今なら、「学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方」を、
ご購入の方に素適な特典をプレゼント☆
詳細は当サイトの後半へ!


学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方 感想

  | 投稿者: 学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方

学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方
[学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方 感想]


▼ こちらのブログよりお申し込み頂いた方にはスペシャル特典をご用意しております!





「しかし事実は多くの場合逆ですね」


もし、先生が子供の成績が伸びない事を「子供のせい」といっているようであれば、 私に言わせればとんでもないダメ教師です。

彼らは、「私にはこの子の成績を伸ばすだけの能力がないんです。それくらい私はダメなんです」と自分で宣言しているようなものです。

彼らダメ教師が自信を持ってしまうのには理由があります。

それは、クラスには必ず優等生がいる、ということです。

優等生は、家庭でのコミュニケーションが偶然うまくいっているから優等生である、というケースがほとんどですが、これを見て勘違いしてしまう教師が多いのです。

「私の教え子に優等生がいるのは、私の指導が間違っていないからだ。」
「私の教え子に劣等生がいるのは、彼らの勉強に対する意識が低いからだ。」

つまり、うまくいけば自分のおかげ、うまくいかなければ子供のせい、というダメ教師が意外と多いのです。

しかし事実は多くの場合逆ですね。







⇒豪華特典付き「学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方」の詳細はこちら!




▲ こちらのブログよりお申し込み頂いた方にはスペシャル特典をご用意しております!



学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ