2010/3/10

「ところで景気はどお?」  いい話
出張で取引先を廻るたびに私はお客様に良く、
このように尋ねられます。 特に各地を廻る私だけに
お客様にとっては他がどうなのか気になるのでしょう。

では率直申します。 先ず、やはり都市部の落ち込みは
激しいです。 それほど、これまで都市部は良すぎた
とも言い替えられます。対して地方も厳しいのですが、
都市部ほど大きくはありません。これら落差の問題かと。

次いで、個々に見比べると建設・土木・仮枠など、
ビル・マンション工事や帳場等の大型の現場に携わる
者達は厳しい状況が続いています。ハウスメーカーの
着工件数の激減や公共工事の削減で更なる価格競争が
続いており、一部では仕事がない状態にも達している。
この年度末を考えると過去には考えられない状況です。

対して大きな利益を出しているとは言い切れないが、
忙しくしているもの面々もいる。

彼らに共通しているのが「こだわり」の部分。

例えば技にこだわる。道具にこだわる。
顧客満足にこだわる。 など等…

それが町場の現場です。
彼らは左官としての腕を売ってきた。数々の現場を
こなし、自然に身に付けた腕(技)は今の時代、
如何なる応用にも対応出来るのでやたら重宝されている。

この十年間は残念なことに左官業界は若手の育成が
滞ったと思える。 加えて日本の高度成長期を支えた
ベテランも後数年で大幅に激減すると予測それます。

今、40代、30代を中心に左官に携わる者達はしっかりと
自分の目指す道を見つけて欲しい。

ただ不景気と嘆くのでなく。 しっかりとした
「こだわり」がきっと明日を切り開いてくれます。
言い換えれば、これから本当のチャンスが訪れます。



5
タグ: 景気

2010/3/10

民主党は日本を変える絶好機を逸した  
戦後初の政権交代を成し遂げた民主党。
私を含め、多くの国民がよどんだ行政を一新させたいと
彼らを後押しした。 民主党を支える幹部達多くは
私利私欲とはかけ離れた優れた者達だ。
中には永く松下政経塾に学び、日本の未来を変えたいと
心より願う者達も多い。  だが、なのになぜ、
事態を変えるに至らなかったのか。

一番は、やはりリーダーシップの無さだろう。
誰にも迷いはあって当然だが、全てに「優」を取りたい
そんな中途半端な優等生は先生には気に入られても
仲間を引っ張ることが出来ない。

個々の大臣もしかりで、無駄の削減として行われた
「事業仕分」中には冬季オリンピックの一部種目も
その槍玉に上がった。前政権のツケとされた、無駄を
ただ悪とし、その前後が何も見えてこない。
対する韓国は国を上げメダル奪取に取り組み、結果は
国民に強い自信を与えることに成功した。

そして「事業仕分」の最大のターゲットとなった
公共事業の削減によって建設関連の倒産件数は拡大。
全ての倒産件数の4分の1を建設関連が占めるる
ようになった。今後、不安視されているのが、
そこから誕生するであろう約100万人強とも
言われる失業者の数。

その間、現政府は一部学費の無料化、家電や自動車、
そしてエコ住宅のポイント制。

何かおかしい。 何をしたいのだろうか。

これが本当の景気対策に繋がるだろうか。
最後に、これまでGDP(国民総生産)2位の日本と
他国を比較したリストを掲載します。
北海道18.9=ポルトガルとほぼ同額※以下も同じ
東北地方42.5=スエーデン
北陸地方12.4=ハンガリー
中部地方68.9=オランダ
中国地方30.0=ギリシャ
四国地方13.7=シンガポール
九州地方47.9=ベルギー
関西地方89.9=韓国
関東194.2=イタリア(世界第6位と同等)
見て頂くと理解できると思いますが日本は本当に
優れた凄い国なのです。
世界の歴史に置いても敗戦国が僅か60年程度で
これほどまでに成長した国はありません。
現在、その日本を追い抜こうとしている中国もまた、
これまでの日本に学び、政府主導で成長しております。

あの最高景気と言われたバブル期よりも現在の
日本は遥かに優れた数字を叩き出している。

なのになぜ。

夢を持てない国になってしまったのでしょうか。
1
タグ: 日本経済 景気

2010/3/2

ちょっと私ごとですが。  
高校に通っている娘のバイトがやっと決まりました。
くるくる寿司やラーメン店と何度も落とされ、ようやく
コンビニに決まりました。
探している最中は私もネット必死で見て回りましたが
私の所は田舎のせいもありますが、今は求人が本当に
少ないことを知り、改めて驚かされました。

今から30年ほど前。高校生だった私は部活動もしており
腰を据えて働くことが出来ませんでしたから、
いつも早朝早くに労働者の集る場所で日雇い現場の仕事を
探しに行っておりました。
行けば大抵、仕事にありつけていました。
労働の殆どは力仕事でしたが、当時は運動部員でしたから、
むしろ体を動かすのが好きでしたから好きでやっていました。
日当は6,000円から多い時は7,000円もありました。
そこから仲介する人達がピンハネする訳ですから、
実際には10,000円近い人足代だったのではと推測します。
やっていた仕事も色々で、型枠についてコンクリートの
剥がしや、酷いのではコンモリと詰まれた土砂の山を
ただ平に均せと言うもの。それもスコップで…
トラクターでも使えばイチコロなのに何で!? まぁ今、
考えれば当時の公共工事は決めた予算に合わせて、じゃぶ
じゃぶと、資材と人をつぎ込んでいたのかと言うことですね。

そして、楽しくともチョッピリ辛い仕事もありました。
これは好んで一週間ほど通よった港での仕事です。
船から荷揚げされた缶詰を検査する仕事で、検査員は
熟練したオバちゃん達です。それも皆、良い年の本当に
おばちゃん達で、でも私達には本当に優しくって
「明日も来なよっ!」て、いつも笑顔で、そんな缶を
私達は沢山運ぶのですが、運動だと思えば苦にならなくって
ただ、この仕事を仲介してくれた方は私達にいつも言います。
「絶対、お前たちの賃金を言うな!ここで働いている
おばちゃん達はお前たちよりズッと低いから…」
それを思うと今でも申し訳なくって、あの、日に焼けた
笑顔が今でも忘れられなくって・・・

今、娘はコンビニで人生最初の「仕事」を経験して
おります。 私は考えます。 働くと言うことはただ、
お金を稼ぐと言うことだけではなく、人との繋がりを
感じ、そして自分自身の存在を確認することだと。

最近、なぜか私はコンビニの店員に凄ご〜く優しいです(笑)
どんな仕事でも、誰も楽して選んではいません。
不慣れと知りながら、向いてないと考えながらも皆、
一生懸命です。(だと思っています)それに接する人が
ちょっと笑顔を見せてあげるだけで、その人は明日は
もっと頑張れると思います。
1
タグ: バイト


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ