東日本大震災義捐金の受付窓口
日本赤十字社 | ジャパンネット銀行

2017/4/24

熱いソウルでした、スペンサー&パーシー・ウィギンズ  R&B/ソウル

1960年代にゴールドワックス・レーベルから名作シングルをリリースした伝説的なサザンソウル・シンガー、スペンサー・ウィギンズ。彼のライヴを見られる日が来るとは、かつては考えられなかったでしょう。しかし、50年もの歳月を経て、遂に彼が初めて日本にやってきました。しかも弟のパーシーまで一緒に。

二人とも70年代以降、歌手活動から長らく身を引いていたことを考えれば、まさに奇跡の来日です。

会場となったビルボードライブ東京は、開演前から多くの熱心なファンでごった返し、熱気ムンムン。やはりみんなこの日を相当楽しみに待っていたんですね。

ステージは、まずはパーシー・ウィギンズが登場。今回のバンドにはハイ・レーベルで活躍したリロイ(ベース)とチャールズ(オルガン)のホッジズ兄弟も参加。彼らへの敬意を表するということなのか、かつてのハイの看板スター、アル・グリーンの"Love And Happiness"からスタートしました。リロイのファンキーなグルーヴに心地よく鳴り響くチャールズのオルガン。彼らの好サポートで会場は早速ソウルフルな雰囲気に包まれました。

パーシーはグレーのスーツでビシッと決め、60年代のアトコやRCA、アベットのシングルからのナンバーを中心に披露しました。軽快な"Can't Find Nobody"では、動きもキビキビしていて歌もノリノリです。ホーン・セクションもいい感じ。一方、バラード"Book of Memories"では、優しくも熱い歌声を十二分に聴かせてくれました。若い頃と遜色ないいい声です。

パーシーが冒頭30分あまりを歌ったあと、いよいよMCの紹介で兄のスペンサー登場。しかし、2009年時点の映像より、正直言ってだいぶ老け込んだ印象でした。抱えられるようにしてステージに上がった彼は、ゆっくりと歩き中央へ。

パーシーもそのまま残り、二人でデュエットしたのは、2013年にボーキーズとレコーディングした名曲"The Dark End of The Street"。見た目は年を取っても、スペンサーは歌い出すと、低く深みのある歌声に思わずため息がでました。

軽くまろやかな歌声のパーシーとは対照的で、このハーモニーは絶妙でした。いきなり涙腺にきてしまいました。いやぁ、この1曲だけでも来た甲斐があった!

スペンサーは、あまり動きもなく、表情もあまり変えずに歌っている感じではありましたが、歌はさすがの貫禄を感じましたね。若い頃と同じというわけにはいかないですが、まだまだ魅力は失われていません。逆に年を重ねた彼の姿を目の当たりにし、歳月の重みを感じ、ぐっと来てしまいました。

"Uptight Good Woman"では、終わると見せかけてまだまだ歌うというパフォーマンスをしつこいくらい続け、気力十分なところを見せてくれました。なんといっても、彼は登場してから1時間あまり、全く座ることもなく、歌い続けたのですから、ぱっと見以上に元気と言えるのではないでしょうか。

曲によってはキーをオリジナルよりも下げて歌っているものもあり、高い声はもう出ないのかと思いきや、結構裏声のファルセットもしっかりやっていました。スペンサーが登場してからもパーシーはところどころコーラスを中心に参加。アンコールでは、サム・クックの名曲"Bring It On Home To Me"を再度がっぷり二人でデュエットし、フィナーレとなりました。

終わった時点でもう11時を回っていましたが、それからサイン会スタート。参加したいのはやまやまでしたが、長蛇の列ができていて、絶対終電を逃しそうなので、諦めて帰路につきました。でも後になってもじわーっと感動がこみ上げてくるいいライブでした。ビルボードライブの公演としては長めの90分超えでボリュームも十分でしたし。

本当によく来てくれたなと思います。

なお、ゲストで出演予定だったイーライ・ペーパーボーイ・リードは、公演数日前のドタキャン。理由はわかりませんが、終わってみれば彼には悪いけど、彼がいなかったおかげでウィギンズ兄弟をじっくり聴けたのかも。彼はまた別の機会に見ることができるでしょう。

以下セットリストです。2日間で計4回の公演。僕は一回した見ておりませんが、人に聞いたところでは、若干曲目を入れ替えていたようです。



Spencer Wiggins featuring Percy Wiggins, The Hodges Brothers (Hi Rhythm Section)
Tuesday, April 18, 2017, 2nd set (21:30)
Billboard Live Tokyo

Percy Wiggins [21:30-22:06]
1. Love And Happiness [Al Green cover]
2. Can't Find Nobody (To Take Your Place) [Atco single]
3. Look What I've Done (To My Baby) [Abet single]
4. It Didn't Take Much (For Me To Fall In Love) [RCA Victor single]
5. Book Of Memories [Atco single]
6. I've Never Found A Girl [Eddie Floyd cover]

Spencer Wiggins [22:06-23:06]
7. The Dark End Of The Street [with Percy-The Bo-Keys single]
8. Lonely Man [with Percy-Goldwax sigle]
9. Uptight Good Woman [Goldwax single]
10. What Do You Think About My Baby [Bandstand USA single]
11. Old Friend (You Ask Me If I Miss Her) [Goldwax single]
12. He's Too Old [with Percy-Goldwax sigle]
13. The Kind Of Woman That's Got No Heart [Goldwax single]
14. I'm At The Breaking Point [with Percy-Fame single]
15. Double Lovin' [with Percy-Fame single]
-encore- [22:55-23:06]
16. Bring It On Home To Me [with Percy-Sam Cooke cover]

Spencer Wiggins - vocals
Percy Wiggins - vocals
Charles Hodges - hammond b-3 organ, keyboards
Leroy Hodges - bass
Derrick Martin - drums
Patriq Moody - trumpet
Michael Roberts - tenor saxophone
Peter Montgomery - guitar
1

2017/4/18

新刊「アナログ・レコードで聴くブルース名盤50選」  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

ブルースの名盤図鑑とでもいうべき新刊が出ました。「アナログ・レコードで聴くブルース名盤50選」がそれ。アナログ盤レコードにこだわり、ジャケットをカラーで紹介しているところなどは、2014年発行の「ブルース・レコード・ジャケット」の続編といった雰囲気もありますが、あちらがアート作品としてのジャケットを紹介することに特化し、非常に多くのレコードを取り上げていたのに対し、こちらの書はタイトルからも判る通り、厳選した名盤中の名盤50枚に絞り、ひとつひとつを掘り下げているところが大きな違いです。

「ブルース・レコード・ジャケット」が160ページで900枚以上のレコードを紹介していたのに対し、本書は取り上げたレコード50枚に、より多い224ページを費やしていることからもその掘り下げ度合いがわかるというものです。

名盤といってもサウンドとして優れているという意味にとどまらず、ジャケットやライナーノーツなども含め、総合的に見た芸術作品としてオリジナルのアナログ盤を捉えているのが本書の特徴と言えるでしょう。

基本的にここに掲載されているのは、アナログのオリジナル盤ですが、1つ1つのアルバムは、裏ジャケットやレコードのレーベルも掲載。曲目リストはもちろん、録音日や参加ミュージシャンなどのレコーディングデータもしっかり押さえています。それぞれの作品について、各1ページまるまる使ってその内容も文章で紹介しているので、読み物としても読み応えがあります。

さらに面白いのは、ジャケットやレーベル違いの再発盤や日本盤、あるいは同時期の違う作品や編集盤など関連盤とも言うべきレコードも紹介していること。ひとつの音源やアーティストがどのように紹介されてきたのか、その歴史をも垣間見せてくれるのです。

日本でかつて大ヒットしたスリーピー・ジョン・エスティスのデルマークのアルバム「スリーピー・ジョン・エスティスの伝説」は、まだレーベル名が「デルマー」だった1962年のオリジナル盤を掲載。ジャケットは同じでも、レーベルはその後親しまれているデザインとは全く違っているのは面白く新鮮でした。

先日亡くなったジェイムズ・コットンの名盤「100%コットン」やブルース・ファンならば誰もが聴いたであろうB.B.キングやロバート・ジョンソン。クリフトン・シェニエやライトニン・スリムなど南部のコテコテ系もピックアップされています。

個々のアルバムの情報量が多いので、資料性も高い本書。しかし、カラーで大きくジャケットが取り上げられているので、まずは手にとってパラパラと眺めたい。LPレコードの時代を経験した人も、そうでない若い人も、きっとアナログ盤の魅力を感じるはずです。

クリックすると元のサイズで表示します
1枚のアルバムごとに基本4ページを費やし詳細に写真入りで紹介


---

「アナログ・レコードで聴くブルース名盤50選」
小出斉、高地明、日向一輝、濱田 廣也著
ISBN978-4-907435-94-3
定価:2,500円+税
A5版 224ページ
SPACESHOWER BOOKS
2017年3月31日発行
1

2017/4/15

追悼!Lonnie Brooks 1933-2017  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Lonnie Brooks at Long Beach Blues Festival, 1998
(c)Photo by Masahiro Sumori.

シカゴを拠点に活躍したベテランのブルース・ギタリスト、ロニー・ブルックスが4月1日、亡くなりました。彼のバンドで活躍した息子のロニー・ベイカー・ブルックスが明らかにしました。83歳でした。

死因は明らかにされていませんが、1999年にフィリップ・ウォーカー、ロング・ジョン・ハンターとの共作アルバムをリリースしたのを最後に作品がなく、しばらく近況を聞くこともなかったように思います。

シカゴのアーティストと言っても、生まれはルイジアナ州。彼のキャリアは1950年代、テキサス州ポートアーサーに住んでいた頃、ザディコの巨匠、クリフトン・シェニエのバンドに参加したことに始まっています。ブルースとは言っても、オーソドックスな12小節3コードとはちょっと違う独特な個性が感じられるのも、こんな背景と無関係ではないでしょう。実際、彼の作品の中にはその名もZydecoという曲などルイジアナ・ルーツを感じさせるもあります。

Zydeco (1981)


本名はリー・ベイカーJr.と言いますが、当時は、ギター・ジュニアという名前で活動していました。その後、1958年ルイジアナ州レイクチャールズのレーベル、ゴールドバンドからソロ・デビュー。ここではシングル4枚をリリースしました。1960年に、サム・クックに誘われシカゴに移住。1969年には、大手キャピトル・レコードより初のアルバム「Broke An’ Hungry」をリリースするにいたりました。ここまでは、芸名はギター・ジュニアでしたが、シカゴでは彼より前に同じ名前を名乗るギタリスト、ルーサー”ギター・ジュニア”ジョンソンがいたため、ロニー・ブルックスを名乗るようになったわけです。

そんな彼がキャリアの中で中心となるのがシカゴのブルース・レーベルの老舗、アリゲーター・レコード。1978年に同レーベルのコンピレーション「Living Chicago Blues II」に登場したのち、翌年フルアルバム「Bayou Lightning」をリリース。その後アリゲーターからは20年の間に前述の共演作も含め8作をリリースしています。1986年の作「Wound Up Tight」にはジョニー・ウィンターがゲスト参加。1998年の映画「ブルースブラザーズ2000」にも出演しました。

Got Lucky Last Night (1986, with Johnny Winter)


1991年には、ジャパン・ブルース・カーニバルでロニー・ベイカー・ブルックスとともに来日もしています。

最近は話題に上らなかったとは言え、シカゴのブルース・シーンの顔ともいえる人がまたひとりいなくなり、寂しい思いです。安らかに!

クリックすると元のサイズで表示します
Lone Star Shootout at Long Beach Blues Festival, 2000
(Lonnie Brooks - center)
(c)Photo by Masahiro Sumori.


【LONNIE BROOKS DISCOGRAPHY】
[Singles]
I Got It Made / Family Rules (Goldband) , 1958
Roll Roll Roll / Broken Hearted Rollin Tears (Goldband), 1958
The Crawl / Now You Know (Goldband), 1958
Pick Me Up On Your Way Down / Please (Goldband), 1959
Knocks Me Out / Love Me Love Me (Mercury), 1960

[Original Albums]
Broke An’ Hungry (Capitol), 1969
Sweet Home Chicago (Black & Blue), 1975
Bayou Lightning (Alligator), 1979
Turn On The Night (Alligator), 1981
Hot Shot (Alligator), 1983
Wound Up Tight (Alligator), 1986
Live from Chicago: Bayou Lightning Strikes (Alligator), 1988
Satisfaction Guaranteed (Alligator), 1991
Roadhouse Rules (Alligator), 1996
Lone Star Shootout (with Long John Hunter and Philip Walker) (Alligator), 1999

[Compilations & previously unreleased recordings]
Live at Pepper’s 1968 (Black Magic), 1985
Let’s Talk It Over (Delmark), 1993
Deluxe Edition (Alligator), 1997

クリックすると元のサイズで表示します
来日時のチラシ
(Japan Blues Carnival '91)
1
タグ: シカゴ Alligator BLUES

2017/3/20

Rest In Peace, Chuck Berry  ロック

クリックすると元のサイズで表示します
Chuck Berry at Long Beach Blues Festival, 1997
Photo by (c)Masahiro Sumori.

チャック・ベリーが亡くなってしまいました。

チェス・レコードからデビューしたのが1955年ですから、それからもう60年以上。90歳でしたから大往生でしょう。

映画「ヘイル!ヘイル!ロックンロール」で、わがままし放題なチャックに「この映画はあなたが亡くなったあとも功績を残すものだから」と諭すキース・リチャーズにチャックは「俺が死ぬもんか」と言い放ったのが印象に残っています。

とうとうこの日が来てしまいました。

僕も彼のライヴは3回見る機会がありましたが、お世辞にもよいとは言えない内容でした。まずギターのチューニングの狂い方が半端ない。でも、全くあわせる気はなさそう。ステージでの振る舞いを見ていると、「お前らが俺に合わせればいい」とでも言わんばかり。

バンドを従えてツアーすることはなく、行く先々でのミュージシャンとプレイするスタイルだった彼。初めて一緒にプレイするメンバーにも関わらず音合わせもなく、いきなり本番でプレイしていたと聞きます。

映画の中では、そんな風に彼のバックを務めた経験をブルース・スプリングスティーンが語っていました。

良くも悪くも非凡な人だったんだなあと思います。今一度あの映画を見たいなと思います。

RIP。
1

2017/3/18

訃報:James Cotton 1935 - 2017  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
James Cotton, Sept. 2000
Photo by (c)Masahiro Sumori.

Mr.スーパーハープことブルース・ハーピスト、ジェイムズ・コットンが亡くなりました。81歳でした。肺炎により、3月16日、彼の地元オースティンのセイント・デイヴィッド・メディカル・センターで亡くなったそうです。

1956年から10年に渡りマディ・ウォーターズのバンドで活躍し、シカゴのブルース界で存在感を示したあと、1967年、ソロ・デビュー。1970年代に入ると、ブッダ・レコードから名盤「100%コットン」をリリース。マット・ギター・マーフィーを含むバンドで、ファンク、ロックを大胆に取り入れたサウンドを披露し、ブルースに新風を吹き込みました。

クリックすると元のサイズで表示します
The James Cotton Band / 100% Cotton
(1974年)

1985年、初来日。1990年代に入ると、咽頭癌のため声が出なくなったものの、バンドにヴォーカリストとしてダリル・ニューリッシュを入れて活動を続行。1996年、日比谷野音のブルース・カーニバルに出演した際は、同じステージに上がる予定だったジョニー・ギター・ワトソンが、前夜の横浜公演で急逝。彼の分も頑張ったのでしょうか?声もほとんど出ないのに、すごく気合いの入った演奏を聴かせたのが印象に残っています。

クリックすると元のサイズで表示します
James Cotton初来日フライヤー(1985)

2000年以降もビルボードライブやコットンクラブに出演するなど、度々来日し、楽しませてくれました。

最後の来日は2013年のコットンクラブ公演でした。以前よりでっぷりとしたコットンは、足がだいぶ悪くなっていたようで、ステージまで歩くのにすごく時間がかかっていました。以前は、さっそうと客の間をプレイしながら練り歩いていたときもあったと記憶していますが、もうそういうことはできません。

それでも、ハープを吹くと、まだまだ元気だなと思わせました。以下リンクにそのときのライヴ・レポートがあります。「もう最後の来日になるかも、と思わせておいてまだまだ来そう」なんて書いていますが、残念ながらその後ずっと来日がなく、最近どうしているのかなと気になっていたところでした。

顔面を叩きのめすように吹く「顔吹き」や、単音や同じフレーズをひたすら24小節、36小節と息の続く限り吹き続けるパフォーマンスなど、小技でライヴを盛り上げてくれたコットン。最後の来日も体力は衰えながらも、彼のサービス精神、茶目っ気は十分感じることができました。

2010年には「Giant」というアルバムをリリースしていますが、紛れもなくハーモニカのジャイアントでした。安らかにお休みください。

クリックすると元のサイズで表示します
James Cotton, 1993
Photo by (c)Masahiro Sumori.

ラスト作「Cotton Mouth Man」(2013年)
http://black.ap.teacup.com/sumori/1413.html

2013年来日公演レポート
http://black.ap.teacup.com/sumori/1369.html

2008年来日公演レポート
http://black.ap.teacup.com/sumori/138.html

2006年来日公演レポート
http://black.ap.teacup.com/sumori/21.html

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ