東日本大震災義捐金の受付窓口
日本赤十字社 | ジャパンネット銀行

2017/9/4

Do The Blues 45s!  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

面白いブルースのCDが出ました。

ディスクユニオンのブルース&ソウル担当、秋元伸哉氏が選曲したブルースのシングル盤音源を集めた編集盤。なんだ、そんなCDなんてごまんと出てるじゃないか。まあ、確かにそうかも知れません。でも、その多くは、レーベル括りだったり、地域括りだったり、ある程度テーマに沿った内容になっているはず。

これは、そういう縛りはあえて設けず、純粋に秋元氏がカッコいい!、シングルで聴いて痺れた!という作品を1960年代の作品を中心に20曲選んだものです。

シングル盤の音源の中には、シングル1枚で消えてしまった謎多きアーティストや、レーベル単位でCDを作るほどリリースがない短命なレーベルも多々あります。その多くは大手レコード会社からも注目されることなく、再発もされず埋もれてしまうケースが多いのです。だからと言ってそういう作品が悪いとは限らない。いや、そういうものの中にこそ、知られざるお宝が眠っていることが多々あるのは、熱心なファンならば感じているところでしょう。

今回のCDは、そういったいわゆる「オブスキュアな(知られざる)」曲を中心に構成されています。ジョージ・スミスやフェントン・ロビンソンなど一部よく知られた人もいますが、僕も初めて聞く名前が多かったです。

とは言え、一聴した印象では、音自体にはツウ好みという雰囲気はあまり感じません。いろんなタイプの曲が登場しますが、ファンキーでノリノリな曲が多く、ブルースをこれから聴いてみたいと思っている人でも十分楽しめそうです。

秋元氏による曲単位の丁寧な解説も嬉しいです。レコすけくんでお馴染みのイラストレーター本秀康氏が手掛けたアルバム・ジャケットも味があります。

シングル盤はLPやCDに比べて音圧が高く迫力のあるサウンドが楽しめると言われていますが、このCDは、そういったサウンドを再現することにもこだわったそうで、フェントン・ロビンソンのアグレッシヴなギターが聴ける"The Freeze"など、かなりグイグイくる音が楽しめますよ。

一つ、残念だったのは、それぞれの曲のリリース年やレーベル名、参加ミュージシャンなどのデータが掲載されていないこと。私の方でレーベル名/番号、リリース年までは調べたので、ここに掲載しておきます。

あと、シングル盤と言えば盤面のデザインを眺めるのも楽しみのひとつ。レーベルのスキャンもほしかったなぁと言ったら、贅沢すぎでしょうか。続編があればぜひ検討してほしいと思います。

---

「Do The Blues 45s! ~The Ultimate Blues 45s Collection~ / ドゥ・ザ・ブルース・45s! ~ザ・ウルティメイト・ブルース・45s・コレクション~」
レーベル:THINK! RECORDS
価格:2,500円(税込)
発売日:2017年08月23日
http://diskunion.net/black/ct/detail/XAT-1245673681

1. George Smith - Trap Meat (Carolyn 007), 1966
2. Smokey Johnson - It Ain't My Fault Pt. 1 (NOLA N-706), 1964
3. Wiley Terry - Follow The Leader Pt. 1 (USA 793), 1965
4. Fention & The Castle Rockers - The Freeze (Duke 190), 1958
5. Flash Terry And His Orchestra - She’s My Baby (Southbay 45-500), 1961
6. Eddie Hope & Manish Boys - A Fool No More (Marlin 804), 1956
7. Levy Seabury And His Band - Boogie Beat (Blues Boys Kingdom B-101), 1957
8. Freddy Young - Someday Baby (Friendly Five 740), 1964
9. James Walton And His Blues Kings - Leaving Blues (Hi-Q 5029), 1963
10. Baby Boy Warren - Chuc-A-Luck (Excello 45-2211), 1962
11. Mighty Joe Young - Voo Doo Dust (Webcor W-101), 1965
12. Monte Easter And His Band - Weekend Blues (Swingin’ 45-636), 1962
13. Johnny Jenkins - Pinetop (Tifco 825), 1962
14. Ace Holder - Encourage Me Baby (Lulu 1124), 1964
15. Stormy Herman And His Midgnight Ramblers - Bad Luck (Dootone 358),1955
16. Champion Jack Dupree - Sharp Harp (Federal 45-12408), 1961
17. Papa Lightfoot With Guitar Red's Orch. - Wild Fire (SPL 7202), 1955
18. Tender Slim - I'm Checkin' Up (Herald H-571), 1962
19. Jimmy Lee - Chicago Jump (Bandera 2506), 1961
20. Model "T" Slim - Shake Your Boogie (Magnum 45-739), 1966
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ