2012/12/28

申し訳ありません。久しぶりの投稿  Mainline (outside London)

お久しぶりです。ここのところもう半年以上完全放置してしまい申し訳ありませんでした。
本帰国をしてイギリスの鉄道と疎遠になったことや、鉄道自体への関心が最近若干薄れつつあることなどが原因です。全く顔を出していない間にコメントも数件いただいており、それらの方々には本当に申し訳なく思っております。

さて、なぜこんな久しぶりにひょっこり顔を出してきたのかというと、先程PCのデータを整理していたところ、久々にイギリス時代の写真を見ました。撮ったはいいもののそれっきりになっている数多くの写真がもったいないと思い、今更ながら少しずつでもお見せしていきたいと感じた次第だからです。

これまでは、写真撮影記に軽いイギリスの鉄道情勢を紹介を兼ねるというコンセプトで記事を書いてきたのですが、さすがにこれからは文章をそんなに長く書いている時間はなさそうなので、なるべく質の高いものだけを中心に写真メインにしていきたいと考えています。

これからもよろしくお願いします。


さて、今日はさっそく昨年の夏の写真から数枚。

Scotrail Class 170 at Linlithgow
スコットランドの首都、エディンバラの郊外にあるリンリスゴー駅に到着するScotrailのClass 170。この車両はボンバルディア製で、あえて言うならばc2cのClass 3571の気動車版のような車両です(外見もよく似ていますしね)。
2編成がくっついていますが、スコットランドの二大都市エディンバラとグラスゴーを結ぶこの大幹線はいつも混雑しています。

P1100180

こちらはイングランド北部の湖水地方にある保存鉄道、ハバースウェイト鉄道の蒸気機関車です。わずか2〜3駅と区間こそ短いですが、沿線にあるウィンダミア湖のレイククルーズと連携して運行しており、同地を訪れる観光客には人気の鉄道です。それにしても、鉄道好きがボランティアで集まってこうして鉄道を運行しているのって、なんか素敵でいいですよね。

DLR P86 stock at Canary Wharf
ロンドンは大都市といえ歴史ある建造物が多いので、このような近代的な風景は意外と少ないです。その中で、近年になって再開発された東ロンドンの一角で・Docklandsは異彩を放っているといえるでしょう。東京を連想させる高層ビルの合間を、ロンドンの新交通システムであるDLR(Docklands Light Railway)の車両が駆け抜けていきます。
West Endia Quay駅にて撮影。隣のChanary Whalf駅は目と鼻の先です。

Class 4-6-2 no 60019 near Kew Bridge
以前も何度が取り上げたとおり、イギリスではツアー列車がよく蒸気機関車で運転されます。そんな日には地元を走るSL(英語ではSteamと呼びます)を一目見ようと、沿線の跨線橋や踏切には家族連れがたくさん訪れています。
写真は、ロンドンの西郊外、Kew Bridge駅とChiswick駅の間を駆け抜ける 4464 Bittern。流線型の青い車体が何とも勇ましいですね。

South West Trains Class 450 near Kew Bridge
上の写真と同じときに撮影した、South West TrainsのClass 450です、この車両は主に同社の短〜中距離列車に使用されています。
そういえば前から気になってるんですが、この会社の車両の塗装って、アメリカのSouth West Airlinesと塗装が全く同じなんですよね。なんか関係があるんでしょうかね。


夏休みは、こんな感じでヒースロー空港にも出向きました。世界中の飛行機が山手線みたいな頻度で離着陸する同空港は、いくらいても飽きない魅力があります。写真はBritish Airwaysの、日本ではかなり少なくなってしまったジャンボ。やはり今になってもかっこよさは健在です。


・・・と、こんな感じでこれからもぼちぼち少しずつ更新していきたいと思います。来年受験生になるまでに一通りお見せしたいところです。

最後にもう一度、長期間の放置申し訳ありませんでした。そしてこれからも当ブログをよろしくお願い申し上げます。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ