2020/8/31

阿部首相の辞任について考える  
安部首相が辞任しました。8年近くに渡る歴代最長となる長期政権を築き、ロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席等、世界のリーダーが長期政権化している時代に世界と渡り合える日本のリーダーとして活躍してくれた。

次に誰が首相になるかと言う問題よりも、まだ解決の目途が立たないコロナの渦中に今後、国内の景気後退がより一層深まることや中国や韓国との関係性、世界との関係性が非常に気になってくる。

コロナ問題では国を始め地方自治体や市町村までもが多くの税金を使っている。安部自民党一強政権ならば公共事業にも手を抜くことなく着手してくれるだろうが、政権が安定しなければ、また次のリーダーによっては大きく削減される可能性がある。

いずれも景気後退は大きな問題である。今後が不安視される。
0
タグ: 安部首相

2020/8/28

コロナと暑い夏を考える。  
しかし、暑い日が続いております。
今、8月末を迎え、関西は連日37度を超える残暑、いや猛暑を迎えております。
そして、コロナです。日々自粛の要請、そして経済の悪化。国も多くの予算を使い
それらはいずれ税金として徴収されるでしょう。

では改めてコロナ問題を時系列で調べてみましょう。

今は2020年8月28日です。

中国の武漢で最初に発見されたのが2019年11月17日。この時点ではまだ中国国内で隠蔽されていました。

同12月8日、中国政府原因不明の肺炎発生報道。

12月30日、武漢の医師SNSで発信。

12月31日、WHOに報告

1月7日、新種のコロナウィルス確認

1月16日、日本国内で初の感染者確認

1月23日、武漢ロックダウン

1月30日、WHO緊急事態宣言

2月30日、ダイヤモンドプリンセスで集団感染

2月13日、日本国内初の死亡者

3月11日、WHOパンデミック発令

3月24日、志村けん死亡 オリンピック延期決定

4月16日、日本緊急事態宣言

5月25日、緊急事態宣言解除

そして解決の糸口が見えないまま今日に至っております。


中国政府の対応、WHOの問題。
昨年末からコロナは静かにそして着実に全世界へと広がっていたのです。
もちろん日本国内の対応も問題視されるべきです。
インバウンドの浮かれる国内経済は結局、中国春節の観光客を受け入れたのです。

唯一、志村けんさんの死が大きく日本を動かしたと言っても過言ではありません。

この時系列でこれまでの経緯を見ると如何に各国政府が初期段階で幾度のチャンスが
あったにも関わらず、経済を優先してきたか。

やれトイレットペーパーやマスクがない!マスコミの報道はむしろ庶民にパニックを
あおるだけ。

野党と言えばは総理とマスク業者の関係を追及したりと上げ足を取るだけ。

そして給付金… もう色んな給付金があります。
国や県、果ては市まで…

これらは最終的には税金として庶民の負担になります。

神戸淡路大震災も東日本大震災も、そしてコロナも

復興特別所得税です。

月日が流れ、このコロナ問題が収束した時、私たちはこの暑かった夏の日の事も
忘れてしまうのでしょうか。

そしてコロナな振り回されたことですら昔話になってしまうのでしょうか。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ