2012/5/31

経済学から読み取る現場の単価  気になる記事
さてさて、今日は経済学から読み取る現場の単価を
簡単に解説してみよう。 とは言え、最終学歴が
自動車学校の私が、なぜ生意気にも「経済学」なのか、
単に偶然見たNHK教育(現Eテレ)を題材にして
おりますので、お気軽にお付き合い下されば幸いです。

そもそも私たちが選択する全ての商品価格にこの
経済学が当てはまるそうです。

例えば、誰かが私に120円で缶コーヒーを作って
くれと言ったとしよう。僅か120円ですから
私は容器である缶すら作れないだろう。

しかし万が一、どうにか500円で私が缶コーヒーを
完成させたとしても、誰も500円もする缶コーヒーは
買わないだろう。 しかし、その逆で とても
上品な街並みの上品な一軒の喫茶店で出される
コーヒーの値段が一杯500円だとすれば、きっと
そのコーヒーを飲む者はさぞかし美味しいコーヒーと
優雅なひと時を得ているだろうと人は考えます。

これが経済学の基本です。

つまり買い手は価値が価格より高いと判断した時に買う。
対して、売り手は価格より価値の方が高い時に売る。

加えて経済学の仕組みで見ると価格は一定の理論で
動いており、その国の経済や生活レベルで大きく
異なってくることは誰もが理解できるだろう。

ここまでの話で何かが見えてきましたか。

発展途上国では僅か数千円、いや数百円で月を過ごして
いる方々がいます。でも私たちはそれを羨ましいとは
思っておりません。 ここに価格と言う不思議な
ヒントが見えてきます。

次に適正価格を検証してみよう。 適正価格とは
買い手と売り手との間で、折り合いが付く、しぶしぶの
限界価格と言われています。

分かり易く例えれば一万円のランチを食べる人が1人。
五千円まで出せる人が2人、ずっと続いて、五百円ならと、
言う人が大多数を占め、三百円までと言う人が例え
20%を占めたとしても限界価格は平均値ではなく、
この仮説からすれば多数を占める500円が限界価格と
なります。
つまり、1万円のランチを売るお店は大きな利益を得て
いるだろうが市場は狭い。対して低価格を売りにしている
お店にはリスクを感じ、薄利多売を持続させることは
決して容易ではないことが見えてくる。

ここからが本題となりますが、では現代の建築単価は
どのようにして設定されているのだろうか。

過去の建築業界とは異なり、職人技術を買っているのは
本来、その家に住む主ではなく、その施工を請け負う
大手ハウスメーカーや一部の工務店となります。

デフレが続いているとは言え、その立地条件に差はあると
思いますが、一生に一度の大きな買い物とされる持ち家の
限界価格は3000万円台と言われています。

一部では何と500万円台と言う驚きの価格を提示する
工務店も存在しますが、彼らが市場を拡大することは
容易ではありません。 それは限界価格からかけ離れて
いるため、消費者はそこにリスクを感じるからです。

逆を言えば、適正な価格を提示する者はより明確に
メリットとリスクをアピールすることが必要です。

続いて小規模でも可能な戦略がシグナルを送る経済
戦略です。 明確なシグナルがあの飲食店で見かける
「行列」と言うシグナルです。

行列=美味しい=価値がある=高くても食べたい

最後に左官の技術は日本が誇る伝統文化です。
それは長きに渡り受け継がれ、明日を迎える度に
その伝統はより深さを増して行きます。

左官の塗りはクロスより高い。なぜ高い…

味わいがある=永く愛着が持てる=だから価値がある

左官の技を洋間に生かす…

個性が生まれる=クロスでは表現できない本物がある

両親の寝室に左官の技を用いた…

住環境に優れている=安心して両親を住まわせる

※買い手の多数がHメーカーである限り、利益を
追求する彼らが適正価格を提示する可能性は薄い。

一人が小さなアピールをし、一人が小さな扉を開き、
本来の施主がその価格以上の価値をその技から得て、
本当の満足を得たとすれば、職人単価はいつの日か
大きく改善されるだろう。価格にとって大事なことは
誰よりも高く売ることではない。ましてや誰よりも
安く売ることでもない。
リスクを最少限にし、満足と言う価値を売ること、
ドイツの様に選ばれし職人がマイスターの称号を得、
新たなシグナルを見出せた時、私たちはより一層、
本来の消費者に近づけるはずです。

残念ながら、現在の職人達は価格を意識し過ぎている。
むしろ「高い」と思われることに怯えさえ感じている。

誰よりも高く言えとは言わない。せめても誰よりも
安くを追い求めるな。

「売り手は価格より価値がある時に売る。」
それは高めた技量で相手を満足させる作品を仕上げられた
時、価格は適正となり、売り手・買い手のの双方の
満足に繋がる。

夢物語なのかも知れませんが、私はその時を信じています。
















1
タグ: 建設 職人 技能


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ