2009/5/30

確認申請問題の次は長期優良住宅問題?  気になる記事
本年度補正予算に組み込まれた住宅優遇税制。過去最大規模と
言われ、6月スタートを見込み現時点では買い控えも増えている。
この住宅ローン減税ですが財務省によると、その概要は省エネ・
バリアフリーと、一般住宅そして「認定長期優良住宅」です。
省エネやバリアフリーを除けば、話題とされる過去最大の優遇税制は
一般ではなく、この長期優良住宅に適応される。
一般も対応されているが、長期の方が額も大きくイメージもあり、大手は
ここに攻勢をかけてくると予測されます。この認定制度には細かな条件が
設定されており、町場の一般工務店がどこまで対応できるか予測不能。
少なくとも時間が必要とされるし、大手ハウスメーカーにばかり目を向けて
いる金物メーカーの動きもどちらを優先するかも推測できます。

PS.リンクを貼って置いたのでそちらでも情報収集してみて下さい。
0
タグ: 建設 職人 技能

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ