2012/7/9

厳しすぎるよ!  
 正直、この文面を描くまでは様様なイメージを描いていた。
しかし、今はやはり何よりもこれが先だろうと、書かせて頂きます。

本来なら震災復興、消費税増税特需により、建築は盛況でなければ
ならない。 しかし、現実はどうだろうか?

国はエコ住宅ポイントとして補助を出した。

これは国策です。国策とは諸事情により一定の企業、または関連
する団体を保護することで将来、国に大きな利益をもたらすと、
期待され保護、支援するのが国策です。

日本ではトヨタ。韓国ではサムソンがその代表です。

しかし、今回のエコポイントにはどうも納得が行きません。

現場に携わる大工さんからは「盛況なのはガラス屋位か?」と
厳しい声が聞こえます。

補助金の原資は私たちの税金です。

買う側としては少しでも安く、補助金が付けば有り難いもので、
各社ハウスメーカーも売り込みし易いですよね。

しかも、あと僅かとなれば尚更ですよね…

誰が誰のために、この制度が生まれたのかが不可思議です。
エコとは省エネだけでしょうか。
生きた壁が湿度を吸収し、持続的な住環境を作り出すのが
最適ではないでしょうか…

企業として、ただ力(資本)があれば良いのでしょうか。

資本があれば国の保護を受けられるのでしょうか?
今こそ、どうしても見えない敵と戦いたいと心熱くなります。

「こいや!」「いつでもこてや!」

俺達には大切にしたいものがある。

受け継が無ければならないものがあね。

これ。絶対譲りませんから。


2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ