2014/8/5

(無題)  
いつの時代も「時代を作る世代」が存在することを
ご存じでしょうか。

それは何も、裏で人々を操るフィクサーだとかの話ではなく、
実際に時代の変化に対して、敏感に流行やファッションなどを
生み出す世代と言われております。

それこそが35歳頃(35プラス)世代だと言われております。

この世代こそが中間管理職世代ながら、人として脂の乗り切った
一番の働き盛り世代であり、メディア等のTV制作や新聞・
音楽を始め、各所で積極的に活躍している世代と言っても
過言ではありません。

だからこそ、現在35歳代の者達にとっては色々の環境や
流行も丁度刺激的に感じるのではないでしょうか。

またこれら世代は子育てや自宅の購入などにも意欲的であり、
企業にとっても重要なターゲットであるため、企画側も
同世代を登用するケースも多くなっております。

ただ、逆を言えば今が一番大事な世代である真実も充分に
認識して下さい。

なにも後、数年で時代が変わるとは言いませんが、35歳代を
如何に大事に生きるかというだけで、後の40代から50代に
掛けて大きく運命を左右することは事実です。





3

2014/8/3

労働者不足って?  
昨今、国会やニュースで労働者不足を耳にしませんか。
我々の建築分野でも労働者不足は深刻です。
「このまま労働者不足が深刻になれば給料が、手当が
上がるのでは」と、思ってはいませんか。

実はここに政府と企業のカラクリが潜んでおるので
ご注意下さい。

失業率は若干改善しているとは言え、それは新卒
レベルであリ、大きく改善するとは現代社会に置いては
もはや幻と言っても過言ではないだろう。

大手は株式を資本にどんどんチェーン展開を進めて行く。
軒立地方商店を蹴散らし、そこには安い労働力と厳しい
労働条件によって企業は更なる利益を追求して行く。

しかし、益々増える店舗によって、低賃金労働者が
不足し始めている。 これが世に言う労働者不足の実態
つまりは国や企業が騒いでいるのは正規労働者不足が
問題ではなく、非正規低賃金労働者が不足していると
言う話なのです。

あの居酒屋チェーン店 和民グループがついに赤字へと
突入した。その最大の要因はブラック企業と言うレッテル
だか、それすら氷山の一角に過ぎず、過酷な労働条件は
もはや20代から30代の働き世代に蔓延していると
考えても過言ではないかも知れない。

これら労働者不足問題への解決策として、政府は主婦層への
社会進出を企業と策略している。

控除額の見直しや大手企業への役職採用の拡大などを
謳っているがパフォーマンスに過ぎない。
今や主婦は早朝勤務や短時間就労等と、一労働者として
企業が求めるピースの一つとして活躍している。

話は戻るがでは建設業界はどうだろうか。
私は外国人労働者を政府が受け入れるのでは懸念を抱いて
いる。
ありえない話ではない。あのバブル期でも労働研修と言う
名目で多くのアジア人が日本の建設現場で働いた。

ましてやTPPの存在がある。

今はまだ人件費や資材の高騰で入札参加を見送る企業が
多いと聞くが、そこに外資が入札に加わったらと考えれば
ゾッとしてしまう。

しかし、この国の政府は本当にやりかねない。

何故なら彼らが最後まで守り抜きたいのは日本の大手
輸出企業であり、それが国策だからです。

だから少々の痛手を被っても国は平気で弱者を斬ることが
出来るのです。

今こそ、地に足を着け、我々はしっかりと歩まなければ
ならない。

東北復興やオリンピック…

関係ない・関係ない…  地元と一緒に仲間達と一緒に
今日を一生懸命生きることが先ずは大事だと思います。
3

2014/8/3

(無題)  
 皆さんは「チャイルドプア」と言う言葉をご存じですか。
「ウァーキングプア」なら耳にしたこともあるでしょうが、
このチャイルドプウに関してはメディアもスポンサーサイド
との不都合があるのかなかなか取り上げようとしない。

「チャイルドプア」とは親の倒産やリストラまたは離婚等の
要因で通常の生活水準を満たせない貧困家庭に育つ子供達の
ことを指しております。

一見、豊かに見える現代社会に置いて、例えば遠足や
修学旅行に行けない。満足に食事も食べられない。
友達と遊ぶにしても携帯電話は無論、お小遣いも無い、
オシャレも出来ない…

そして、次第に仲間からも外れ孤立して行く。

「生きていることが辛い」
「将来に期待が持てない」

ここまで書くと「親のせいだ」「極まれな話だ」
「私達の時代はもっと貧しかった」と思われるかも
知れませんが、この豊かなはずの近代日本に置いて
市町村からの修学援助を受けている子供たちは
平成23年度で156万人にも及んでいる。

これは文部省が調査を開始した平成7年度から2倍以上の
人数となっている。 つまりは子供達の16%6人に
1人が当事者と言う現実です。

また先進20か国中、収入格差を調べてみれば日本は
アメリカ・スペイン・イタリアに次いで4位と言う悲しい
現実に直面しているのです。

アペノミクスは更なる経済成長を目指し、日本の大企業への
更なる優遇を続けて行くでしょう。

そこには間違いなく弱者が取り残されて行き、進学が出来ない
高い教育を受けるチャンスを無くす、そして気が付けば
アルバイトや契約社員の道を歩み始め、ブラック企業と
気付いた時にはもはや夢を見ることすら忘れてしまっている。

廻りを良く見て下さい。

私達はいつの間にやら、メディアや社会に踊らされ、
本当の真実が見えなくなっています。

それでも彼らは必死で生き続けようとしています。

そして私達は「ありがとう」や「頑張れよ」の言葉だけでも
応援することは可能です。


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ