2012/11/14

マイノリティーとは?  
誰もが一度は「マイノリティー」と言う言葉を耳にしたたろう。
実はこのマイノリテーを辞書で開いてみると
「少数派」「少数派民族」など、社会的な差別により、
環境的不利益を被っている人々を表している。

例えば人種素別や日本でも部落問題や三国問題が常に取り上げられている。


それと同時に私の中では「マイノリティー精神」によって、
人生の成功を成し遂げた者達も多く、如何せん「差別」と言う言葉は
常に人をブルーにしてしまうが、「マイノリティー」と言う
表現は彼ら(私たち)にとって、反骨精神としての間違いなく、
強い精神的支柱を形成しているのではと、思えてならない。

例えば「沖縄」である。 生まれ持ってその地に生を受けた瞬間から、
彼は米軍基地を受け入れた、日本でありながら異国の「人」となる。

もっと突き詰めれば、どの職業に関わらず、「2世」であることも
私は「マイノリティー」に位置すると考える。

同様の職場で学んだととしても二世は別格であると共に、常に
指導者として、先を見据えなければならない。

そこには成功を手中に出来る権利と共に、負の場合の責任を一手に
背負う責務が存在している。

『普通の立場なら、もっと気が楽だっただろう』

私はそれも「マイノリティー」だと考えます。
正直、本音ですがまだ、そう考える方が楽とも言える。
なぜ、どうしてと考えるより、

「しかたがない」 「だって少数派だから」

だからこそ、強くならなければならない。実にそう考えるほうが
答えも明解である。 

『おまえは選ばれたのだ』『だからこそ、誰よりもがんばり、
誰より見本となり、成功し人々を導いて行く』

この道に生きている。「マイノリティー」。

人生の負があって当然で、だからこそ「強く」
「本物」になれる素質を持った人々だと、私は考えます。


0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ