東日本大震災義捐金の受付窓口
日本赤十字社 | ジャパンネット銀行

2017/4/15

追悼!Lonnie Brooks 1933-2017  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Lonnie Brooks at Long Beach Blues Festival, 1998
(c)Photo by Masahiro Sumori.

シカゴを拠点に活躍したベテランのブルース・ギタリスト、ロニー・ブルックスが4月1日、亡くなりました。彼のバンドで活躍した息子のロニー・ベイカー・ブルックスが明らかにしました。83歳でした。

死因は明らかにされていませんが、1999年にフィリップ・ウォーカー、ロング・ジョン・ハンターとの共作アルバムをリリースしたのを最後に作品がなく、しばらく近況を聞くこともなかったように思います。

シカゴのアーティストと言っても、生まれはルイジアナ州。彼のキャリアは1950年代、テキサス州ポートアーサーに住んでいた頃、ザディコの巨匠、クリフトン・シェニエのバンドに参加したことに始まっています。ブルースとは言っても、オーソドックスな12小節3コードとはちょっと違う独特な個性が感じられるのも、こんな背景と無関係ではないでしょう。実際、彼の作品の中にはその名もZydecoという曲などルイジアナ・ルーツを感じさせるもあります。

Zydeco (1981)


本名はリー・ベイカーJr.と言いますが、当時は、ギター・ジュニアという名前で活動していました。その後、1958年ルイジアナ州レイクチャールズのレーベル、ゴールドバンドからソロ・デビュー。ここではシングル4枚をリリースしました。1960年に、サム・クックに誘われシカゴに移住。1969年には、大手キャピトル・レコードより初のアルバム「Broke An’ Hungry」をリリースするにいたりました。ここまでは、芸名はギター・ジュニアでしたが、シカゴでは彼より前に同じ名前を名乗るギタリスト、ルーサー”ギター・ジュニア”ジョンソンがいたため、ロニー・ブルックスを名乗るようになったわけです。

そんな彼がキャリアの中で中心となるのがシカゴのブルース・レーベルの老舗、アリゲーター・レコード。1978年に同レーベルのコンピレーション「Living Chicago Blues II」に登場したのち、翌年フルアルバム「Bayou Lightning」をリリース。その後アリゲーターからは20年の間に前述の共演作も含め8作をリリースしています。1986年の作「Wound Up Tight」にはジョニー・ウィンターがゲスト参加。1998年の映画「ブルースブラザーズ2000」にも出演しました。

Got Lucky Last Night (1986, with Johnny Winter)


1991年には、ジャパン・ブルース・カーニバルでロニー・ベイカー・ブルックスとともに来日もしています。

最近は話題に上らなかったとは言え、シカゴのブルース・シーンの顔ともいえる人がまたひとりいなくなり、寂しい思いです。安らかに!

クリックすると元のサイズで表示します
Lone Star Shootout at Long Beach Blues Festival, 2000
(Lonnie Brooks - center)
(c)Photo by Masahiro Sumori.


【LONNIE BROOKS DISCOGRAPHY】
[Singles]
I Got It Made / Family Rules (Goldband) , 1958
Roll Roll Roll / Broken Hearted Rollin Tears (Goldband), 1958
The Crawl / Now You Know (Goldband), 1958
Pick Me Up On Your Way Down / Please (Goldband), 1959
Knocks Me Out / Love Me Love Me (Mercury), 1960

[Original Albums]
Broke An’ Hungry (Capitol), 1969
Sweet Home Chicago (Black & Blue), 1975
Bayou Lightning (Alligator), 1979
Turn On The Night (Alligator), 1981
Hot Shot (Alligator), 1983
Wound Up Tight (Alligator), 1986
Live from Chicago: Bayou Lightning Strikes (Alligator), 1988
Satisfaction Guaranteed (Alligator), 1991
Roadhouse Rules (Alligator), 1996
Lone Star Shootout (with Long John Hunter and Philip Walker) (Alligator), 1999

[Compilations & previously unreleased recordings]
Live at Pepper’s 1968 (Black Magic), 1985
Let’s Talk It Over (Delmark), 1993
Deluxe Edition (Alligator), 1997

クリックすると元のサイズで表示します
来日時のチラシ
(Japan Blues Carnival '91)
1
タグ: シカゴ Alligator BLUES



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ