2011/3/31

震災後の資材不足  気になる記事
 もうすでにご存じでしょうが、震災直後から
全国的な建築資材不足が大きな問題として工務店、
ハウスメーカー、ゼネコンと業界として深刻な
問題となっております。

この現象は被災地周辺や関東圏に留まらず、直後から
全国に広まっており、大工や電工、鉄鋼、水道等
多方面に渡っているのが過去にもない特殊な状況で、

まるど一時期、問題となった建築確認申請の時の様に
仕事があっても手が付けられない、職人にとっては
まさにやりきれない状況が再び私たちを襲っています。

直接的な影響は被災地にこれら関連工場が多かった。
加えて4月の決算前でもあり、多くの商社が在庫を
軽減していたこと、そして政府の指導により直接的に
被災地優先物資としても確保されているのも要因と
推測されております。

現在、生産可能なメーカーはフル生産体制に入っては
おりますが、被災地とは程遠い現場にとっては
元気な街の経済すら落ち込んでしまうと国の政策に
懸念を抱いている方々も少なくないようです。

また、そこまで政府が被災地復興に並々ならぬ
決意でいるのも今回ばかりは、これら資材不足が
建築関連に関わらず、日本の輸出産業の柱とも言える
自動車や家電産業にも影響が及んでいるからと推測
されます。 事実、震災後の神戸が予想を遥かに
上回る速度で復興を遂げた要因としては多くの企業が
自力再建を行い、政府の後押しもライフラインの確保、
そして民間へとスムーズに進められたことが挙げれらます。

合板は約3か月後には市場にもどるとの予測もあり、
資材不足も何れは軽減されると推測されておりますが、
加えて世界的にも原材料費の高騰が不安視されているので
価格の高騰は無視できない新たな不安要因であるのも事実
です。また、復興に関しては政府からは既に大手ゼネコンに
協力要請がなされております。加えて各団体にも彼らに
協力するようにと打診もなされております。

先発隊とも言える解体業らは既にゼネコンを通じ、
現地で作業を行っており、合わせてライフラインの確保、
そして一気に企業の再建。 銀行関連の融資を緩和し、
民間の復興と繋がって行くと観測します。

何れにしても、これからの建設はある意味、国の威信が
掛かっております。 今年に入りGDPで中国に抜かれ、
家電でも韓国に抜かれ…
国内では雇用問題等、色々抱えていますが、今こそ、
「負けてたまるか」精神で一致団結すれば、GDPは
下がっても、内需は間違いなく加速します。

ひと時、不安もありますが、ここは一つ正念場と考え、
福島周辺を危険地帯などとの飽きれた思考を打ち消し、
「なめるな日本」を思いに建築に関わる皆の力で
きっと再建させましょう。






4
タグ: 建設 職人 技能

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ