2012/4/16

幸せの尺度  
今日、三重から一人の青年が訪れてくれた。
熱心に道具を選び、その瞳は輝きをみせ、笑顔がまた素晴らしい
好青年でした。 私は彼に「今、仕事楽しいでしょう。」と、
尋ねると迷わず「はい」と答えてくれた。

「これからもっと良くなりますよ」と伝えると流石にそれには
「うん?」と首を傾けていたが…(笑)

私も毎日仕事に追われている日々にあります。
出来るなら妻には家事だけさせて挙げたいと願ったが、今や
家内の手助けなければ仕事も成り立たない程になっている。

「働けど働けど」の言葉があるが今の私はまさに
「楽なりからず」の状態です。 しかし生意気ですが、私の
この仕事の先できっと喜んでいる人がいる。まだ私たちの
存在を知らない人がいる。人を驚かせ、感動させる力がある。
だから頑張れるのであり、我が人生終焉の時に『悔いなし』と
想えればそれで幸せだと信じている。

「幸せってなんだろうか」お金だろうか。
もし宝くじが当たれば間違いなく人生は変わるだろう。
それは本当に「幸せ」にしてくれるものなのだろうか。

幸福度の高いブータンを特集した番組があった。それによると
世界がまだ成長期にあった頃、国内総生産(GDP)を追っかけて
いた時期に当時のブータン国王はその流れに疑問を感じ、
世界と反し、国内総幸福へと舵を取ったと語られています。

中でも感激したのが「物欲を満たそうとすれば、それは
永遠に続いてしまいます。 早い車を手に入れれば、また
もっと早い車が欲しくなる。」「それは本当の幸せでは
ありません。」 とても印象的な話でした。

話は戻りますが、今日当社を訪れた青年は本人も気づいて
いないだろうが間違いなく同世代でも充実した人生を過ごして
いると思います。

人にとっての幸せは成長している瞬間にあると私は考えます。
そのためには目指す道を持つこと。そしてその働きを求めて
くれる存在があると言うことを実感することです。

幸せの尺度は人によって様々でしょうが、TVに映される
特別な極一部の人々を除けば世界中の多くの人々が毎日
仕事に汗を流し、細やかでも喜びを糧に明日を迎えています。

それを幸せと感じるか感じないかで人生は大きく変わって
しまいます。 心を満たすのは自分自身の想い出あり物では
ありません。そして人は成長することで、心をもっと
豊かにできます。 そしてその器が大きくなることで、また
成長を遂げ、人生を更に豊かにしてくれる信じております。

すみません。こんな生意気なことを書いてしまいましたが、
私、無宗教ですからご安心下さい。




1

2012/4/4

この先、2年が勝負の時。  
 ブログとはなかなか便利なもので私的には日記としての機能があり、
久し振りに自身の(このプログですが)を見てみると、3年前の景気は
今よりも相当厳しかったのが読み取れている。

リーマンショク等の大きな影響で生まれる慢性的なダメージは、
長期に渡り、範囲も広がり易い。

対してこの一年は震災以前よりも予測が付き難い状況にあります。
この言葉の意味が理解できますか?

多くの方が、景気動向を意識しますが、この件に関して、私の
結論は「頑張っている人と、景気まかせの人とは異なる」。
この違いはあまりにも明確です。

流れを読み、チャンスを掴む人・・・
しかし、この頃の温度差が激しすぎるのが現状で悩ましい限りです。

私の見解では間違いなく、4月以降、建築は向上します。
地域差はあるにしろ、被災地での需要・復興予算の拡大、更に
消費税増加によるマンション受容の拡大などが大きく、
防災意識からの補強や改築も推測できます。

ただし、いずれも2014年の消費税増加が間違いなく、一つの
区切りとなるはずです。

ではこの数か月の動きを私なりに掲載させて頂きます。
@ヘルメットや安全帯が品薄…
※年度末での新たな需要。大手ゼネコンとの契約を機に受容拡大。
A進学、そして新たな賃貸ブーム
※常にマンションとは比較対象されているのが賃貸物件。
賃貸大手に加え、新規参入企業もあり。益々加熱するかも

Bリスク分散型の都市開発。
※過去に小泉政権化で行われて手法で、資材調達・作る・売る・
管理するを徹底的に分業化していました。

0

2012/2/17

ストレスは大敵ですな  
 今の世の中を見渡すと、正直 ストレスが多すぎるような感じが
します。 私は今年で50歳になります。 そんなオヤジの軽い
独り言だと、聞き流して下さいね。

 今の日本は私が過ごしたガキの頃や青春真っただ中の頃と
比べれば、そりゃ〜皆さん上品で何よりもオシャレです。
ルールもしっかりと守っており、大手の職場ではマニュアルでも
用意されているのでしょうか、誰もが素晴らしい受け答えをして
くれます。 本当に世界でも治安が良く素晴らしい国だと思います。

しかし一見穏やかな、そんな社会に馴染んでしまうと、人は
些細なトラブルや人間関係の「ほつれ」に自身を責めたりして
いませんか。

[良い人でいたい][良い人と思われたい]そんな無理や自責の念は
気付かぬうちに深いストレスとなり、繰り返される些細な問題や
他人から受ける影響に対し、常に神経を尖らせる結果となります。

私が子供の頃の大人達と言えば、その点マイペースでした。

道を歩けばツバを吐き、タバコは路上は勿論、駅や電車車内でも
吸えました。 無論、映画館や飛行機でもOKです。

商談の席やコミニケーションとしてタバコは欠かせないものでした。

勿論、酒も同様です。

 あの頃は、みんな[それなり]でした。
特出した高給取りもいただろうが、今ほどセレブ等の言葉もなく、
贅沢品が街に溢れることも無かった。

当時の花形スター達も「結局のところコーヒー1杯150円」
「どんなに稼いでも、結局使う所が無いから、あの頃は土地を
買っていました。」

そんな時代に生きたくせに、今のお偉さん達は自分達の都合の
良いように若い人達に多様なルールを押し付けて行きます。

それは一見、社会の基礎でモラルと思われていますが、
果たして、もし、あなたの上司が間違った、指示をあなたに
与えた場合、その時もあなたは上司にしたがいますか。

それとも「間違っています」と、意見できるでしょうか。

流され、流され、従うこと、従順であることを美徳する
マインドコントロールに近い社会構造で「ただ、良い人」とは、
如何なもかと考えさせられます。

自分の意見を言え・好きに生きろと言いません。

だが、時には自分の意見を言い、時には上司と口論を交え、
伝え合うことも大事だと考えます。

若い頃は叱られてナンボ。 ケンカ売って、売られて
ナンボ…

そこで世間を知り、時に挫折し、時に晴れ晴れとする…


このブログをご覧頂いている方々の多くに職人と言う社会で
生きている方が多いでしょう。

実はこの職人家業にこそ、今も古いかも知れませんが、
こんな男臭い生きざまが残っている社会です。

時に親方を機嫌を伺いながらも、磨いた腕を見せつけ、
誇らしげになる。 厳しい現場も皆で力を合わせ、
乗り越えた時の至福…

 一見すれば肉体労働と、きつい現場と想い安いが、
俺達の方がまだ、ましかも知れません。


体で感じた疲れ、そして達成感は「やっぱり」
本物です。

 人はストレスをゼロにすることは不可能ですが、
日々の生活で解消することは可能です。

先ずは自分の仕事に誇りを持つ事。 次にその先の
なりたい自分へ夢を持つこと…

 ストレスに負けるな若者達よ。
自身をコントロールし、強い人間になれ。
今、何かを手にしていないことは決して不幸ではない。

満たされていないと思うなら、明日欲しいと願うより、
10年先にきっと、手に入れると望めばいい。

そして、冷静に物事を見渡し、程々で良いと望め。

それが、他人にコントロールされず、自身で
歩むことを信じる道しるべとなるだろう。

私の知り限り、頑張る親方衆はそんな連中達だ。
彼らは時に訳もなく「怒る」
そして、機嫌が良いと「誉める」「オロナミンC」を
おごったりもしてくれる。


若者達よ、そこで強くなれ。

一見、華やかな世界ほど、根深いプレッシーが存在
する。 どうもこれが表舞台の現実のようだ。
6

2012/1/12

初月給とこれからを・・・  
 この15日、昨年末からスーパー銭湯でバイトを始めた息子の給料が
支払われる。息子は家内に『何か。欲しいものはないか』と尋ねると、
妻は『何も無いわ』と家事を続けた。

 私も高校生の在学中から働いた。当時は部活が忙しく、選んだのは
日雇い現場で、港や建設現場がほぼでした。 しかし、働くことは
美しい。そして尊く、人生として得るものも多い。

 今回は単なる親バカですが、頑張れ若者たち!

そして、今日も現場で活躍する人たちへ…ファイト!

0

2012/1/10

企業を育てるも男の熱意  
 新年、そして3連休を終え、きょうから本当の2012年がスタート
したと実感している。  今年のスタートの会議で私は大きく、
企業の成長、売り上げの拡大を社員に告げました。実は、この
数年間はむしろ売上高を求めるより、利益率を確保し、売り上げ
よりも最低限の利益率、確保を優先していました。

何も、ここにきて売り上げ高を望むのは震災特需や消費税、
値上がり前の掛け込み受容を見越しているつもりでもありません。

むしろ「期は熟した」。 もっと広く、そして大きく
当社の製品を求める人たちに流通の壁を乗り越え、より多く
届けよう。 それが私の強い思いです。

高度成長期の昔は、大量注文で同様の物を多くさばいていたので、
手間も同様で効率も良かった。

しかし、近年では少量多種の発注が殆どで、手間だけが多く
掛かるようになっていた。 実はこの現象は現場でも同様で、
数をこなしても忙しいばかりでなかなか売り上げが伸びない、

ありがたいが悶々とする日々となる。

小さな現場だからと少人数でまかなうのか?
いや、小さな現場だからこそ大勢で短時間で終わらせ、その分、
数をこなすのか…

何度も言っているが、左官の人数は限られている。

また、同様に大手の多数がどんなに計算しても左官が関わる
現場を削減することは困難だと言う。 だからこそ、
今も大手では一般大工が作業員扱いなのに対し、実は
左官は特殊職人としての扱いをされている。

その状況に対し、後どれだけ持つかと思われる、高齢期に
達しているかじ屋達の『本物の鏝』を少しでも多く
届けるのが私の定めだと思う。

だから、どんなルートから注文が来ても私は出来る限り、
受け入れる。 もう、これは誰のものでもない。

現場が求め、それを今、作れる職人がいる。

その橋渡しをするのが私の仕事です。

即年末、その手間を普段より、多めの人数でこなした。
とても楽しく、早い時間で片付けることができた。

あの、感動が今も忘れられない。

手間はたしかに手間だが、多くで楽しくこなせば、
案外あっけない。

お願いします。私たちにもっとご注文と無理を言って
下さい。 そうすれば私達は社員を増やし、もっと
沢山の、もっと大きなわがままも聞けるようになれます。

それが私の目指す、売り上げ増強です。

日本は世界と比べれば小さな島国です。
でも、私達の道具が届いているのはそこのホンの僅かです。

でももっと、もっと。「俺が日本中の左官を平和にする。」
「俺が左官の役に立つ!」 そうでありたい。

正直です。「今年職人魂を宜しくお願いします。」

そして、今年もご期待下さい。








 
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ