2013/12/25

見る目を養うことも重要です。  左官鏝
先ごろ、大手有名ホテルやレストランでのメニュー偽装が
話題となった。その少し前は食品偽造で、幾つもの卸売業
などが、倒産や廃業と言う運命を辿っているのに、私達に
すれば「又しても」と言う思いです。

しかし、そこには「嘘を見抜けない消費者の目」と、「だ
ませると確信を持った作り手」の思惑が伺い知れる。

そう言う私も、この秋「マッタケが豊作で価格が下落」の
ニュースに踊らされ、5個500円で買い、喜んで炭火
まで起こして食したが喰えたものではなかった(泣)

先日、ある左官職人と話す機会があった。

「忙しいですか。」
「そうですね、ようやくと言う感じですね。」
「でも人手が心配でしょう。」
「うん、でも最近の現場はあまりにも注文が付かないんだ」
「こんな現場ばかりじゃ、職人の腕もなかなか上がら
 ないと思うから、そっちの方が心配だな。」

彼が言いたいのは昨今の現場では工務店や設計氏、
施主に至るまで細かな注文付けてこなくなったと言う
ことです。
「ここは左官仕事で白色で…」と、こんな感じだそうだ。

そして、それは注文を付けないのではなく、
求める理想像、つまり手本となる本物を知らないに
過ぎないというのが図り知れる。

道具もしかりと言える。
若い世代には確実にホームセンターで道具を物色する
傾向は多くなってきているのではないだろうか。

昔ながらの金物店で、道具への知識を語りながら物を
選んでいたのがむしろ過去の話なのかも知れない。

大手工場のラインに乗り、主婦のパートさんによって
仕上げられる「左官鏝」。

使い込むことに一切、縁のない鏝。

しかし、それに慣れれば、鏝一丁の価格相場も自然と
それが基準になってしまっている。

色々な所で見る目を養うことが本当に今は重要だと思う。
3

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ