当ブログサイトの記事・画像、及び映像コンテンツの著作権は、 【『鳥類』/ Sei SHIBATA】に帰属しています。 許可無く当ブログの記事・画像の複製・転用、無断掲載、 映像のコピー、上映・配信等の使用行為は禁止しております。 まずは、 ◇『鳥類』E-mail/Bardbone@aol.com  サイト管理人:柴田 誠 まで、ご連絡ください。 Copyright (C)『鳥類』/ Sei SHIBATA .All Rights Reserved

2007/11/18

東京公開から一週間。。。  2007年
『ハダカの城』東京公開から一週間経ちました。
公開中は、ほんとに沢山のメディアにご紹介いただいた。
 http://diary.jp.aol.com/applet/bardbone/msgcate9/archive

初日の朝にオンエアのあったラジオ番組のログがあります。
・下村健一の「眼のツケドコロ」
 ■雪印を告発した倉庫会社社長の、ドキュメンタリー映画始まる

 http://tbs954.cocolog-nifty.com/eye/2007/10/post_1db4.html

他にも、FMラジオ番組が二つ、TVも二番組で紹介してもらった。
期せずしてタイムリーな扱いとなった。
"食の安全"と"内部告発"の問題からこの作品は捉えられているが、
僕はまだ戸惑っている。

見た方の反応は様々だが、
この作品に取り組んだ"自分"が何処に居たか、分かった気がする。
僕は、一度も水谷社長に「なぜ告発をしたか?」を尋ねていない。
それは"わからない"し、"わかる"からだ。
『ハダカの城』という仕事は、僕自身、捉えきれないものがあった。
興行として劇場に上げた映画にも関わらず、
構成や編集や、「伝えること」といった映画構造を投げ出した。
この問題を早く世に出すことを、問うことを選択したくせにだ。
完成直前、この作品が自分の前にあることを狼狽えた。
そして、それが自惚れであることも、身勝手あることも。
これは【個人映画】だった。
だから、切り捨てたものは多い。誤魔化したとも言える。
その上で、『ハダカの城』にシンパシーを感じてくれる方は、
自分が水谷社長と「同じ立場だったら」と考える。
自分も「おっさんなんだ」と、「親父なんだ」、「どうするんだ」と。
この映画を構造や情報の面で批評されない。
そして、“わかる”のに“わからない”。
水谷社長自身を批評することは、無論、不可能だ。
「実行者」にならない限り、どんなに社会通俗的なルールや、
持論と照らしても、それはシュミレーションにすらならない。
「怒り」を知性で解析することは容易でない。
ただ、共有は在る。
僕の戸惑いは、その「怒り」を共有できたか、
今更、混乱しているからだ。

"ドロっ"とした「怒り」がずっとあるのだ。
慎重に居たい。「苛立ち」と「怒り」は異なる。

−−−−−−−−−−
来春2月の大阪公開に向けて準備が始まった。
またしばらく、落ち着かない。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ