戸の復興は予測以上に早くに目途が
立ちました。
市が行ったのは100万円までの解体費の補助と
期間を決めた無利息融資程度で、市民の多くが
自力に近い再建でした。


しかし、福島の場合は大きく状況が違います。
何と言っても一番の要因は原発事故でしょう。

そして何よりもここで声を高らかに上げた研究者
並び関連する第3者機関と言うヤカラです。

それは放射能汚染として人々を恐怖に陥れました。

「そんなことを言ったら広島の原爆はどうなるんだ」
「チェルノブイリは?」
今でも判っているのは放射能に関しては明確な答えがない
と言うのが実情で、例えば10キロ圏内に住んでいる
人に何の影響がが無いのに30キロ先の人に症状が出た
など、正に予測が立たないのが放射能の現状です。

しかし、責任を恐れた研究者は放射線量を基準に
ある一定量を越えた全てを巨悪と定め、
メディアもそれに対する不安を国民の声として
伝えました。

悲しいがそれはそれで正当だと解釈しましょう。
次に出た問題が汚染された廃棄物の処理の行方です。

他府県への廃棄物の受け入れが報道されますが、
多くの県知事が「県民の安全確保」を理由に
断っております。 正直、当然の話です。
それと同時に誰も語りませんが、多くの知事さん達は
知っています。

実は政府は原発20キロ圏内の土地所有者に高額な
金額を提示し、土地の買い取りを何度も打診して
おります。 

国の考えとしては、もはや帰宅困難(データー上)な
この土地を買い取り、そこへ廃棄物を保管することを
考えていたのです。
しかし、地権者達は(決して全員ではない)売るのを
拒み、「国に貸します」と返答したのです。
つまり、ひ孫の代まで国への賃借権を行使したいと言う
ことで、商談がまったくまとまらい状況にあるのです。

そのため、実情を知る本当の被災者の方々とは
トラブルが絶えず、避難所生活を送る方々の中でも
20キロ圏内の人々は毎月、定期的に補償金が
支払われているため、仲間たちと一緒にタクシーを
呼び寄せパチンコに興じる姿を周りの人々は
冷ややかな目で見ております。
また、特定ナンバーを見てガラスを割られたりと、
小さなトラブルは絶えません。

次に、いつの日か、どこのバカ研究者が考えたのか、
一斉移転です。 つまり町こど皆で移転すれば
市民のコミニティーは崩壊しないと言うバカげた
持論を受け入れた町が多数存在したと言うことです。

結果として土地確保になかなか目途が立たず、
復興は遅れるばかりです。 確かに高齢者も多い。
しかし、復興はやはり自立が第一です。
残念ながら震災太りはあり得ません。

が、情けないかな、言葉はキツイが一部のヤカラには
そんな震災太りを願っている人々が存在しているのも
事実です。

最後は笑ってしまう除染作業です。
地元では「除染作業指定業者」と言う車に簡単
貼り付けることが出来るマグネットシートが
売られています。
実はこれ誰も認可しておりません。
とある看板屋がアイデアとして商品化している
だけです。

主な除染作業は高圧洗浄機による清掃ですが、
関係者の多くが雨が降ればその度、地層に流れて
いるのが本音だと言います。
それでもとあるNEWS番組では高圧洗浄機によって、
流れ落ちた汚水を処理しなければ意味がないと、
指摘し、その工事を行った業者を手抜き業者と
指摘していましたが、誰がそこまで出来るのか
教えて欲しいぐらいである。

そん中でも、価格として面白いかも知れないが、
除染作業に関わることを拒む職人も決して
少なくない。 それは放射能が怖いのではなく、
悪擬な商売を心底拒んでいるからです。

最後になりますが、私は過去にこのプログで、
この震災を日本を一人の体と例えました。

「体の一部が大けがを負った」だから
心臓や全ての臓器が必死で血液を送り、
復活を目指すべきと表現した。

しかし、残念ながら現状は極めて一部の
市民により私欲、そしてこの震災で日の目を
浴びた研究者による報告書によって、
人としての自然治癒力は完全に無視されて
しまった。

今日、とあるNEWSを見ているとまた
一人の研究者が「富士山が危ない」と、
語っていた。

事実、いつかは噴火するかも知れない。

だとしても、200年後地球は滅びると
言われ、人々は生きる課てを失いますか?
と、私は聞きたい。

実際に原発による被害者が認定されれば、
国や東電は保障すべきである。

しかし、先ずは生活する場所、そして
仕事などの生きる糧を示して挙げることが
復興への一番の近道でしょう。

なのに学者さん達は不安だけをあおり、
まるで彼らも汚染者と言わんばかりです。

最後に、福島県産の野菜をTVは一生懸命
売り込んでいますが。
さて、一番に拒んでいる地域を知って
いますか。

そうです。それは福島県の地元であり、
その近隣地域です。

この考えを否定するつもりはありません。

それも、これも無責任な科学者が出す
数値に踊らされているのだからです。

私に言わせれば本当に大事なのは
「生きている」と言う現実です。

「生きている」そのことが事実であれば、
住みたい街で住、やりたいこと、出来る
ことで社会に貢献し、人としての営みを
行うこと。

今、国は東北圏への観光誘致に尽力して
おります。

これも復興支援制作の一部ではありますが、
私なら、声高らかに言いたい。


「生きているのだから最高じゃないか。」
「震災で亡くなった人の分も含め、
一緒に頑張ろうよ」

私は神戸の震災で父を亡くしました。
私は今もされを運命だと考えいます。

父の愛してくれた子供達も大きく
育ちました。

人は常に前を見るしかないと私は
考えおります。


1
タグ: 建設 職人 技能

2013/5/13

中国と製品価格の高騰  気になる記事
先ずはこのブログをご覧頂いている皆様
だけにご報告ですが、実は現在、サイト内の
全商品に「買い物カゴ」システムを組み込む
作業を行っております。

加えて、初期に制作された一部ページでは
写真が小さく見辛いものは出来る限り、
撮り直しを行っております。

日々、努力しておりますが、完成は早くても
年内を目標としておりますため、月の更新量が
目減りしておりますことをご了承頂く願います。

本題に戻りますが、アベノミクスの元、円高や
株の高等と共にじわりじわりと、製品価格の
高騰の波が押し寄せています。

実経済ではデフレよりもと、原材料の上昇を
製品価格に転嫁する流れは止めようがない。

しかし、その要因が円高だけではないことを
ご存じだろうか。

本当の問題は世界の工場とも言われた中国に
ある。この数十年、低い人件費と人海戦術で、
あらゆる商品に食い込んで来た中国。

我々の建築に関連工具に置いても、中国からの
輸入低価格品によって廃業へと押しやられた
品々は数知れない。

一、二件ならまだしも、業界全体が崩壊して
しまっているのも現状です。
例えば、ツルハシ・メーカーは既に国内に
存在しない。 また軍手に関しても赤字ながら、
業界全体で万が一のために必死で維持している
工場は僅か数件へと目減りしている。

そんな中国製品が昨今の為替変動に加え
賃金の上昇、加えて環境対策による工場施設の
改善に掛かるコストも加算され、値上げの
傾向は止めようがない。

そこに加え、更に深刻なのが中国による、
対日の反発意識によると思える物流状況にあります。

これらは輸入メーカーから聞く切実な
実情なのだが、現在の中国から納品商品の品質が
あまりにも粗悪と言う実情です。

そのため、国内メーカーは商品検査に多大な時間と
労力を要されており、リスクとなっています。

本音で語らなくとも中国により意図的な日本イジメと
見る関係者も決して少なくない。

そんな中国に対して、新たなアジヤ諸国、更には
ロシアとも新規・経済協力を模索している。

最後になりますが、今…道具を選ぶときの基準を
改める時が迫ってきました。

良い物にこそ、単に安くではなく正当な価格設定を…
今後も、低価格品には要注意です。

1
タグ: 建設 職人 技能

2013/4/6

これからは若い者たちに期待しよう。  気になる記事
 先日、地元 鏝鍛冶の一軒に大幅な商品生産の遅れが
発生した。原因を訪ねてみると、生産に携わっていた
父が倒れ、残された息子と母にこれまでの仕事が一気に
おぶさって来たのだと言う。 息子は40代後半、
これまでは高齢な父、そして高齢な従業員共に生産を
こなして来たが、息子(現社長)は今回の一件で
将来への不安から大きく落ち込んでいた。

 私は彼にこんこんと話をした 彼は鏝鍛冶と言う
職業が地味で暗くそしてキツイ仕事だと考えていた。
時に油にまみれ、大きな機械音で耳も痛める。

このまま父の回復を待つのか、だとしても父も母も
高齢だ、人を雇うにも、これまでの三木ではどこかの
鍛冶屋が廃業した際に解雇となった経験者を雇い
受けることで補ってきたが、今やそれも難しい。

私は話しました、自分の仕事に誇りを持って正直に
明記し、18歳〜30歳の枠でハローワークで
社員を募集することを。

昔の鍛冶屋は丁稚奉公(でっちぼうこう)と言う
言葉があった。 いや鍛冶屋だけではない。

昔は多くの職場でこの仕組みが常識でもあった。
一人前になるまでは給料は僅かでも「食う・寝る」
の保証があれば、それだけで人を雇うことが出来た。

無論、奉公する者達にも一日も早く親方の技を
盗み、将来は独立することを目指していたから、
どんなに厳しい状況でも頑張ることが出来た。

今の世の中はもう高度成長期とは当然違う。
雇用の状況も大きく様変わりしている。

しかし私達はこれからの、今の「若者たち」を
信頼し、彼らに未来を託す義務がある。
いや、そうしないと私達の仕事を残す術がない。
これが現実なのだ。

このことは誰もが理解していても、現在の稼ぎや
若手の雇用となると、自分だけでもなく彼らの
将来も考えなければならない。
だから臆病になりがちである。
そして、何よりも若いズブの素人に一体何が
出来るのか?これが一番の要因ではないだろうか。

実は当社も今年、18歳の新卒を採用した。

熱心で誠実な彼は仕事を貪欲に吸収してくれている。
これが今の若い子の力なのだ。

今の子達は厳しい就職状況で本当に現実を直視して
いる。 「初任給は親にプレゼントを買い」
「貯金もしっかりとし、気軽にローン何かで物は
買わず」「いつかは男として一斉一大の大きな
買い物の時にこそローンを組め」と私は彼に伝えた。

彼は「家ですか?」「欲しいですね」「いや絶対
欲しいです。」

話は戻るが、先の鏝鍛冶は私の話を聞き終え、
「良かった」「良い話を聞きました」「やって見ます」

その側には18歳の新人クンが居た。
彼は言う「きっと若い子は応募しますよ」

今や大手企業の職場は完全なシステム化が実行されて
おり、人は歯車のように動かされている。
小さな歯車が幾つも同じ動作を繰り返し、二つ目の
歯車、そして3つ目の歯車へと繋ぎ最後に巨大な
大きな歯車を動かして行く…

小子化の今だからこそ、若者たちを歯車にしては
ならない。 そんなことはあまりも勿体無い。

※この話はまだまだ続きます。

1
タグ: 建設 職人 技能

2012/9/29

東京駅完成!  気になる記事
東京駅復元工事がついに完成しました。
総工費500億円、あのスカイツリーを上回る
工費と工期を掛けた、近年まれにみる大掛かりな
復元工事と言えよう。そもそも、この復元にこそ、
大きな意味があることを私たちは知っています。

現代の技術や材料を使えばもっと簡単にもっと
安く仕上がったことでしょう。

作業員の多くも「何故、これ程手間が掛かるのか」と、
悪戦苦闘したことが容易に想像できる。

なぜなら復元とは当時の工法、そして当時の材料を
探り出し、出来る限り当時の職人達が行ったであろう、
作業内容を忠実に再現し、完成させると言う
作り手にとっては拘りと挑戦でもあったと想像する。

私の知る職人さん達も数ある現場に参加しておりましたが、
作業時間に制限があるなど、本当に厳しい現場だったと、
口を揃えて言う。 また、今だから話せますが当社も
鏝の制作に置いて、度々協力させて頂いた。

特に目に付いたのが目地鏝の制作です。

ある時は直接現場から、またある時は東京のとある金物店を
通じたり、埼玉の金物店を通じたりと、どれも当時の目地鏝、
「面を削って薄くして欲しい」「巾は内側で寸法を出して
欲しい」「首の長さは…」等々、細かい指示が入るが、
殆どが同じ要望だったので、私たちは口にしなくとも
[東京駅だな]と、判断できた。

あの赤レンガの補修に役立ったかは不明だが、
かじ屋にとっても苦しくとも良い思い出になったことだろう。

今、西では姫路城の復元大工事が粛々と行われている。

ここの職人さん達も大挙して当社に訪れたことがあったが、
関東や東北や九州からと、学びを求めた若くとも、
ツワモノ職人達が日々の仕事から技を身に着けるために
集まっている。

復元・修復工事と言えば京都が有名である。

左官・大工工事に留まらず、有名な仏像補修や、建具の
補修・清掃にと、その実力は多岐に渡り、いずれも
プロの職人としてその地位を確保している。

だからと言って、補修や復元だけで食って行けるのは
極一部でしたない。 しかし、その歴史を受け継いで
行くためにはいつの時代も誰かが、この作業を行える
技術を伝承して行くことが、この建築に携わる職人達の
大きな宿命でもある。

出来ればドイツの様にマイスター制度を導入し、
60代を過ぎたベテラン職人がマイスター登録され、
若手に技術指導することで国からの保護が与えられれば
通常の現場での若手の活路と、熟練職人の再出発に
やりがいを見出せることだろう。

話はそれましたが、東京駅復元工事に携わった多くの
皆様、本当にお疲れ様でした。

そして、今も各地で活躍する皆様にも、悪戦苦闘も
ありますでしょうが、頑張って下さい。

その技がいつも歴史を紡いで行きます。
時代にその名を残さすとも、彼は息子たちに
そのことを誇りに語れば良い。

人世、生きて所詮80年。
何をするかより、何をしたかが、大事たど思う。




1
タグ: 建設 職人 技能


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ