東日本大震災義捐金の受付窓口
日本赤十字社 | ジャパンネット銀行

2017/9/10

渋谷でセカンドライン!Treme Brass Band  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します

7月のダーティー・ダズンに、8月にはプリザヴェーション・ホール・ジャズ・バンド。今年の夏はニューオーリンズ系が続きますね。そして、9月の第1週に開催された東京ジャズに、ニューオーリンズのトレメ・ブラス・バンドが出演しました。2003年に来日して以来実に14年ぶりの来日です。メンバーはライオネル・バティストは亡くなってしまったし、殆ど入れ替わっているんですけどね。

東京ジャズは、今年で16回目を数えますが、昨年までの会場、東京国際フォーラムから渋谷に移動、NHK周辺など渋谷界隈のあちこちにステージが作られ、これまでとは違った趣きに。

クリックすると元のサイズで表示します
マクドナルドのある角で右折し、
そこでいったん止まって演奏を続けました。
後ろにはリンディーホップ・ダンサーズ!

トレメは、NHKホールにも出ましたが、フリーの野外のステージとストリート・パレードもこなし、マーチング・バンドの本領を発揮しました。パレードは9月2日(土)の午後2回。センター街の入り口からマクドナルドのある通りまで、短い距離ではありましたが、ニューオーリンズ流儀のサウンドを賑やかに響かせて練り歩きました。週末のセンター街は、そんなイベントがなくてもいつも混んでいるところ。きっと、偶然居合せた人は何事かと思ったでしょうね(笑)。彼らのすぐ後ろには、東京のリンディーホップ・ダンスのグループが軽快なステップを踏みながら付いていき、これがいい感じに華を添えていました。センター街にプロフェッサー・ロングヘアの”Mardi Gras In New Orleans”や”Tiger Rag”などが弾けていたのは痛快でした。

クリックすると元のサイズで表示します
リーダーのベニー・ジョーンズSr.(bass drum)

クリックすると元のサイズで表示します
豚野郎を前に軽快に行進!(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

パレードの様子を記録した映像がYouTubeに上がっているので、ぜひ見てください。グランド・マーシャルに先導されて進むトレメ・ブラス・バンド。その背景に博多天神やら、元禄寿司が見えるのが異次元な感じというか、結構シュール(笑)。でも、最高です。すごい人でひしめき合っていました。結構これ目当てできた人もいたみたいです。

【4K】『JAZZ PARADE!』「トレメ・ブラスバンド Treme Brass Band」
[第16回東京JAZZ]2016.09.02 @渋谷センター街
https://www.youtube.com/watch?v=fzzjrWVpIvY

野外ステージ(The Street-ケヤキ並木ステージ)は、3日(日)の夕方16:20から。1時間弱の演奏でした。時間帯がよかったのもあり、大勢の人であの一帯が溢れかえっていました。僕は、前のセットから見ていたので、最前列をゲット!早々にメンバーたちがステージに登場し、サウンドチェックを始めたのですが、そのときに軽くやった”Big Fat Woman"がすでにめちゃかっこいい!(本編ではやりませんでしたが…)期待も高まります。

クリックすると元のサイズで表示します
ケヤキ並木ステージのTreme Brass Band
(演奏中の写真撮影は禁止とのことだったので、
ライヴ前のサウンドチェックの際の写真です。)

ステージは”Tiger Rag”からスタートしましたが、ラフだったパレードとは違ってスーツに身を固めた彼らの演奏は、ビシッと決まっていました。またトランペットのジェイムズ・ウィリアムズがまるでサッチモのような声で歌った”What A Wonderful World”が夕暮れの会場を包み込むようないい雰囲気で、ジーンときました。パレードではこういうしっとりとしたものはやらないですからね。

終盤には、ニューオーリンズのバンドらしく、ビーズやバンダナなどおみやげを客席に投げ入れ(なぜかギター・ピックもありました。メンバーにギタリストはいないのにw)代表曲”Gimme My Money Back”で盛り上げた後、”When The Saint Go Marching In”で賑やかにしめました。時間は長くなかったですが、非常に満足できるライヴでした。

ライヴのあとはサイン会がありましたが、すごい長蛇の列!気に入った人が多かったんでしょうね。今年の東京ジャズは、もしかするとセンター街のパレードありきで、それに合うバンドということでトレメが決まったのかもしれないなと思いました。ならば、パレードが定番化すれば来年以降もニューオーリンズのブラスバンドが呼ばれるかな?そう期待したいところですね。

サイン会でメンバーと少し言葉を交わしましたが、グランド・マーシャルのオズワルド・ジョーンズに、僕が「前回の来日でもきましたよね?」と言ったら「いや、今回が初めてだ」と返されました。いや、確かに前回もいたんだけどなぁ。「私のブラザーは前回も来ているよ」とベニー・ジョーンズの方を見て言っていましたが、そりゃそうなんですけどね。彼はリーダーですから。でも、いや、あなたもいたはずですって。。。メンバー・リストにも名前が載っていたし、写真だって残っているし...。

ま、いいか。楽しかったから。メンバーもみんな陽気で楽しい人達でした。また来て欲しいですね。

The Streetのやった曲はこんな感じでした。"Mardi Gras In New Orleans"では、途中"One O’Clock Jump"のフレーズが織り込まれていたりしていかしてました。

Treme Brass Band
Sunday, September 3, 2017
16:20-17:15

Tiger Rag
Mardi Gras In New Orleans
What A Wonderful World
Margie
Gimme My Money Back
When The Saints Go Marching In

[Personnel]
◆Benny Jones Sr.(ベニー・ジョーンズ・シニア)- leader, bass drum
◆Vernon Severin(ヴァーノン・セヴェリン) - snare drum
◆Jonathan S Gross(ジョナサン・S・グロス) - tuba
◆John Gray Jr.(ジョン・グレー・ジュニア) - trumpet
◆James Williams(ジェイムズ・ウィリアムス) - trumpet
◆Cedric B. Wiley(セドリック・B・ワイリー) - saxophone
◆Terrence Taplin(テレンス・タップリン) - trombone
◆Oswald Jones(オズワルド・ジョーンズ) - grand marshal
◆Mayumi Shara(マユミ・シャラ) - snare drum

クリックすると元のサイズで表示します
ライヴ終了後、子供たちにトランペットを
吹いて聴かせるジェイムズ・ウィリアムズ


All photos by (c)Masahiro Sumori.
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ