糖尿病を予防する食事には?  糖尿病



糖尿病(自覚症状はあまりないことが多いですが、合併症により深刻な後遺症が残ったり、死に至ることもあります)は生活習慣病の一つです。


普段の生活習慣の積み重ねによって起こると言っても過言ではないと思います。


糖尿病にならない為にも、普段から色々気をつけて行く必要があるのではないでしょうか。


その中でも、特に食事には最も気を遣っていかなければならないのです。


では、糖尿病を予防する食事とは、どんなものなのでしょうか?


まず、やはり食べ過ぎないようにする事です。


食べ過ぎは万病の元です。


食べ過ぎれば当然、カロリーオーバーになりやすいですが、それだけではなく合併症も起こりやすくなります。


お酒の飲み過ぎも血管障害や脂肪肝などを起こしやすくする為、できる限り適量を守りましょう。


おつまみもお刺身や冷奴、枝豆や野菜スティックといった野菜中心のヘルシーなものを食べるように気をつけた方が良いようです。


もちろん、食事の栄養バランスを考えながら摂る事も重要ですね。


いくら食べ過ぎないようにと心掛けても栄養のバランスが偏っていれば、病気に繋がりやすくなってしまいます。


タンパク質や糖質、ビタミン、ミネラルなどが不足しないようにバランス良く摂取可能になるように心掛けるといいでしょうね。


食物繊維(たくさんの種類があり、それぞれ畭なる作用を持ちます)をたくさん摂る事も糖尿病予防に繋がります。


野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)や海藻などには食物繊維が豊富に含まれていて、肥満を防ぐ働きがあるだけではなく、血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)の上昇をゆるやかにしたり血中のコレステロール量を下げてくれたりします。


また、三食規則正しく食事をとる事も大切です。


決まった時間に規則正しくとる事で、血糖値も安定するとなっているんです。


それに、なるべく朝・昼・夜の食事量も均等にする方が良いでしょう。


糖尿病にならないように気をつけながら食事を楽しみたいですね。








糖尿病の対策!糖尿病を克服させるには?
0

 

糖尿病時のお酒とタバコはダメな理由?  糖尿病

糖尿病では、お酒やタバコ(ニコチンには依存性があるため、一度習慣になってしまうとなかなかやめられないでしょう)はダメなのでしょうか?


結論からいうといけないでしょう。


それでは、なぜダメなのでしょう?


まず、お酒の方から説明しましょう。


お酒は百薬の長とも言われ、適度な飲酒は体に良いとされています。


しかし、多くの場合、適度で止められない人がほとんどですね。


特に、生活習慣病である2型糖尿病(生活習慣が原因となる他、遺伝的な要因も関係していると考えられています)患者には、過剰飲酒の傾向が見られます。


つまり、適度て止められないからダメと言うことです。


お酒の過剰摂取は、当然、体内の糖分(糖質とも呼ねれます)を増やしますし、内臓に負担をかけますので、糖尿病患者が陥りやすい合併症の引き金になることが指摘されています。


また、タバコがダメなのも同じ理由です。


そもそも、タバコ(コロンブスがヨーロッパに伝えたそうです)は百害あって一利なしと言われており、喫煙は身体に害を与えます。


タバコを吸うと、血管が収縮します。


血管が収縮すると血行が悪くなります。


糖尿病患者が陥りやすい合併症には、網膜症・腎症・神経症・動脈硬化(動脈の血流が遮断されてしまうため、血液が循環できなくなり、酸素や栄養が運ねれなくなってしまいます)・足壊疽など、血流が悪いことが原因で起こるものが多いですよね。


タバコは、それらの症状を悪化させる効果が非常に高いと言うことです。


糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)に悪いというよりは、糖尿病から発症しやすい合併症(例えね、糖尿病の場合、糖尿病そのものはすぐに命を脅かす危険がなかったとしても、動脈硬化や脳梗塞などを発症するリスクが高まってしまうのです)のリスクが余計に高まるというのが正解でしょう。


御存知の通り、糖尿病の合併症は命に関わるものが多いです。


そのため、糖尿病の治療は合併症防止が目的といっても過言ではありません。


そういう意味合いからしても、お酒とタバコはダメだと言わざるをえないのです。











0

 

血糖値を漢方で改善する?  糖尿病

漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)と聞くと、病院で処方される薬や市販されている薬と違い、副作用の心配もなく長期間安心して飲めるといったイメージはありませんか?


糖尿病は完治することが困難な病気で、長期間にわたる薬の服用やインスリンの注射が不可欠となってきます。


このような慢性病と言われている症状に、副作用の心配がない漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)はとても向いていると言えるでしょう。


糖尿病の初期の段階で、まだ食事制限や運動を行うことで様子をみているような状態であれば、漢方薬を利用して血糖値をコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)することは十分に可能ですので、糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)の進行を遅らせることも出来ます。


インスリンは分泌されていても、その作用が低下しているようなインスリン非依存型の糖尿病の場合にも、薬物療法と併用して漢方薬を効果的に利用することができるはずです。


ただ、インスリンがほとんど分泌されていないで、常にインスリンを用いているような場合には、残念ながら漢方薬では血糖を下げる効果は期待出来ないでしょう。


けれど、合併症(ある病気と一緒に、別の病気を発症することをいいます)予防や現在の体調を維持するといった目的であれば、漢方薬を利用することにも意味があります。


漢方薬には、いわゆる西洋薬に比べると劇的に血糖値を下げる力は無いでしょう。


しかし、薬による低血糖を引き起こす心配もなくて、安心して長期間の服用が可能です。


また、体の中から体調を整えてくれる働きも期待できます。


糖尿病の合併症を予防するためにも、漢方を上手に利用してみては如何でしょうか。











0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ