当ブログサイトの記事・画像、及び映像コンテンツの著作権は、 【『鳥類』/ Sei SHIBATA】に帰属しています。 許可無く当ブログの記事・画像の複製・転用、無断掲載、 映像のコピー、上映・配信等の使用行為は禁止しております。 まずは、 ◇『鳥類』E-mail/Bardbone@aol.com  サイト管理人:柴田 誠 まで、ご連絡ください。 Copyright (C)『鳥類』/ Sei SHIBATA .All Rights Reserved

 

【急告!】『ハダカの城』の上映会が、大阪で開催されます!  
クリックすると元のサイズで表示します

『ハダカの城』チャリティ上映会〜西宮冷蔵を救え!〜
日時:2014年6月21日(土)、22日(日)
   各日二回(午後3時〜と午後6時〜)入替制(定員各回24名)
   各回上映後、西宮冷蔵・水谷洋一社長 舞台挨拶有り
場所:「討論Bar"シチズン"」http://bar-citizen.jimdo.com/
   地下鉄堺筋線「恵美須町駅」1-B西出口より南に徒歩1分☆
   〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5丁目14-20 越前ビル1F
   TEL:06-6537-7672(留守時:090-9875-7157 西岡まで)
料金:お一人さま¥1,000(ワンドリンク付き)
   ※入場料収入の50%を西宮冷蔵に寄附
ーーーーーーーーーー
間もなく創業80周年を迎える「西宮冷蔵」。
2002年、BSE問題に端を発した
「雪印・牛肉偽装詐欺事件」の内部告発。
その後、同業者の相次ぐ撤退による廃業。
しかし、全国からのカンパ、支援者の協力を経て、
2004年に奇跡の“復活”、営業再開。
あれから、10年・・・・。
その西宮冷蔵が、再び“不正の目”に対抗したために、
廃業の危機に追い込まれています。

ドキュメンタリー映画『ハダカの城』は、
前回の内部告発から廃業、
電気も止められた倉庫での生活から、
2004年の営業再開の瞬間を捉えた作品です。

いま一度、
皆さんに勇気を持って立ち上がってもらうために、
戦い続ける「西宮冷蔵」の姿を見ていただきたい。
9

 

【お願い】西宮冷蔵・水谷洋一社長への講演等の依頼について  
このサイトは、ドキュメント映画『ハダカの城』に関してのみ対応しております。
西宮冷蔵・水谷洋一社長への講演等は、直接、『西宮冷蔵』へお問い合わせください。
◇〒662−0934
 兵庫県西宮市西宮浜3−11−2
 TEL/0798−35−1234(代表)
 FAX/0798−35−1237
 担当:西宮冷蔵株式会社 専務・水谷甲太郎


西宮冷蔵の近況については、下記サイトでもお知らせしてます。
◇Yahoo!ブログ - 雪印の偽装牛肉告発! 西宮冷蔵の日記
 http://blogs.yahoo.co.jp/nishinomiyareizou
4

2011/3/20

いまは、なにもできない。しかし、、、  
一週間経った。。。

−−−−−−−−−−
なにもできない。
なにかをせざるを得ない気持ちはあるが、
いまはなにもできない。

痛みは共有出来ない。
不安は受容出来ない。
恐怖は理解出来ない。

僕は力も知識も権威も無い。

だから、いまは、【これから】とちゃんと関わる準備をする。
精神的に、行動的に、人間的に。
出来ない言い訳に焦って、混乱に荷担してしまわない様に。

自分の目と耳で感じたことを信じるしかない。
自分の声と言葉が導くものを信じるだけだ。
そして、手で触れることが出来るものが事実だ。
そして、それが要求してくるものが真実だ。

その全部が、現実だ。
起こってしまった。
始まってしまった。

待とう。
正しい、正確な、本当の現実が、もう少し確かに判るまで。
絶望を避けるにはなにもかもが遅すぎたのだし、
希望はそれでもこれから始まるのだから。
見失いそうな、弱く、小さな、現実を諦めず見つけること。

僕の仕事をしよう。

−−−−−−−−−−
『ハダカの城』、西宮冷蔵の物語には、
1995年1月17日に起こった「阪神淡路大震災」も大きく関係している。
水谷洋一社長の内部告発が報道された当時、
震災と「雪印」との関わりについては全く触れられていなかった。
その、“人”の過ちを犯す弱さと、正義を求める強さに惹かれ、
この作品に取り組んだ。

今度の災害には、抱えようのない絶望が在る。
だけど、絶対に立ち上がる。
そこに“人”がまたつくる物語がある筈だ。
いまは、なにもできない。
でも、絶対に諦めない。
「西宮冷蔵」と水谷社長、
そしてこの復活再建を父親と共に闘った、
長男・専務 水谷甲太郎さんの懸命な姿がまだ此処に在る。

その事実を希望にして、僕もこの時代から目を逸らさないでいよう。
まけないで、東北。がんばるんだ、日本。がんばろう、みんな。

"悩みごとや悲しみは最初からあるが、喜びはだれかが作らなければならない"
◎エラ・ウィーラー・ウィルコクス「ソリチュード(孤独)」を引用しての
 井上ひさし「朝日賞・大佛次郎賞」受賞でのスピーチより。

柴田 誠
4

2009/11/14

告発の行方  
・逃走中市橋容疑者雇い、仕事逃げた…大阪の建設会社 通報があだ(スポーツ報知)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091114-00000037-sph-soci

整形手術までして逃走中の容疑者を雇っていた建設会社が、
その容疑者を警察へ通報後、容疑者が勤めていたことが知られるようになり、
取引先数社から契約を打ち切られ、取引中止に追い込まれたという。
ただ、建設会社社長はこういった状況になる可能性の危惧はあったが、
社員と話し合った結果、通報を決断した。
その際、昨夏放送されたNHK特番「たったひとりの反乱」で紹介された
水谷社長と西宮冷蔵の姿が「印象にあった」という。
12日に放送された、フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」も見たという建設会社社長は、
「全然、後悔していない。建設業界自体も厳しい環境にあるが、頑張ります」と力強く笑った。


−−−−−−−−
時が動いているのをあまりにも目の当たりにして、僕自身が驚いている。
西冷が"いま在ること"がなにかを確かに生んでいる。
21

2009/4/2

【追記:お詫び】「特別支援限定版DVD」の発売延期について  
先日お伝えしました
【特別支援限定版DVD】の2009年5月初旬から販売の件ですが、
一旦、見直すこととなりました。

この時世、いままた西宮冷蔵は経営難のため、ピンチをむかえております。
なんとか支援の材料にと、今回、DVD制作を考えたのですが、
水谷洋一社長から、
「『ハダカの城』で商売をしてしまうのは、本当に最後の時にしたい。
 もうすこし他の方法で頑張ってみるので、どうせならキッチリしたものを作りましょう」

と、お話がありました。
DVD化に際しては、「映画本編」と「予告編」の他にも、
「特典映像」、「日本語字幕」と「英語字幕」の添付も考えております。
自分が多忙のため、これらの作業をいっぺんに処理するのが難しく、
もう少しお時間をいただくことにします。

製品が出来ましたら、まず当サイトでお知らせします。
告知したばかりでの変更で、申し訳ありませんでした。

−−−−−−−−−−
昨年末の広島公開のレポートから、久々の告知なってしまいました。
※しかも、今年はじめてのログですね。すみません。

この不況のなか、西宮冷蔵は、現在、財政難により再び解散の危機に直面しています。
水谷社長は、早ければこの4月半ばにも、
"大阪・梅田 曾根崎陸橋"での露店を再開されます。

西宮冷蔵の闘いを綴った書籍も、この度、新たに改訂新装版が出来ました。
一般書店・下記サイトからも入手出来ますが、
是非、陸橋で水谷社長から、直接、お買い求めくだされば嬉しいです。
1,書籍『正義は我にあり 西宮冷蔵・水谷洋一の闘い』
クリックすると元のサイズで表示します
 http://www.atworx.co.jp/works/pub/29.html
◇「アットワークス出版」HP http://www.atworx.co.jp/index.html
◇ロシナンテ社編集部 http://www9.big.or.jp/~musub/index.html

2,『西宮冷蔵 たったひとりの反乱』
クリックすると元のサイズで表示します
◇「鹿砦社」HP http://www.rokusaisha.com/

で、これまたNEWバージョンの【"負けへんで!"Tシャツ】等も準備しています。
詳細が決まり次第、このサイトでも発表いたします。
【西宮冷蔵】活動支援のため、共に"負けへんで!"の旗印を掲げ闘うために、
お求め頂けたら幸いです。

これからも、『ハダカの城』、西宮冷蔵の活動を応援くださればありがたいです。
よろしくお願い致します。

『ハダカの城』監督 柴田誠
5

2008/3/18

【急告】西宮冷蔵から緊急支援のお願い  
〈2008.2.18、記〉
今日、水谷社長から連絡があり、【西宮冷蔵】が、今またピンチです。

年末より減少してきた入荷の影響で、月額の固定費が賄えなくなってきています。
この“入荷の減少”は、昨年、同様の“食品偽装告発”が発覚した時期と重なります。
現在、西宮冷蔵が扱っているのは野菜類や水産がほとんどで、
ここに来てあの“冷蔵ギョーザ問題”で冷凍食品の減少です。
依然、食肉畜産の扱いはゼロ。告発した会社を煙たがる、業界の体質が伺えます。

このままだと、再度、「送電停止」「休業」の可能性があります。
実はもう、“カンパ”ではなく“融資”での支援を募って居られます。
これはきちんとした“商売”の関係で働きたいとの思いからです。
反して、業界からは、支援も支持もありません。

この点は、誤解があるといけないので補足します。
“現場レベルの支援”は本当に沢山あります。
前回の廃業時に、実は真っ先に応援したのは「雪印食品の組合」でした。
「自分たちの会社が解体になったのは、不正をしたからだ。
 しかし、【西宮冷蔵】までが道連れになるのは合点がいかない」

と言われたそうです。
水谷社長をここまで奮い立たせたものが何か?
僕が、『ハダカの城』が見ることが出来たかは判りません。
社長には味方が大勢居られます。
でも、組織で、会社で、支援頂いてるのは僅かです。
なぜか?
何故か?

僕は【第二部】の制作を始めます。

−−−−−−−−−−
「雪印の偽装牛肉告発! 西宮冷蔵の日記 - Yahoo!ブログ」
で、緊急支援のお願いを告知されています。
ここにリンクしておきます。見てください。
・西宮冷蔵から緊急支援のお願い
 http://blogs.yahoo.co.jp/nishinomiyareizou/53151112.html

また、カンパではなく、
「再建救済貸し付け基金」についてもお願いされています。
“1口30万円”からとなりますが、何卒、志ある企業、経営者の方は、
まずは必ず、下記にご連絡ください。
連絡先:0798−35−1234
FAX:0798−35−1237
担当:水谷甲太郎
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ