当ブログサイトの記事・画像、及び映像コンテンツの著作権は、 【『鳥類』/ Sei SHIBATA】に帰属しています。 許可無く当ブログの記事・画像の複製・転用、無断掲載、 映像のコピー、上映・配信等の使用行為は禁止しております。 まずは、 ◇『鳥類』E-mail/Bardbone@aol.com  サイト管理人:柴田 誠 まで、ご連絡ください。 Copyright (C)『鳥類』/ Sei SHIBATA .All Rights Reserved

2007/1/31

2006.12/31:[THE ROAD TO SOMEWHERE]  2006年
今年も終わり。
不思議な実感。
確かにこの一年はあった。
沢山の変化と進展のあった年だ。
色々なことの"実現"を見た。
それは、その前までの人生がつながっていることの証明だった。
だのに今日を向かえてみると、扱く、呆気ない。
当たり前の様に。
急に、この大晦日になったみたいだ。
去年はというと、自分の生活が大きく変化したこともあって、
「これから」という不確定な期待と緊張があった。
それがいまも続いてる。
そのことが原因かもしれない。
そう、「なにも終わってない」。

[THE ROAD TO SOMEWHERE]
『ハダカの城』の英語タイトル。
いろんな解釈のできる言葉。
0

2007/1/8

2006.12/17:なんとなれば。  2006年
はぁ、今年は"ならないっ!"と意気込んでたのに、
どうやら風邪らしい。(ー_ー)
※"ノロ"ではない、多分。

一昨日、西宮冷蔵に伺った。
スタッフのひとりが、めでたく結婚されるということで、
"お祝い"と"忘年会"をかねての宴に僕も招待された。
色々あった一年だっただけに、この年の瀬のニュースは嬉しかった。
この日も結局、朝まで社長を杯を交わし、
※今回はワインでしたが。(^^;)
仮眠をとっただけで仕事に向かった。

今日は、この不摂生がたたってか、
※間違いないな。。。
目が覚めたら喉が痛かった。
昼過ぎから悪寒がして、うたた寝のつもりが寝込んでしまった。

明日から年末まで作業で、来年の動きが決まる。
タイトなのは分かってる。
ちゃんと優先順位を決めなきゃ。
あぁ、しかし貧乏だなぁ。
※精神的には、かなり贅沢で豊かな生活であると思うが。
0

2007/1/8

2006.11/29:『ハダカの城』公開準備  2006年
『ハダカの城』公開が、本格始動する。
取り合えず、来年2月の初旬、1日だけの単発上映だが有料公開する。
年内に具体的な準備をして、年明け、フライヤーなどの告知物を、
在阪の映画館、ギャラリー、イベント施設に配布。
いよいよ"露出"する。

上映プロデューサーをお願いした卒業生が、
僕のことを「監督っ!」と呼ぶのに、いまいち慣れない。(^^;)

さぁ、色々、待ってるぞ。
0

2006/9/7

2006.8/7:夏の記憶  2006年
「体験入学」月間の中休み。
7/17以来のまともな休日。
だのに、夕べの熱帯夜と、向かいの公園では朝からセミの大合唱で、
全く落ち着かず。。。(=_=)
カミさんは、写真撮影の仕事で早朝から出掛けてしまって、
普段、昼間自宅に居ない自分は、所作がない。
洗濯物をして、パソコンに向かって諸々のデータをまとめて、
昼寝して、遅い昼食して、
やっとこさ自分の作業に入ったのは日暮れ時だった。
ダメだね。のんびりできる日は"ノンビリ"してしまって。
なにも進まない。

一昨日の『淀川花火大会』の日は、家路までがスンゴイ人出なので、
花火に背を向けて"ビール"と"焼トウモロコシ"を食す。
トウモロコシが甘い。美味い。
で、屋台で売ってる食べ物の価格レートを調べてみた。※早く帰りなさい。
花火会場である「淀川堤防」の近くの屋台では、
とにかく"焼きそば""カラアゲ""イカ焼き"などの食べ物も、
"ビール""酎ハイ"の酒類も「一律500円」なのだ。
でも、少し最寄り駅側に戻ると、
「350円」や「250円」くらいで美味いモンは食えて、
"ビール"は「250円」"発泡酒"は「150円」で売ってる。
うむむむ。。。(+_+)
んで、駅前ロータリーの縁に座り込んで、
夏の風物詩の「音」を聞きながら、美味いモンに乾杯。

昨日、8/6は「原爆の日」。
世界のどこかでは空爆があって、テロがあって、
日本のどこかでも事件があって、不幸があって、
メディアは手の届く"身内の世話"で手一杯だ。
僕自身はと言えば、なにも出来ない。
半分が本音で、半分が諦め。
半分が自覚で、半分は運動。
そして、「大義」としてあった欲求と望みは、
実は誤魔化しだったのではないかと不安になった。
まだ夢を見ているのだろうか。。。

『ハダカの城』は、具体的に進展出来てない。
この休日を挟んで仕上げるつもりだったのだが。
"ものをつくる"ことの高さと深さに、いま立ち尽くしている。
特にドキュメンタリーとは、「いのちをとる」仕事であると実感した。
僕は楽観的だ。鈍感で諦めが早い。つまりいい加減である。
そんな岐路でさえ、「普通ないよな」と特別視しようとする。
称賛されれば煙たがり、否定されれば疎んじる。

向き合わねば。
0

2006/9/7

2006.7/31:7/26(水)陸橋ゲリラ生レコーディング    2006年
バタバタしてて、ゆっくりインプレッションできないので、
取り急ぎ、"現場画像"っす。(^-^)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

とにかく凄かった。

久々の休日な為、一挙に作業。
この収録後、休む間もなく、一路「西冷」へ。
"完全版"MA作業の為に、倉庫の音ロケ。

なにかの節目だったのか、色んなコトが噛み合わさってゆく反動に、
自分の姿勢が問われる様になった。
『ハダカの城』とは、なんの映画なのだろうか。。。?
0

2006/9/7

2006.7/20:決行っ!  2006年
いよいよ一週間後。
2006.7/26(水)、14:00pm〜
「大阪・梅田、曾根崎陸橋」
"僕らの上には空だけ"
0

2006/9/7

2006.7/22:Above us only Sky   2006年
『ハダカの城(完全版)』エンディング曲のレコーディングを、
7/26(水)14:00pmより、
「大阪・梅田 曾根崎陸橋」で"路上ゲリラ・生ライヴ"でやりますっ!
※雨天中止。みんな"てるてる坊主"作ってぇ!!!

アコギ、オカリナ、ウッドベース、そしてパーカッションの編成。
たぶん、2パターン、数テイクやって"録り逃げ"(^_^:)
かろやかに、力強く。
夏の空に、なにか宣言できれば良いな。。。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ