2008/2/22

あの時 2/22  振り返り日記

〜振り返り日記 2/22〜 2/20の続きです

検査の結果・・・子供は諦めるしかない
このままいくとmちゃんの体が持たないとの
判断になりました・・・。
だからと言って何の治療法がある訳でもありません。
子供が生まれようとするのを待つだけです。
それでも駄目なら誘発剤を投与する・・・。
しかし、それは最終手段だと言うことでした。
待ちました。子供達が生まれようとするのを・・・。
これまで、この子達は凄く頑張りました。
妊娠した方なら分かるでしょう。
子供がある程度、育つと心音を聞く事ができます。
もう聞ける時期にきていました。
今回の入院してから初めて子供達の心音を聞きました。
聞くのを止めた方がいいと言う
助産師さんがほとんどでした。
助からない、死んでいく子達の心音を聞くのは
辛いだろうから・・・と言う理由でした。
先生も無理には聞く必要は無いと言っていました。
でも・・・私は聞きたかった。
だって、ずっと聞きたかったから・・・。
妊娠してからずっと、その日を待ってたから。
胎動だって感じてはいない時期でした。
唯一、感じられるのは心音だけ・・・。
力強く鼓動はありました。
生きているんだって実感しました。
待ちました。そして、その時が来ました。
一番最初に陣痛だと言って側についてくれていた
Oさんが出産に立ち会って下さいました。
頑張って産んであげようね。そう言って・・・。
2/20の午後2時55分に一人目。
         性別不明。
   午後3時40分に二人目。
   性別は男。310グラム。25センチ。
一人目は破水を早くにしていたので
形が分からないほどだったようです。
二人目はその時に破水して、その後、出産しました。
流産だと言う人がいるかもしれませんが・・・。
私は産んだと実感しています。
いきんで産みました。小さかったけど・・・。

この後に続く苦しみを
この時はまだ分かりませんでした。
0



2008/4/24  11:57

投稿者:mちゃん

花ハナさんへ

ありがとうございます。
産みました。確かに産みました。
それだけしか、あの子達にはしてやる事ができなかったけど・・・。
人の力でどうにかされたのではなく・・・。
あの子達と、私の力?ううん・・・「時」があの時だったんでしょうね。
それだけは確かだと思ってます。

2008/4/20  18:54

投稿者:花ハナ(^−^)ノ

陣痛の痛みに耐えていきんで産んだのですよね
私もそう思います
心音聞いたのですね、子供達が生きていた証を耳に、心にしっかりと覚えていてあげましょうね
辛い思いを経験されて、なんと言葉をかけたらいいのか…mちゃんも子供達も頑張ったね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ