当ブログサイトの記事・画像、及び映像コンテンツの著作権は、 【『鳥類』/ Sei SHIBATA】に帰属しています。 許可無く当ブログの記事・画像の複製・転用、無断掲載、 映像のコピー、上映・配信等の使用行為は禁止しております。 まずは、 ◇『鳥類』E-mail/Bardbone@aol.com  サイト管理人:柴田 誠 まで、ご連絡ください。 Copyright (C)『鳥類』/ Sei SHIBATA .All Rights Reserved

2007/5/12

2007.5/1(火):中日新聞 夕刊  メディア告知・掲載ログ
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/5/1

2007.4.22:『ハダカの城』千葉・松戸市上映会  上映レポート
4/22(日)の千葉・松戸市での『ハダカの城』上映会のレポートです。
日帰りトンボ帰りの慌ただしい一日でしたが、得たものは大きかったです。
会場の「松戸・森のホール21 大ホール(http://www.morinohall21.com)」は、
"2000人収容"の立派なホールで、
この作品を上映させてもらうには、些か申し訳ない気も。。。(^^;)
画像は、本番は僕が「舞台挨拶」をしてるので、ありません。(+_+)

クリックすると元のサイズで表示します
ホール全景です。
クリックすると元のサイズで表示します
受付前の入り口です。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、"大ホール"内。スクリーンに向かって。
クリックすると元のサイズで表示します
観客席側です。

この日は、上映会を主催してくださった企業の毎年恒例の「映画の会」があり、
『ハダカの城』は、『子きづねヘレン』と、
『チャーリーとチョコレート工場』の間にプログラムされておりました。
しかし、『ハダカの城』は、この恒例イベントとは別に、
“特別プログラム”として扱っていただき、参加申し込みくださった方の層は、
まったく判らない状態でした。
結局、入場者は"約250名"と、会場のキャパに対しては少なかったのですが、
来てくださったお客様の反応は良かった。
僕は、上映の最初と最後に舞台挨拶をしたのですが、頭の中はもう真っ白でした。(*_*)
それでも、終了後のロビーでは、色んな方とお話する機会があり、刺激を受けました。
嬉しいのは、今回の上映会の告知は、
松戸市内だけに、4/1の“新聞折込チラシのみ”で行われました。
その日のチラシを見てない人には、なんの情報も無いのです。
無料上映だったとは云え、全くの無名映画。
よってこの参加人数は、本当にこの事件のことを覚えていて、
興味を持って頂いたからでした。
この数字は、ハッキリ言って励みです。
それだけに、この反応は嬉しいです。
主催していただいた企業の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
その後、会場でお話できた方々から、感想や応援のご連絡をいただきました。
ありがとうございます。

合わせて、東京での劇場公開も実現しそうです。
いよいよ本腰で動かなきゃ。┗(^-^)┛
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ