東日本大震災義捐金の受付窓口
日本赤十字社 | ジャパンネット銀行

2011/2/5

祝!JOHNNY WINTER来日決定!  ブルース

1990年の中止になった幻の来日公演から21年。ジョニー・ウィンターの来日公演が遂に決定。

前回の来日が中止になった理由は明らかにされませんでしたが、ファンの間では、彼の使っている麻薬治療薬が日本に持ち込めないため来日は不可能との情報は飛び交っていました。

それなのに、なぜ今回来日できるの?と考えてしまいましたが、ジョニーの公式ブログ情報で、彼が昨年その治療薬メタドンを完全に断ち切っていたことが判明。だとすると、もう問題はないわけです。それを受けての来日。ファンの目から見ても遅きに失した感も正直あるけど、何はともあれ嬉しいです。わーい!万歳!皆で盛り上がりましょう!

【白人ブルース・ギタリストの大物ジョニー・ウィンターの初来日が決定】
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000011-lisn-musi

<JOHNNY WINTER JAPAN TOUR 2011>
日程:2011年4月13日(水)14日(木)15日(金)
会場:Zepp Tokyo
各日開場18:00 開演19:00
チケット:1階席8,000円(スタンディング・税込)
     2階席8,000円(指定席・税込)【共にドリンク代別途500円】

チケット発売日:2011年2月25日(金)
主催:テレビ朝日/ぴあ/ Bay FM / Inter FM
協力:株式会社ソニー・ミュージック・ジャパン・インターナショナル
株式会社ブルース・インターアクションズ
(問)M&I カンパニー 03-5453-8899

--

関係ないけど、僕が初めてジョニー・ウィンターを見たのは1985年、ロサンゼルスのクラブでだったのですが、そのときの自分のメモ書きが出て来ました。セットリストがメモられていたので、来日記念のどさくさで載せちゃいます。


Johnny Winter
March 25, 1985
The Palace, Hollywood, CA

[Setlist]
blues instrumental (up-tempo)
Sweet Papa John
Don't Take Advantage on Me
Mad Dog
Boot Hill
Roll Over Beethoven
-encore-
Jumpin' Jack Flash

8:30 開演予定時刻
9:00-9:50 前座(The Beat Farmers)
9:50-10:15 休憩
10:15-11:20 Johnny Winter
11:20 終演

Johnny Winter (gt., vo.)
with Jon Paris (b., harp) and Tom Compton (ds.)

クリックすると元のサイズで表示します
1曲は長い。しかし、公演自体は短かかったです。アンコールを入れても1時間ちょっと、ブルーノートやビルボードライブでももう少しやりますよね。時間配分を見てもらえば判るけど、入替制ではなかったです。彼のライブは短いと他の公演を見た人からも聞いた事があるので、今回の来日もそうなのかな?だとしたら、絶対遅刻出来ないですね。下手すると到着前に終わっちゃう...。

アリゲーターの1枚目「Guitar Slinger」発売後の公演だったので、曲はそこからが多い(多くないけど比率では、ね)ですね。ステージには何の飾りもなく、シンプルに3人が並びますが、音はテンション高かったです。ジョニーは全曲でレーザーを使用してたと思います。ファイヤーバードはなし。1990年に観たときは、1、2曲、スライドのプレーでファイヤーバードを使ってましたが。(その1曲が"Shake Your Moneymaker"だったのは覚えてます。)現在は、セカンドギターが加わった4人編成でツアーをしているようです。

"Sweet Papa John"では、ベースのジョン・パリスがベースを弾きながらハープソロを取るという妙技を見せる一幕も。ラスト"Roll Over Beethoven"と"Jumpin’ Jack Flash"への流れはJohnny Winter Andのライブ盤ののりにも通ずるロックンロールの王道と言った感じですね。"Highway 61 Revisited"でもよかったんですが。

ジョニー・ウインターの観客が荒々しい雰囲気だったのも妙に印象に残ってます。殆どが白人の腕っ節の強そうな野郎どもで、出演する前からJohnny Winter!!!とか叫んでる、吠えてる。そんな感じ。ライブが終わっても、駐車場で叫んでる。一種狂信的なのりですね。かく言う僕もジョニーにはかなり入れ込んでいるので、人のことは言えないのですが、そういうヘルズエンジェルズのオッサン達のような感じではありません(笑)。

前座にビートファーマーズというサンディエーゴのロック・バンドが出演したんですが、そういう客を前にやっているので、ちょっと可哀想でした。「お前らはいいから、ジョニーを出せ!」ってな感じで。ヤジにもめげず演奏してましたが。(蛇足ですが、いいバンドだったんですけどね、彼らも。僕はこのとき見たのがきっかけでファンになりました。)

もう、このライブのときから26年経っているので、来日公演の内容を予測するのには全く役に立たない情報ですが、来日に向けて酒の肴にでもしていただければと思います。期待しましょう!
16



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ