2011/2/15

大阪、日本橋  
 先日、久しぶりの休みを利用し大阪の電気街、日本橋(にっぱんばし)に
行ってきました。 東京が秋葉原なら関西はこの日本橋が電気街として有名で
色々な面で似通った文化を育んでおります。
さて家電を見に行ったかと言えば、そうではなく実はオタク友人の付添として
足を運んだ訳であり、その友人は情熱的な「オタク」で、彼とは私の主張時に
わざわざ日程調整までし、2度も東京の秋葉原まで足を運んだ仲です。
 この日も一端歩き出すと次から次へとショップに入り念入りに
商品を見て回ります。 何かを買う訳ではなく、じっくりと品定めをして
いるのです。 私はと言えば奇抜な品が子供に土産になると思えば衝動買い、
どっちが買い物に来たのかわからない状況でした。

私が以前にこの日本橋にきたのは、もう30数年前の話。
当時、ブームだったステレオデッキをどこよりも安く買いたかったからです。
あの頃は今のような家電量販店は存在せず、家電はほぼ、定価に近い価格
販売がまだまだ主流だった頃。 大阪 日本橋は価格交渉ができると言うのが
売りで、売り手も買い手もガチンコ勝負をしていた時代でした。

まだ高校生でしたが一人電車を乗り継ぎ、先ずは一軒目に入る。
「今日はアンプを探しに来ている。」「予算はこれくらい」
「雑誌で情報は収集してきた。」「この予算でも最低限、このスペックは
維持したい。」当時の店員さん達はとてもプロでした。だから、こちらも
知識で防備する。 そして価格交渉… 本当にここで決めたくなる決めの
フレーズが胸を刺す。 それでも「もう、ちょっと他も見てきます。」
そして、2件目、更に3件目… もう限界です。

「これ頂きます」「ありがとう」 このやり取りが高校生ながら本当に
嬉しかった。 もちろん目一杯、値切って安く買ったつもりだが、
所詮は手の内だったのかも知れない。 しかし、その時の会話、
知識で防備したつもりが、それ以上の知識を伝授してくれた。

やっぱり、これが商売の王道だと思う。 関西人は値切り上手と言うが
子供の頃から経験しているのだから致し方ない。

さて、今の大阪・日本橋ですが、関東からも秋葉原の名店が支店を出し、
オタクロードなる一角が形成されており、アニメ関連のフィギュアや
グッズが多数並んでいる。 もちろんメイド喫茶も存在している。

今や主力の電気街は秋葉原同様、中国からの観光バスを横付けにし、
店内は外国語の看板に埋め尽くされていた。

唯一大阪名物は歩行者天国にはない、アニメキャラをプリントした
痛車(いたしゃ)の存在かも…

 そして同行した友人ですが、数件目のショップで2万円近いDVD
セットを大人買い。 大そうご満悦で「ここ秋葉原に負けてませんよ。」
「また必ず来ます」

近くには黒門市場、少し駅を進めば韓国料理が堪能できる鶴橋。

プロご用達の道具屋筋… 時代のコンテンツは変わっても町はその
人の繋がりで生き継いでいると考えさせられました。



0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ