2008/2/21

あの時 2/21  振り返り日記

〜振り返り日記 2/21〜 2/20の続きです

とにかく普通じゃない体の変化でした。
父が来てからも痛くて痛くて・・・。
どんな事でも我慢するって決めた私でしたが
震えて止まらない体・息が出来なくなってきました。
でも・・・息が出来ないのではなく
過呼吸になっていたからだったのです。
その時に何度も先生や看護婦さんから言わたのですが
体が痺れて痛くて痛くて息も出来なくて
先生や看護婦さんが言うように何度も
大きく息を吐き出したり、袋に息を吹き込み
過呼吸を抑えようとしても・・・。
痛さで思うようには出来なかったのでした。
助けて欲しいと痛さの中で朦朧としながら
何度も言っていたようですが・・・。
先生達にはどうする事も出来ないんですよね。
落ち着いて呼吸しなさいと先生は言うだけでした。
その時の先生の姿はとても冷たく感じました。
どうして助けてくれないの?と叫んでいたようです。
のたうちまわるほどの痛さ・痺れ・熱・寒さ・・・。
何度も気を失い、うわ言を言っていたようです。
私にとっては何十時間以上も続いたように思いましたが
お昼頃には治まっていたので数時間だったようです。
どうにかして痛みを抑えて欲しいと訴えました。
それは子供を諦めると言う事です。
検査結果を見て限界なのかを判断する事になりました。
うわ言で看護婦さんに何度も泣きながら
懇願していたそうです。
お願いします。助けて下さいと・・・。
看護婦さんはどうする事も出来ないので
ずっと手を握り背中をさすって下さっていたそうです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ