東日本大震災義捐金の受付窓口
日本赤十字社 | ジャパンネット銀行

2018/4/20

ロッキン・ジョニー来日公演レポート  

クリックすると元のサイズで表示します

ブルース・ギタリストのロッキン・ジョニーが3月、約4年ぶりの来日公演を行いました。ジョニーと言えば、シカゴのシーンで長い間活躍し、シカゴの老舗レーベル、デルマークからリーダー作も複数出していますが、前回の来日のあとカリフォルニアに移住。

2017年の最新作「Neoprene Fedora」には、ハウリン・ウルフの”Smokestack Lightnin’”調の”Goodbye Chicago"なんていう曲も入っています。

♪さようならシカゴ、もうここを出て行くよ。
残りの人生をここで過ごすのはごめんだ。
シカゴはブルースの故郷だったけど、
いまやメンフィスやセントルイスに王座を奪われた。


となんとも、辛辣にも聞こえる歌詞です。

でも、ライヴは変わらず、シカゴのシーンで培ったディープなブルースでした。今回は、関西地区を中心としたツアーで、東京都内の公演は3月24日、中野ブライトブラウン一回のみ。それを見ました。

アール・フッカー調のスライドによるインストからスタートしたこの日のショー。ピアノのLeeを始め、このお店ではおなじみの面々がバックを付け、飛び入りゲストもあったりと、セッションを心底楽しんでいるように見えました。

オリジナルのスロー・ブルース"When the Bluesman Comes To Town”での深みあるサウンドや、 ロバート・ロックウッド・ジュニアの”Western Horizon”など、賑やかなナンバーよりも渋いナンバーが特に光っていた印象です。後者なんて、ロックウッドのいぶし銀な味に負けない感じがありました。

もちろんしんみりしたものばかりではありません。ファースト・セットのラストは、「ダンス・ナンバーだよ」と言って、ノリノリなフィリップ・ウォーカーの名曲”Hello My Darling”で賑やかに締め、2部でも最後はお約束とも言える”Sweet Home Chicago”で会場中大合唱。

熱心なブルース・ファンが集まるブライトブラウンは大いに湧きました。

クリックすると元のサイズで表示します


尚、この日公演前にジョニーにインタビューをしました。それは4/25発売のブルース&ソウル・レコーズ(No. 141)に掲載される予定ですので、よかったら読んでみてくださいね。

以下、この日演奏された曲目です。

ROCKIN’ JOHNNY BURGIN JAPAN TOUR 2018
2018年3月24日(土) 19:30
中野ブライトブラウン

1st Set (19:35-20:30)
(Instrumental)
Let Me Be Your Teddy Bear
I Won’t Get Married
Steady Rolling Man (Take, harp)
Western Horizon (Take, harp)
Give Me An Hour in Your Garden
Black Rat Swing (Lee, vocals)
Blues Leave Me Alone
Hello My Darling

2nd Set (21:00-21:50)
Guitar King
Smoke and Mirrors
My Baby Don’t Want Me (Kato, vocals)
When the Bluesman Comes To Town
Ain't Gonna Be No Monkey Man No More (Satoko, harp)
Long Tall Mama
Got Me Where You Want Me
(Instrumental)
Every Night, Every Day
-encore-
Sweet Home Chicago

[Personnel]
Rockin' Johnny Burgin - vocals, guitar, harp
Lee - piano, vocals
加藤つよし - guitar, vocals 
平田よしみ - bass
加賀美タダシ - drums

この東京公演の日は、東京の桜が満開になった日でした。お天気もよかったので、インタビューのあと、ジョニーと彼のマネジャーとして同行したステファニー・タイスさんを誘って、近所の公園で花見をしました。2人とも、いい時期に日本に来た、と心底楽しんでいる様子でした。

ステファニーさんは、最近リリースとなったハウリン・ウルフのトリビュート・アルバム「Howlin’ At Greaseland」のエグゼクティブ・プロデューサーを担当した人で、ジョニーのインタビューにも同席してくれました。作品制作の経緯の話など色々聞けたのですが、今回の記事の誌面がそこまではカバーできていないので、その内容はまた機会を見て紹介したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します


ROCKIN’ JOHNNY BURGIN
〜Japan Tour 2018 Itinerary〜
3/16(金) 大阪・Chicago Rock
3/17(土) 大阪・Red House
3/18(日) 京都・パーカーハウスロール
3/20(火) 大阪・Cafe & Bar LAMP
3/21(水) 名古屋・Slow Blues
3/22(木) 所沢・MOJO
3/24(土) 東京・Bright Brown
3/27(火) 辻堂・STAGE COACH
3/30(金) 神戸・Cafe Sun
3/31(土) 大阪・Howlin’ Bar

((c)写真と文:陶守正寛)
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ