日本を識ろう

見習いマーク付きの未熟者、タマネギ愛国者の談話室。
受信するだけの側から、少しでも発信する側になれる事を夢見て。
モットーは「是々非々」。政治スタンスは「やや右翼」。

 
人気blogランキングに参加しています。
みだりにクリックなさらず、厳しい視点でのご評価をお願いします。


 主に支持する政治家は「麻生太郎・安倍晋三・江田憲司」。
 天皇家皇位継承問題については「男系万世一系の護持」「GHQ措置による旧皇族離脱の無効化」による解決を望む。
 直間税比率問題については「消費税に軽減税率設定&各種間接税の完全統合」を絶対条件とする立場。間接税多重取りを撲滅せよ。
 経済政策については「TPP参加不要」「インフレターゲットによる将来景気の刺激」「国内生産・雇用への支援増強」を。
 あと、いまや十分“先進国”となった「中国・韓国への“経済支援”」は仕分けすら生ぬるい。最低でも5割、可能なら全カットでGO。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:カルビー
『見つかった!南京の記述!、翰林版にも!』

VOA News.com 美國之音中文網 Chinease
(Voice of America)などによると
南京の記述が無い無いと騒いでいた(2007年2月頃)、
翰林版の教科書にも、最後の付録の大時紀(大年表)に
"日軍入城大肆殺戮、是為南京大屠殺"
と書いてあるそうです。


http://www.voafanti.com/gate/big5/www.voanews.com/chinese/archive/2007-02/w2007-02-13-voa42.cfm
 VOA News.com 美國之音中文網 Chinease

 臺教科書淡化南京屠殺國民黨不滿
 2007年 2月 13日     記者:張永泰 | 台北

 台灣新版高中歴史教科書當中,出現了淡化處理南京大
 屠殺事件的情形。在野黨的國民黨對此相當不滿,並提
 出了批評。

 有關1937年的南京大屠殺事件,台灣今年許多不同版本
 的高中歴史課本都出現了淡化處理的情形。以翰林版為
 例,課文沒有提到南京大屠殺,只在最後附録的大事紀
 當中提到“日軍入城大肆殺戮,是為南京大屠殺”15個
 字。

 Voice of America
投稿者:銀時
初めましてタマネギ愛国者様。
当方、銀色の侍魂というブログをさせて頂いております銀時と申します。
この記事でコメントされています核心氏が当方のブログでも同じ様な投稿をされています。
当方としては現在民主党の外国人参政権法案提出か?との報道のほうに力を注視している関係上なかなか他のものに手が回らない状態でしたがタマネギ愛国者様のブログを拝見し明確な指摘をされており感服いたしました。
本来ならば自分が反論せねばならないのですがとてもそちらに時間がとれそうもありません。
つきましてはタマネギ愛国者さまの記事を引用させて頂きますが宜しいでしょうか?
おそらく事後承諾になるとは思いますがもし問題ありましたらURLの方にブログのアドレスを入れておきますのでご一報下さい。
それでは宜しくお願いします。

http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-110.html#comment716
投稿者:タマネギ愛国者
>核心様

 お久しぶりです。国家権力恐怖症はあれから改善なさったでしょうか?

 証言は当時史料による裏取りが必須ですので拙速に評価は致しませんが、最後の段は明らかに事実を歪曲しておられるので指摘のみさせていただいておきます。

(以下引用)
栗原利一は全体で7万余人と記述している(スケッチブックより)。
これは当時公表された捕獲捕虜や遺棄死体数とほぼ一致する。

つまり、日本陸軍は南京陥落時に全体として7万余人の捕虜を確信的に殺害したのである。
(引用ここまで)

 上記が正しい(当時の遺棄死体数=捕虜虐殺数)とすると、当時「戦闘行為による軍人の死者および民間人の死者」はほとんどゼロだったという事になります。
 もちろんそんな事はなく、市民の犠牲者数千〜1万人、軍人の戦死者3〜4万人という史料が当時から今に残っています。

 自分の信じたいものだけを信じても、救われませんよ。老婆心まで。
投稿者:核心
なぜ栗原利一の息子の話で南京大虐殺があったことが証明されてしまうのか?

1.栗原利一は魚雷営の1日目の中国人の2千人の斬首について、息子に話していた。

2.大湾子の捕虜殺害は1万3千5百人である(スケッチブックより)。

3.65連隊は全体で2万人の捕虜を殺害した(小野賢二氏の聞き取りより)。
  (当時の新聞なども同じ数字を捕獲捕虜として挙げている。)

4.魚雷営の捕虜殺害は65連隊である(小野賢二氏の聞き取りなどにより)。
  (魚雷営の2日目、3日目は5千人が殺害されている。)

結果として65連隊の2万人の捕獲捕虜の殺害について全て明白になる。

栗原利一は全体で7万余人と記述している(スケッチブックより)。
これは当時公表された捕獲捕虜や遺棄死体数とほぼ一致する。

つまり、日本陸軍は南京陥落時に全体として7万余人の捕虜を確信的に殺害したのである。

投稿者:タマネギ愛国者
>maido様
 初めまして。

 私もその番組は途中からですが見ました。
 小野氏の調査にかけた熱意・努力とは裏腹に、番組内での資料紹介はうまいこと切り貼りされていて少々残念でした。
 (捕虜殺害時に日本軍に多数の犠牲者が出た、等の記述をブツ切り省略したり)
 もっと既存資料との突き合わせなどを突っ込んでやってくれれば、小野氏の調査成果にももっと評価が集まりそうなものですが……勿体なかったなと思いました。

>歴史資料として田中正明氏を引用するのは〜

 内容に関する矛盾や誤謬の指摘であれば、いつでもどうぞ。検証に繋がるものならば歓迎します。
 そうでなく、単に「この人の本だから内容関係なく信用しねー」というだけのお話であれば、主観の問題ですので……貴方の心中にて、どうぞご自由に。
投稿者:maido
昨日、日本テレビドキュメント'08で放映された「南京大虐殺」は実に素晴らしい内容でした。
あ、話変わりますがいくらなんでも
歴史資料として田中正明氏を引用するのはどうかと思いますよ(^-^;)
投稿者:タマネギ愛国者
>烏有様
 初めまして、コメントありがとうございます。

 確かに、「栗原証言編」での彼の言は反応するに極めて多大な労力を要します。
 ただ、その不毛な応酬の中にも「反省すべき隙」というべきものを見出してはおります。その意味でまったくの徒労とまではならずに済んでおります(^^;

 まあ、時間と気力が十分に確保できたらばその時にはきちんと総括して「隙無く」この話題を終えたいと思ってはおります。その時にはまた感想をいただければ幸いです。
投稿者:烏有
タマネギ愛国者様。
はじめまして。
お二人のやり取り、読み終えました。
で、ギャラリーの感想を。

ひたすら言質を取った「つもり」で因縁を付けている。
長々と無駄な文章を垂れ流し、恰も優勢に見せかけている。
尋問形式で罠をかけ、相手のミスを誘う。
本質論ではなく屁理屈で論破したと思い込んでいる。
だから「はぁ…。」だの「ほほぅ。」だの「むむ?」だの
「ま、」だの「げげぇ〜」だののSE(効果音)を入れる。

まさにサヨクの常套手段です。
頭の体操にはなりますが栗原証言を考察する上においては
ひたすら不毛です。
もう放置なさった方がいいと存じます。
投稿者:タマネギ愛国者
>owain様

 1ヶ月ぶりですね、ご無沙汰です。

 最後になるというあと1回のコメント、謹んでお待ちいたします。
 今回分の書き込みへの返答については、もう少々お待ちいただく事になるかと。相変わらず短絡じみた決め付けが多く(「いくら自分が無知だからといって、他人も同レベルだと思い込まないように〜」とか)、整理して返さないと延々粘着されそうですし。

 ただ、「議論する気はなくて、単に揚げ足が取りたいんだな」という感想は持ちました。議論(反論)なら事実の提示や資料引用のみで済むところ、必ず「相手を下に見下げる」表現を織り込まないとコメントを書き込めない貴方のご様子を見る限りは。

 個々の資料解釈(及びその解釈説明に対する読解)については争うつもりはありません。どちらが何を言いたがっているのか、は第三者が読んで判断することですし。
 ただ、相変わらず「自分の言い出した事を(相手に反応させた上で)相手の誤謬としてミスディレクションさせる」努力にはある意味敬服します。疲れるとも言いますが……
投稿者:owain
(続き)
幕府山事件で、否定派によれば『命令はあったけど、実行はされなかった』といえば、山田旅団長が受けた「命令」の事。こんなの、幕府山事件の最低限の『常識』。貴方が読んだ(はず?)の毎日新聞1984年8月7日の記事にも「昭和四十年発行の『郷土部隊戦記』(福島県郷友会など共同出版)では、捕虜を殺せという軍命令はあったが、山田栴二(せんじ)旅団長が、捕虜を対岸に釈放することを決め…」ってちゃんと書いてありますよ。それにも関らず、「命令があったにも関わらず、(中略)兵士は混乱の中で自衛発砲し、その中の一部の捕虜が死んだ」という伝統的解釈を、初耳と言ったり、それは初耳のくせに、命令の有無について誤読の余地の無い山田日記や両角メモを、「貴方の『解釈』とは違う理解をしてますよ」なんて威張っているようではねぇ…。要するに貴方は、自分のブログで「私は、偉そうに色々言ってますけど、実はなぁ〜〜んも、勉強してません」と公言した訳だ。ま、勉強してないからこそ、『「常人」ならそうそう誤解はしない』とか(山田日記や両角メモをどうやって誤解する?自分が無知なだけだろうが)、「質問の意図がピンボケ(というか皆無)なんで、多少のずれはご容赦を」(質問の意図の問題じゃなくて、自分が幕府山事件の常識のレベルに到達していないだけだろうが)なんて、大胆というか、読んでいて痛々しいというか、ま、そんな事を書ける訳ですな。

>なるほど。貴方は「私のエントリを修正させたい」という意図があったのですね。
>「『「架空説も30万説もでたらめ」とする利一氏の立場』というものは証言からは読み取れない、削除せよ」 という感じでよろしいでしょうか?

大はずれ!、とは言わない。前にも言ったように、私は、貴方のように歴史という学問をバカにしている人間は大嫌いで、そういう輩を見つけると、文句をつけたくなる、ただ、貴方が自分で気付いて、インチキを自分で訂正すれば、それ以上は言う気は無い、ま、そんなところかね。
「『「架空説も30万説もでたらめ」とする利一氏の立場』が、栗原氏の証言の大半部分に共通する、という貴方の説は、貴方のまさに『ご都合主義的引用』の、ほんの『一』例でしょうね。
別に直さなくたっていいですよ、今更。その方が面白いし…。

たぶん、私のコメントは後1回で終りです。
(今回はこれで終わり)
1|2345
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ