2010/7/15

厳しい時こそ、やるべきことがある。  
先日、地元で人気なラーメン店へ行った。
ふと、厨房を覗くと社員向けのメモが貼られていました。
そこには「最近、暇(ひま)です。暇のせいでしょう皆さんの集中力が
欠けています。私語や雑談は控えて下さい。掃除等、やれることは
何でもあります。」
[こんな人気店でも暇なんだ。]と、感じながら、そのメモの内容が
他人事とは思えずにいた。
確かに、忙しい時は沢山の仕事をこなすため、返って集中力が増して
います。しかし、その仕事量が減ると人は意外と無頓着になり、
小さなミスを繰り返してしまいます。
当社もそんな状況にありました。

また、これは某取引先店の状況ですが、売上が振るわないため、
仕入れを縮小しています。その考えは否定しませんが、その中に
同店の売れ筋消耗品すら補充をためらっているのです。

それはどのような結果を生むだろうか。
※いつも買ってくれていた顧客 ※それを当てにしていた顧客 の
期待を裏切り、今後二度と買いに来てくれない致命傷となるのです。

人は不景気になればなるほど小さな事を疎かにし、身の回りの大切さを
見落とします。

今だからこそ、その一つ一つに気を配り、他者との差別化を図る
べきではないでしょうか。

先日、来店頂いた職人さんとの会話です。
彼は不景気な今だからこそ、貪欲に新たな技術を学ぼうとしていました。
チャンスがあれば応援に出向き、興味がある現場に進んで学び・・・

「ホンマ器用貧乏ですわ。」と、彼は笑って応えてくれたが、
私には暇な今だからこそ出来る最大の努力。 そして、それは
近い将来、必ず報われる努力に映りました。

国や社会、いや自らの運命に恨みを持っても何も解決はしません。
現状打破は日々の行の積み重ねできっと可能だと信じています。
だから、今こそ自らの周辺を見直し、自らの高めて行かなければ
ならないと考えます。
私も頑張ります。皆さんも周りの人達と今こそ、一緒に頑張りましょう。
3
タグ: 景気

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ