2019/1/31

久住親方の功績  
2019年、現在の左官業界は30代から40代が中心となり
大きくけん引している。その活躍は地域や枠に捕らわれず多彩
である。ほんの20年ほど前ならバブル期を経験したベテラン
職人が現場をリードしていたが、どうしても
「あの頃は良かった」と後ろ向きな思考になりがちだったが、
そんな左官業界に一石を投じたのが久住親方の考えだった。

それは「左官の技を後世に残す」「左官道具を復活させる」
そして「左官材料を絶やさない」そんな無謀とも言える
大きな思いは多くの左官職人を動かした。

運よく久住親方同様、昭和の高度成長期に置いても本来の
左官業のみで活躍し続けた親方衆を大勢残っていたので、
その活動は勉強会として全国各地で開催されるようになった。

当時は若かった者達も、あれから20年の年月を重ね
また、名人親方衆達も70代となり、久住親方の願いは
実りを見せ始めている。

若い世代はそこに新たな色や技術を取り込み、左官を更に
進化させて行くことだろう。

それは単に文化財や限られた現場だけではなく、公共の場や
店舗、ホテル、住居など幅広く活躍して行くことだろう。

そして親方衆のように、また新たな世代を育てて欲しい。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ