2011/4/30

福島県へ行ってきました。  気になる記事
4月20日、福島県へ行ってきました。
先のブログで記載した通り、福島県にも取引先様があり、
毎月、行ってはいたのですが先月はさすがに震災直後でも
あり、東北道も閉鎖されており1か月ぶりの訪問となりました。

先に入った東京は先月と同様、節電対策もあり駅などの
公共の場では暗く、人の流れは観光客が激減しているのだろう、
いつものなら列をなす「お土産店」も本当に空いている。

ガンリン問題は解決していたが、建築関連では資材不足が
まだ解決していないようで、多くの金物店が「厳しい状況が
続いている」と嘆いていた。

そして、福島県行き。 思った以上に交通量も多いと実感して
いたが、埼玉・群馬を越えたころから一般の交通量はぐっと
減り、対して警察や自衛隊などの緊急車両がたいへん目に付く
ようになってきた。 途中休憩をとって所ではそんな自衛隊の
車両が数台止まっており、目を合わした瞬間、思わず
「ご苦労さまです。」と声をかけた。

隊員の中には女性隊員もおり、また若い世代も多くが
震災復興に従事しており本当に頭が下がる思いです。

栃木県は鹿沼を超えると東北道は3車線から2車線となる。

そして福島県は白河を越えたあたりからスピード制限の
表示が出てくる。 仮復旧の路面にはまだ段差も多く、
片側1車線への規制や法面の亀裂を修復している現場などが
目に付いた。

今回、通常なら福島県で一泊する予定でいたが、ビジネス
ホテルが全く取れない状況となっていた。
現地で同業者に確認しても「今は厳しいだろう」と言って
いた。 どうも復興関連の社員や建築関係からも多くが
現地しており、それらの定宿として使われているようだ。

市内に入り、取引先に到着する。 倒壊などの大きな現場に
出くわすことはなかったが震度6弱〜6強の現場では
ブルーシートに覆われ、修復を有する家屋が多く軒を
連ねていた。

早々店内に入ると引っ切り無し職人がやってくる。
色々な業種の方が道具や資材を買い求めてくる。

こちらでも一時は滞っていたと言うがブルーシートや土のう
袋も今は大丈夫だと言う。 ただし、テープ類など特定の
商材がどこにも無い。と、一番に望む現場ですら資材不足の
問題は今でも大きな課題となっていた。

私も接客のお手伝いをさせて頂いた。
しかし、見ていると来店する職人さんの笑顔やけに輝いて
見えた。 確かに忙しいと言うのも事実だが、この時期でも
やるべき仕事があり、それがたとえ小さな1歩でも復興に
繋がると言う思いもあるのだろうか。

手の空いた時に私は店主と話し込んだ。

震災直後はガソリンをリッター300円で売った業者もいたと
言う。 小さな町なのにご近所付き合いにもひずみができた
所もあったと言う。 正直、考えたこともなかった出来事に
まだまだ精神的な疲れも多くあるよで、原発問題もあえて
触れることもなかったが、今後一切の保証もない地域ですら、
同じ県と言うだけで経済的な打撃を受けている現実は歪め
ない。 昨今のニュースを見る限り、仮設住宅の着工件数を
上げるため、更に増員を計画しているようだ。

しかし、労働力を求める地域はもっと広範囲だ。

やっと取れた栃木のビジネスホテルでも多くの工事関係者を
確認することができた。 ナンバーも埼玉、神奈川と関東圏
から多く応援にきている。

GWを間近にして、ようやく各方面に資材が徐々に流れ初めて
いる。 まだまだ完全とは言えないが、少しづつ問題が解決
されて行こうとしている。

最近、私はあえてTVのニュースや特にワイドショーの
被災地の記事を見ないようにしている。

本当に方々にはお気の毒だが、どうも番組の作り方が意図的に
見えてくるからだ。

そして、本当に多くの方々が頑張っている。
例えて言えば資材不足に耐えている地方の方々もやはり今を
乗り越えればと必死で耐えることを頑張っていると思う。

先ずは1歩づつ。 全国でそして誰も1歩づつ。

今はこれしかありません。

外国からどう思われようが。 日本のGDPがどこまで
下がろうが、今生きてる人間たちで新しい日本の未来を作る
しかありません。 輸出は下がろうとも一人一人が頑張れば
内需は拡大します。 なにもTVが言ってるように
旅行に行け・東北の野菜を食べる そんなことではなく、
ただ一人一人が働き経済活動をする。これが重要です。

なめるな日本を!きっと復活させましょう。




1
タグ: 建設 職人 技能

2011/4/13

震災で建築は忙しくなるのか?  気になる記事
このようなテーマでブログを書くと少々不謹慎なようにも思われ
るだろうが、実際の所、同様な声を各方面から耳にするので、
その現場に携わる者として掲載させて頂きます。

先週、4日間に渡り北陸は福井県にて春恒例の展示会へ参加する
ため行ってまいりました。
この福井にも関西の電力を支えるための原発が存在し、
日本海沿いにはその恩恵とも言われる多数の施設が存在し、
夏の観光シーズンに向けて更なる整備が行われていた。

離れ小島にですら、キャンプ場が整備されておりゴールデン
ウィーク中の予約はすでに満室とも聞いている。

今回の福島原発事故に対しては少々不安の声も聞くが太平洋沿い
とは違い、日本海側と、言うことでそれほどでもないようだ。
ただ、やはり防災意識が高まっているのは同様で、安易に
対岸の火事とは言えないのも事実のようです。

次いで、展示会にお越し頂いた職人さん方と震災後の仕事量の
変化を伺ったところ、こちらでも同様に資材不足が大きく
響いているようで、特にハウスメーカーからの仕事は激減
している現状と嘆いていた。 しかし意外な所ではJA
(農協)を通じ、この福井からも多くの作業員が被災地での
仮設設営に駆り出されたとも伺った。詳細は不明だが、
どちらの地域も農業が盛んであり、OBですら支援活動に
奔走していると聞く。

推測するに、今回の震災復興に関しては国のあらゆる組織、
そして団体がまるで震災で傷んだ肉体を復活させるために
細部の毛細血管の至るところまでに血を注ぎ、必死で自己
再生に取り組んでいる、そんな思いがしてならない。

 この福井も先の阪神淡路大震災では多くの職人さん達が
被災地に出向き、震災復興へ多大な尽力を果たした地域
でしたが、今回の震災に関して伺った所、
神戸の時とは少し答えが違っていた。どうも今回の被災地で
ある東北地方に相当の距離感を感じているよう思える。

実はこの距離感に関しては私の地元、関西方面でも個々の
職人さん方は同様に語ります。
「東京なら一軒家を借りるなど長期宿泊も計画できるが、
東北はさすがにツテも少ないし。まぁ、大手が被災地に
動けば、それなりに地元でも人手不足が生じるので、それ
なりに忙しくはなると思うけどね。」

彼の語る通り、全国でも同様の動きが予測できる。

また、ある住宅メーカーは「これで地方の職人不足がある
程度、表面化すればここ数年に乱立した低価格を売りにし、
低賃金で職人を雇用してきた新規ハウスメーカーは軒並み
厳しい状況に追い込まれるでしょうね。」とも言う。

ところで本題に戻すことにする。
「震災で建築は忙しくなるのか?」

TVのニュースは甚大な被害を被った地域を映している。
または、先の見えないかの様な原発事故を映している。

その反面で海外のニュースでは被災地、東北自動車道の
短時間での復興に賞賛の声が上がっている。

液状化に苦しむ千葉・浦安方面は仮電力が当日中に復帰、
ガスは1週間後、上下水道も今月中の仮復旧を目指し、
生活道路の仮復旧もゴールデンウィークまでを目標として
いる。 加えて大手や各工場も4月中の再開や早期操業に
向けて動き初めており、報道に見られる甚大な被災地を
除けば、キズの浅い地域から先に復興を向かっている。

これは厳しいが現実的であり、そうでなければ日本の
経済は成り立たないのが事実です。

そこで結論ですが、「忙しくなる。」そう覚悟し、自分も
これから何をするべきか、そう触覚を尖らせることが
出来る人間は間違いなく忙しくなるでしょう。

例えば、この厳しいご時世に関わらず頑張って若手を
育成して来た方々も多方面から頼りにされるでしょう。
厳しい単価でもゼネコンや大手との関係を重視して来た
方々もしかり。 勉強会や交流会、更には団体活動に
尽力してきた方々… 何れにしてもこれからは何を
どう考えるかが勝負の時期です。

単に利益を挙げたいと思うのか、日本の再建に受けて
出来ることを模索するのか。

人が動くだけでも少なからずの経済効果が発生します。

これまでは自衛隊が、ボランティアや更に海外の
援助隊、軍隊や多くの方々が頑張ってくれています。

そして、これからは皆さん方、職人達の出番です。

私も来週から関東方面に入ります。 そして今回は
福島県にも行きます。

そこでは同情の涙を流すつもりはありません。
共に元気だったあの頃に戻るため、何かのお役に
立てることを一つでも見つけて帰るつもりです。

天災は不幸です。 罪もない多くの方々が傷付いて
います。

先にも述べたように、今の日本を一人の体だと
考えてみて下さい。 今回の震災は体の一部分に
大きなケガを負った。 あまりのキズの痛みに
彼は片膝を付き、息も絶え絶えとなった…

しかし、まだ手は元気だ、足も問題ない。
心臓の鼓動も一時は激しい動悸にに見舞われたが
今は必至で血を送り込んでいる。

だから今は丈夫で元気な所がその血を力を細部に
送り届けることが重要だ。

そして以前により増して強くたくましい社会を
作り上げよう。本当のリーダーは肩書の総理でも
なく、一人一人の想いにある。

苦難も多くあるでしょうが、皆様のご活躍を
ご期待申し上げます。





10
タグ: 建設 職人 技能

2011/4/4

震災、そしてこれから…  気になる記事
 震災直後から全国を襲った資材不足は調べて見れば見るほど
多方面に渡っていることが分かってくる。
中にはA社の生産工場が災害に遭い、その同等品であるB社の
商品が品薄になっているような実例もあったりしている。
 しかし、それ以上に言えるのが今回の震災により打撃を
受けた生産工場があまりにも多岐に渡っていると言える
現実にある。 先に記載した自動車や家電に加え、勿論
建築関連もそうだが、更に鉄道、ブルーレイディスにまで
その余波は広がりつつある。

 現在、私は各かじ屋仲間に鋼材の確保を推し進めているが、
既に鋼材の品不足が進み始めている。
これは鉄鋼業界の優先順位であり、今後需要の高まる所に
生産の軸を置くことが予測されるからだ。 ただ、ご安心
して頂きたいのが、現状での値上げは到底考えられない。
しかし、一部で品切れや納期の掛かる商品が発生することや
高価なハガネを使用する商品が当分生産を見合わせることも
予測できるのでその際はご理解頂きたい。

 一部の工務店では「ある所にはあるのでは」と邪推も
しているようだが、今回の品不足はほぼ全国的で、名の知れた
ハウスメーカー数社も根を挙げているのが実情です。
正直、先の円高で、3棟作れば1棟分の資材が浮いたと
豪語してしていた某大手ハウスメーカーには天罰とも言いたい。

また被災地周辺の情報によると、復興の手順が、ほぼ横並びな
ため、必要とする資材や副材がほぼ当時に品不足になるのが
問題と嘆いておりました。

しかし、被災地より若干の距離を置いた所ではすでに
補修工事が多く、瓦などの部材が品薄で着工に後れを見せて
いますが、内装や浴室など、またまだ資材に余裕のある
工事からは着々と進行しているようです。

 そして気になる他の地域からの応援ですが、先の記事で
述べたように国の方針で動くのがゼネコンです。
それと並行して民間に着手するのが工務店やハウスメーカー
となる訳ですが、地元工務店では神戸の時もそうでしたが、
震災時はどうしても彼らが着工した家屋の修復が優先になり、
それらを含む多くが他の工事業者に依存する事となります。

私が確認した所でも、震災直後の1週間で茨城で600件待ちや
埼玉県でも300件待ちと1工務店が受けるにはほぼ限界値に
達しております。 加えて報道にも悪質業者への警戒が
呼びかけられており、これは神戸の震災時でも問題となった
1枚のブルーシートで屋根を覆うだけで10万円と言うバカげた
事件を未然に防ぎたいと言う思いもあると考えます。
実際、同様の問題を防ぎたい地元業者は資材が整えば自然と
信頼できる地域の応援がなされるのは時間の問題と考えます。

最後に、これは神戸の時も同様でしたが、TVニュースは常に
悲惨な現場を好んで映しております。
確かに、甚大なる被害を受けられた方々には心よりお見舞い
申し上げますが、現状はそれ以上その数十倍の方々が、そこよりも
軽い被災ながらいち早い日常の復活を望んでおり、私たちは
そんな彼らのお役に立たなければなりません。

現在、私どもは仙台、福島等、周辺地域から毎日のように多数の
ご注文を頂いております。

これが、復興の現実です。 一歩一歩。
誰もが嘆いてばかりでは居られません。

美しくなった寝室や浴室。 その一歩だけで勇気を持てる人達が
画面の向こう以上に本当は数多く存在しております。

最後に、神戸の震災時。 あまりにも他府県からの応援があり、
神戸の夜の街はバブル以降、2度目のバブルと今も語れるほどに
盛り上がりました。 店の外は作業服姿の職人が列をなし、
あまりの勢いに市は地元企業優先とした規制を出したほとで、
その規制が施工される期日前には、神戸〜大阪間を結ぶ国道沿いに
数十件の工務店がプレハブ小屋の「神戸支店」を出したのも、また
笑えない現実でした。

何れにしても今後、建築は多忙を有します。
関西圏ではまだまだ距離感と言うネックが生じているようですが、
職種的な人材を推測して見ても全国的にも建築業界は人手不足に
なる可能性がとても大きい。

今の国は震災による工場の内定取り消しを批難しておりますが、
全国的に見れば、今回の震災を機に建築の人材確保。育成に
力を注ぐことが復興への大きな足がかりと考えます。
がんはれ日本。そしてなめんなよ日本を!

Ps.明日から北陸に行きます。
同じ原発を持つ福井は今、何を感じているのでしょうか。
詳しく調べ、またここでご報告させて頂きます。
                     (続く)



1
タグ: 建設 職人 技能


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ