2009/1/31

これまでの記事で見えてくることは・・・  
昨年度の住宅着工実績は建築確認申請問題以前の実績に到達することは
無かった。そして現在の世界不況に突入、国内の景気にも大きな打撃が
予測されている。現在、米国を中心に経済の建て直しが急がれている。
そのパートナーとして期待されているのが日本と中国であり、この
3国はビジネス面でも競争力を高めるのが狙いだ。
キーワードは共に内需拡大と共に新エネルギーの開発こそが次世代の
条件と明言している。これらには各国政府も開発支援を発表しており、
建設業界も意欲的だ。
日本では2015年度までには住宅の40%にソーラーシステム導入する等、
具代的な数値予想も合せて発表されている。
小売業ではイトーヨーカドーやイオングループが店舗の2割強を改装し、
低価格量販店の拡充を計画。 また、ハウスメーカーでは大和が
自社開発の電池を駆使した新型住宅の開発に専念。セキスイは昨年度も
好調だったリフォーム事業を賃貸住宅分野の投入し競争力を付ける
考えで、「ゆとり・生活空間」が、これからのキーワードとなりそうだ。
他社も同様の動きを見せ、今後は価格ではなく、付加価値が競争力だと
見据えいる気配が伺える。
何れも、経済悪化の現況となった金融崩壊がオバマ氏による新たな
金融規制による正常化によって、一気に回復することを期待している。
ただし、ロシア・インドなど金融バブルによって多大な損失を出した
各国の情勢も問題視されており、世界は経済戦争の渦中にある。
1月末に起こった「かにカゴ漁船の拿捕」やサハリンでの会談も
「取り残されたくない」ロシア側の意志が見え隠れする。
今後の日本は次世代エネルギーを確保し、それを世界マーケットに
乗せる戦略があり、自動車輸出を含め新たな公共開発に位置付けたい
ようだ。その心中には原点回避もあるよで、水産&林業&農業そして
建設が雇用と内需拡大の柱と見られている。
バプル、そして崩壊の何れをも経験した日本が今こそ、その進化を
見せる時であり、各業界からのニューウエーブ(新しい波)が
期待される。


1

2009/1/31

林業復活に期待!  気になる記事
高齢化、後継者不足でますます林業従事者が減少する中、国は事態を
改善するため96年春に「林業労働力の確保の促進に関する法律」を
制定し、各都道府県ごとに「林業労働力確保支援センター」を設置
することを定めた。 日本の林業は歴史が古く、在来工法ではその
主役と言っても過言ではなかったが、輸入が拡大すると伐採率が
減少、山への影響も心配されていたが、今回の措置で予想を変える
応募者が殺到しており、業界は意気揚々と期待している。
国産木材が多く出荷されれば価格も安定する。また環境面でも山の
復活が期待されるし、国内の木工加工業界へも活力となる。
また、あまり知られていないが天然砥石の採取にはこれら林業の
方々が山登りの片手間で行われており、昨今の減少は林業の衰退に
よるもので、林業の復活は建設業界にとっても期待大となりそうだ。
0
タグ: 建設 職人 技能

2009/1/31

次世代エネルギー「振動発電」登場。  気になる記事
音力発電(神奈川県藤沢市、代表速水浩平)によって開発された
「振動発電」が次世代エネルギーとして注目を集めている。
これは人の歩行や自動車などからの振動を電気エネルギーに
変えるもので現在はまだ実験段階ではあるが12月5日から
JR渋谷駅前で「発電床」の実証実験が始められた。
2011年までに発電床4000基を設置する計画。
同駅前再開発に合わせて設置場所を拡大し、将来は同区の電力
消費量の1%の電力供給を目指す。また、首都高速でも試み
として【首都高五色桜大橋】では現在「振動発電」によりライト
アップが行われている。人の歩行に対し、自動車による振動発電は
大きく、研究開発が進めば首都高速全線に取り付けるだけで
東京都の電力を確保するのも夢ではないとしている。
建設大手各社もこの研究に注目しており「振動発電」の更なる
利用方法を研究調査している。
クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 建設 職人 技能

2009/1/17

親父の弁当  いい話
故・樋口清之教授(國學院大學)の随筆に戦前の家庭の姿、親子の生き様を
語った一説があります。それは彼の友人で、よく貧乏に耐えて勉学に
ひたむきに努めた人のお話でした。
「なぜ、そんなに頑張れるのか」樋口氏がその友人に尋ねると彼はその
動機を「おやじの弁当」だという。ある日のこと、父の弁当と取り違えて
学校へ持っていってしまった。彼曰く、「おやじの弁当」は軽く、俺の
弁当は重かった。おやじの弁当箱はご飯が半分で、自分のにはいっぱい
入っており、「おやじの弁当」のおかずは味噌がご飯のうえに載せてあった
だけなのに、自分のにはメザシが入っていたことを、間違えて始めて知った。
父子の弁当の内容を知っている両親は一切黙して語らず。
肉体労働をしている親が子どもの分量の半分で、おかずの無い弁当を
持ってゆく。これを知った瞬間、「子を思う親の真情(愛情)」が分かり、
胸つまり、涙あふれ、その弁当は食べられなかった。
その感動が涙になり、両親を裏切るまいと心に誓った。』と言う。
今の時代では「こんなにもして上げてるのに」と恩義を着せる親たちが
多くなった。子は親の背を見ています。
言葉に出さなくても頑張っている姿はきっと届いているはずです。
                        月刊誌「致知」新年号
4

2009/1/14

■「住宅着工、いずれ80万戸まで減る」大和ハウス会長  気になる記事
■2008年度の着工戸数は約40年ぶりの低水準となった100万戸。
今後は更に80万戸まで落ち込むとだろうと予測するのがプレハブ
建築協会 会長である現大和ハウス会長 樋口氏。近く実現する見込みの
住宅ローン減税だけでは冷え切った消費者の購買意欲を戻すには
まだまだ力不足と言う。 一方、住宅メーカーは「コスカットだけが
経営手腕ではない。」今後は開発中の太陽電池やリチウムイオン電池を
組合せ省エネ型住宅など「消費者の望む商品が需要を作る」と強調。
「知恵を出し売上の確保、社員の雇用も守りたい」と力を込めた。
                 2009年1月14日 日本経済新聞
0
タグ: 建設 職人 技能


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ