東日本大震災義捐金の受付窓口
日本赤十字社 | ジャパンネット銀行

2017/4/28

BLUES & SOUL RECORDS 135号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

ブルース&ソウル・レコーズ誌の135号が発売になりました。巻頭特集はウィリー・ディクソンです。彼がチェス・レコードなどシカゴのブルース・シーンで、ベーシストとして、ソングライターとして大活躍したのは言うまでもないのですが、レッド・ツェッペリンがカバーした"I Can't Quit You Baby"もクリームがやった"Spoonful"もウィリー・ディクソンの曲。

彼の貢献はブルースのサーキットにとどまりません。彼の足跡をこの特集で今一度振り返ってみるのもいいかもしれません。

この特集は、オーティス・ラッシュのコブラ・レコーディングのコンプリート盤がPヴァインから出たことに合わせるという意味合いもあったようです。もちろん、ディクソンはここでも関わっており、それについての記事もありますよ。

今回、僕はこの特集には関わっておりませんが、いつもの通りニュース記事とオーティス・テイラーの新譜を紹介させてもらいました。テイラーの作品は、米国の人種問題という重いテーマを掲げたテイラーらしい聞き応えのある作品です。

-----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 135
2017年4月25日発売
定価: ¥1,600+税
http://books.spaceshower.net/magazine/m-bsr/bsr-135

表紙 ウィリー・ディクスンとオーティス・ラッシュ

特集 ウィリー・ディクスン
ソングライター、プロデューサー、ベーシスト、A&Rとして、数多くのブルース名曲を生み出したウィリー・ディクスン。マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、オーティス・ラッシュら、ブルース巨人たちの偉大な足跡は、ディクスン無しにはありえなかったかもしれない。没後25年になる今、ディクスンの功績を見つめ直す。

★ブルースの力を信じて〜“ブルースの桂冠詩人"ウィリー・ディクスンの生涯
★ウィリー・ディクスンの10曲〜代表曲からみるソングライターの才
★至宝コブラのラッシュ〜ディクスンが求めたブルースの未来
★ビッグ・スリー・トリオ〜グループ時代に培った柔軟なアイディア
★ボトムを支えた不屈の裏方精神〜ベーシストとしてのウィリー・ディクスンを考える
★ディクスンの隠れた仕事〜60年代以降のプロデュース作
★主な自己名義作とトリビュート企画盤

【付録CD】HIDDEN CHARMS - WILLIE DIXON'S WORKS 1954-63
ウィリー・ディクスンの仕事を知る! ジュニア・ウェルズ、ウォルター・ホートンなど、有名ブルースマンの作品から、知られざるシカゴ・ブルース黄金期の実力派シンガーまで、ディクスンが手がけた作品を収録。ディクスンのベースも味わえるセッションも多数あり。(ステイツ/ユナイテッド/コブラ/アーティスティック/ABCO/USA原盤 音源提供:Pヴァイン)

1. WALTER HORTON: Back Home To Mama [alt. take]
2. TOMMY BROWN: Southern Women
3. ARBEE STIDHAM: Meet Me Half Way
4. FREDDIE HALL AND HIS ACES: Can This Be Mine
5. GLORIA IRVING: For You And Only You
6. HAROLD BURRAGE: I Don't Care Who Knows
7. BETTY EVERETT: My Love
8. CHARLES CLARK AND WILLIE DIXON BAND: Hidden Charms
9. WILLIE MABON: Just Got Some
10. JUNIOR WELLS: She's A Sweet One
11. J.B. LENOIR: I Feel So Good [take 21]
12. WILLIE DIXON: My Love Will Never Die [in session]


【その他の主な記事】
● 映画『約束の地、メンフィス 〜テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー〜』劇場公開決定
●[インタヴュー]初来日公演を果たしたファンタスティック・ネグリート
●[追悼]デイヴィッド・アクセルロッド〜名プロデューサーの土台は黒人街で身につけたブルース
●[追悼]トミー・テイト〜甘さと苦味を加え、共感を呼ぶ名曲を生んだソングライター
●[語りたい逸品]誰もがカヴァーしたくなる永遠の名曲集 CD『ロックンロール・ミュージック! ソングス・オブ・チャック・ベリー』
●[語りたい逸品]50年ぶりに日の目をみたデルタ・ブルースマン、ヘイズ・マクマラン
● ブルース/ロックの名盤が手軽に楽しめるCDシリーズ「ギター・レジェンド」登場! !
● 書籍『アナログ・レコードで聴くブルース名盤50選』刊行記念放談
● フィクションにして真実〜マイルス・デイヴィスの異色バイオピック、Blu-ray&DVD化
● De-Lite レーベル カタログ復刻シリーズ第二弾
● 新作アルバム・リヴュー──クリス・アルドワン/エルヴィン・ビショップ/サン・ハウス/ジョニー・ギター・ワトスン 他

【連載】
☆ 好評連載 トータス松本 1本のカセットから 第19回 いつまでもギラギラとロックンロール! ─チャック・ベリー
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ フード・フォー・リアル・ライフ〜歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「Willie Dixon And His Chicago Blues Band」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.64 「デライトの関連レーベル」
☆ ゴスペル・トレイン「マイティ・クラウズ・オブ・ジョイ」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.211/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ モアリズム ナカムラの20××年ブルースの旅 第16回「TACHIKAWA Down Home Blues! 戸張素樹」
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店
☆ Ain't That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ