犬と暮らせば

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:春うまれ
病院選びは、本当に難しいですね〜!

大地の時に、つくづく思いました。
お世話になった先生は、親身になって手を尽くしてくれたのですが、やはり、今でも??と思える事がありました。

今の子達は、少し遠いのですが、違う病院に行っています。
先生との信頼関係を築くのは、そう簡単じゃ無いですね。

とにかく、ひなちゃんが早く退院出来ますように!

http://springiland.blog100.fc2.com/
投稿者:みっち
あそこはね〜受付の愛想のなさは私も常々感じていました。
でも担当の先生は親身ですごく信頼しているのでスタッフの事は目を瞑っています。
私個人の意見ですが、先生への信頼が病院選びでは大事だと思います。
ゆかさんが今の先生やスタッフへの信頼ができないのならセカンドオピニオンも考えた方がいいかも。
ただ今の状態で病院を変更すると、ひなちゃんの負担が増えてしまうのではと心配です。
再検査や新しい施設に馴染むのに時間がかかるし、次の病院の先生やスタッフがいい人(犬にとってという意味で)とは限らないし・・・
もう少し様子を見てからの方がいいと思います。

投稿者:ocharumaru
うちのときはね、生命の危機を脱したらもう即連れて帰ってくださいでしたよ。

たぶんこちらの懐具合を心配してくれてのこともあるみたいだけど、やっぱり病院にいるより家で介抱したほうがよくなるって先生がおっしゃって・・・。

鼻からチューブ入れて流動食とお薬を鼻から入れる方法を教わって、いざというときのためにでっかい酸素ボンベ持たされて。

まぁ病気が違うからなんとも言えませんが。
いますぐどうこうという状態じゃないなら、思いきって転院も考えてみるとかもひとつの手じゃないかなと思います。

投稿者:ちゃぴ母
私もね、勝手に私が思う事なんだけれど、お見舞いって、人間だけの感覚というか、習慣だと思います。
犬にとっては「お見舞いに来てくれてうれしい」なんて感情は無いと思います。
ただただ、「ゆかさんに会えて凄くうれしい。」って感情に近いのではないかな?
だから、会った瞬間はそんな気持ちだけれど、また離れ離れは、やぱりシュンとなってしまうと思います。
犬って順応性は高いと思うので、今いる環境には慣れてはくれるでしょう。
でも、そんなスタッフがひなちゃんの面倒を、甲斐甲斐しくしていてくれてるとは、想像できませんよね。
ゆかさんが面会に行かなくても、安心して任せておける病院がベストだとは思いますが、これが一番難しいんですよね。
ひなちゃん自身は、絶対に帰りたいんだと思うのですが…
私の勝手な意見で、何のお役にも立てなくて、本当にごめんなさい。


http://plaza.rakuten.co.jp/chappy/
投稿者:犬白ママ
信頼できる先生と廻り会うのって 
難しいですよね〜
同じ病院内でも 先生によって意見が違っている!なんて事もあるし
ゆかさんが 不安(?)不満に感じていれば ひなちゃんにも ゆかさんの病院のスタッフへ感じてる気持ちが伝わってると思うんだけど(^^:
ひなちゃんの容態を考えると 連れ帰ってくるべきか 今のままか セカンドオピニオン・・・ 悩むところですね・・・。

http://k531.blog25.fc2.com/
投稿者:はるママ
ゆかさん、色んな事と戦ってますね。お疲れ様です。
すっごくがんばってるゆかさんの気持ち、状況、痛いほどわかります。
今の病院スタッフの対応はあまりにもいけてない!
これは確かだと思います。
わが子を預けているこちらの気持ちも察することができないなんて!
サービス業失格です!
そう、病院は、すごくデリケートなサービス業ですから!
私もはるの病院変えたんです。
一番初めに行っていたところは遠すぎて、急な時に対応できないだろうと思い、近くの病院に変えたのですが、そこが最悪!
看護師も医者も“超”無愛想。
始めは、「淡々と対応してくれるならいいのかな」とも思ったのですが、なにかピンと来なくて。
決定的だったのが、はるがお腹の調子を悪くして行ったときに、急性胃腸炎という診断で、吐き気止めの注射をうつってことになったのですが、はるはただでさえ避妊手術をして以来病院嫌いになって怖がっているのに、逃げ惑うはるに優しい言葉一つもかけずに注射を強行!
そのとき、はるは今まで聞いたこともないような悲鳴を上げました。
もう、私はびっくりして、はるに申し訳なくて。
そんなことがあり、病院を変えたいと思っていた矢先に、新しい病院ができて、即行行ってみると、なんとも優しい先生と看護師さん。
始めは例のごとく逃げ惑い、診察台などもってのほかだったはるが、3回目の受診のときに自分から診察台に乗ったのです。びっくり!
ワンもちゃんと見てるんですよね、対応を。
ひな姫、数値がよくなってきているのは事実だから、そこがゆかさんの迷いどころだと思いますが、
わが子に会うのにスタッフの対応が悪いから二の足を踏んでしまうような病院は考えたほうがいいかも。
ゆかさんが感じてること、ひなちゃんもきっと感じてると思います。
あっ、ひなちゃんの気持ち、ゆかさんに面会に来てもらって絶対嬉しいと私は思います。
だって、お母さんだもの。
ひなちゃんになったことがないので、私の勝手な想像ですが、でもね、でも、やっぱりゆかさんに会いたいと思います。
入院中だから一緒に帰れなくて寂しくなっちゃうのも事実だと思いますが、それでもゆかさんに会いたいと思う。
長々コメントすみません。
がんばって!ゆかさん!
投稿者:みど
あぁ、分かるねぇ。すんごく…

家の猫どもは普段、近所の病院に通っているんだけど、見てもらう先生は決まっているのね。
で、その先生の判断だったら、我が家はすごく信頼しているので従えるんだ。
我が家の飼い主としての感覚も分かってくれているし、我が家の生活パターンも大体知っていてくれているから。
実際、去年パトを見てもらっている時も、補液をする前に必ずパトの顔を覗き込んで目つきとかを確認してからすることを決めてくれていたよ。
猫たちを入院させていて電話をすると、食欲とかこちらから聞かなくても教えてくれたりね。
だからこそ信頼しているんだ。

でも、そのせいでその先生が休暇をとられているとすんごい困る。
他の先生だと、感覚の違う先生もいるから。

なので、一番、普段見てくれている先生と感覚の似ている先生を紹介してもらうんだけど…やっぱり信頼感はないよね。
もう、その先生にはハナが最初の病気になってからだから5年以上見てもらっているんだから当たり前だよねぇ。

あ、その先生曰く
「面会は、時間があるんだったら来てあげてください。
飼い主さんの顔を見ることが○○ちゃんにとっては一番なんですから。」
って言われたので、我が家は入院させると出来るだけお見舞いに行っていました。
投稿者:mi-goro
私も人間でも犬でも、医師(スタッフ)と家族が信頼関係で何でも相談できなかったら、ベストな治療はできないと思います。
ただ点滴その他で状態が良くなっているという事実があるから、ゆかさんも踏みとどまって居るんだと思いますが、家族が「出す!」というのを止められる医者はいないわけで、ここまでの経過や現在の数字や状況を書いてもらって(書いてくれなかったらメモして)、家に連れてくるか、他の獣医さんをあたってみるか(セカンドオピニオン)したほうが、ゆかさんの精神上もいいのではないでしょうか。
犬のきもちはハッキリわからないけれど、飼い主さんが信じる道を進むのが一番良いと思います。我が子のために良かれと思ってすることなんだから。
私はそう思います。
そんな仏頂面のスタッフに気を使わないといけない状況なんてひどいです。そんなスタッフがきちんとひなちゃんの世話ができるとは思えない、とゆかさんも考えているのでしょう。
言葉がきつくて申し訳ありません。でもそういう病気の子をかかえた家族の気持ちもわからない病院なんてブッブーだと思います。




http://peacefulblue.air-nifty.com/blog/
投稿者:犬やかん
もし、(飼い主が)違和感を覚えるのならセカンドオピニオンに賛成です。いま、うちがかかってる病院だったら……って考えたら、ちょっとその対応はありえないって思った。

うちもディーが病気になって、ずっとかかりつけだった病院の対応の悪さに不信感持って、その結果、いまのお医者さんとたまたま巡り会ったのですよ。犬の気持ちは、けっきょくのところわからないけど、お医者さん(+スタッフ)と飼い主の信頼関係って、やっぱり大事だと思う……

http://inunekoyashiki.blog53.fc2.com/
投稿者:がんちゃん
うーん。難しい。
ひとつの方法としては、外出許可をもらってセカンドオピニオンにかかるとか?

うちの先生は里心が着くから、面会はさせてくれないの。
そのかわり、ビデオを撮って見せてくれるのね。
獣医さん選びは本当に難しいですよね。

いつも、こういう時に思うのはわんこが話せたら良いのになぁ・・・って。

「あの看護師、注射がちょー下手くそでぇ・・・。感じ悪いしぃ〜優しくないの。」とか(笑)

「ごはんが、マズイ!」とか。

難しいですね。
ゆかさんファイト!


http://blog.livedoor.jp/ume_jirou/
1|2

こんな犬たちと暮らしています

犬と暮らせばHP(本館)へ
柴犬2頭、G.シェパード1頭、
MIX3頭の計6頭と
たまに預かりっ子も出現して
バタバタ暮らしています

【うちの子たち】
ゴン(柴犬・♂)

ボス犬
水泳とレトリーブが大好き
レトシーバーの異名あり

ユウ(ハウンド系mix?・♂)

ゴンが大好き 甘えん坊の次男坊
特技:早食い(-_-;)
2000年春にうちの子に 左前肢障害あるも、元気元気!
え?障害?というかたは→

ひな(柴犬・♀)

ほんわか、のほほんの王女様
無敵の甘え上手の末っ子気質
そのくせ、ゴンも舌を巻く
肝っ玉ガール

エバ(G・シェパード・♀)

超根アカのノー天気ガール
挨拶上手
ナメナメ攻撃で嫌がられる(-_-;)

琴(不思議なmix?・♀)

通称コトコト
2007年夏預かりっ子から家の子に
ちょいとシャイで食いしん坊
エバを母と慕う甘えん坊
運動神経は抜群のお転婆嬢

ケン(ターヴュレンmix?・♂)

2008年預かりっ子から家の子に
子犬の割りに落ち着きがあり
ちょっと大人びた子
ちょい気が強め

メールお待ちしています
dogs4★nifty.com
(★を@に変更してください)

【預かり日記】
一部掲載します
ナッツの預かりブログ
パトラッシュの預かりブログ
シェパ・レィディの預かりブログ
石垣子犬の預かりブログ
ケンの預かり日記
サチの預かりブログ
サチの2度目の募集の様子は
こちら
なつの預かり日記
過去にたどってみてください
すずの預かり日記
パルの預かり日記
ユウの病状経過記録ブログ
コトコトの健康記録ブログ
門脈シャントと診断されたコトコトの経過記録

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ