出もの腫れもの処嫌わず

書籍化100%不可能!「史上最凶の乳ガン患者」が病気と医療と社会について考えるBlog

 

PROFILE

最凶です。社会が求める乳ガン患者のイメージとは、かなりズレがあるかも。 ブロガー同盟やってます。

カレンダー

2017年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:岡本成夫
 妹を子宮癌で亡くし、自らも腎臓癌手術を経験し、昨年母の癌手術を見た人間として、田中好子さんの死は医療ミスだったと考えています。
 私は癌手術から5年生きてきて、普通に会社に出勤していますが、疲れがたまり、免疫力が低下した時には、一時的にリンパ腺が腫れます。
 癌を発症したあと生きたいのであれば、どんなことがあっても免疫力を低下させてはなりません。
 絶食治療など、言語道断です。
投稿者:saikyou
>渡辺容子さん
 Dr.Kの孤独の一端がみえる気がする。彼もきっと悲しいと思うよ。 

 初発だと一応標準治療の範囲でなんとかDr.Kにつきあえるけど、いろいろやりたい再発患者は無治療だと不安なんだと思う。不安は依存を呼ぶからマメに話を聞いてくれる医師の元で治療したくなるんだと思う。
 それと「家族の願いで抗がん剤をやる事にした。」という患者も案外多いので驚く。自分の命じゃ無いのかね?。

 新しいエントリー上げました。続きはあちらで。
投稿者:渡辺容子
 植松氏もDr.Kの孤独を増したね。聞いたかもしれないけど「もう口もきいてない」って。あくどいらしいよ。なんでそこまで変わっちゃうのか。やっぱこの世は性悪説だね。Dr.Aは「それで『治した』と言えるのか。そこのがんがなくなっただけ」と。それで何百万もとるんだから驚き。
 あー、逃げるのが再発患者ということならならわかる。「抗がん剤やらない人はほとんどいない」って言ってたから、みんなほか行っちゃうんだなと思った。それにビスホスホネート(骨転移に効くとされている)も。やっぱ、普通はなにもしないことに耐えられず、治療したいんだよね。無害で金もかからないならそれもいいが、抗がん剤をいちかばちかで試すのはちょっとねえ。それよりなにもせずに痛みだけとってもらうほうが心安らかでいられるよ。

http://lumokurago.exblog.jp/
投稿者:saikyou
>渡辺容子さん
 はぁぁぁ〜〜〜〜。植松氏は数年前、患者会の帰り道にご一緒した覚えがあります。当時から患者から人気が高く「なるほど、イケメンだし」と妙に納得。が、そんなところへ行ってしまわれたとは!。

 Dr.Kから他に行っちゃう患者とは、初発治療が終わってある程度の時間が経つと、フツーの人?は大抵フツーの生活に戻れるんだけど、その手の患者は何かと不安を抱えていて、もっと熱心に治療して(かまって)くれる別の医師やら何かやらにシフトするという事です。
たとえば再発した場合にははっきりしていて、渡辺さんのようにDr.Kの人類愛を感じながらの必要最小限の治療では気が済まず、「そんな治療無駄だよ、やり過ぎだよ」等の言葉を信じられず転院しちゃうのです。
投稿者:渡辺容子
>新しい検査法というのはきっとPEM 
 さすが情報早いね。ぜんぜん知らなかったけど、何かを飲む?ちゅうことは放射性物質を飲む(注射)? おおこわ。私はやむにやまれずPETを何回か受けたけど、言われましたよ。
 「今夜は赤ちゃんや犬猫を抱かないでください」と。つまり私は放射線をだしてる!!帰りの電車で子どもの近くにはいかなかったね。こんな検査を植松さんをリクルートした病院は商売にしてるんだよ。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/nmk/cr/report/200702/502810.html 
 乳がんの術後検査でやってる病院もあるし(MLの投稿より。その病院ではマンモとPETを半年おきにやっているとさ)。
 ちなみに肺がん検診でもじたばたとヘリカルCTを使ったんだけど、検診の効果は証明されず、がんもどきがよけいにたくさん発見されただけだってさ。

 ところで、Dr.Kの治療を受けてからほかに行っちゃうってなにさ? 術後の検査だけで受け入れてくれる病院てあるの? あ、そうか、検査儲かるもんね。私は水曜日が休みにくいということもあって、術後はまったく行ってなかったよ。

http://lumokurago.exblog.jp/
投稿者:saikyou
>ともハハさん
 ではっ!「女性も前立腺がん検診をっ!!。」とか?。ありえないしー。
 KISSのメンバーも男性の乳がんだったけど、そこまでして乳がんの恐怖をあおるって、マンモ業界も40代までは向こうなんて言われちゃってるし、そーとー困っているようですな。
投稿者:ともハハ
ヨコですが、2008年のピンクリボンキャンペーンで、荻原次晴がマンモ受けていましたよw
元記事探したんですが、もう消えていました。
タイトルは、「荻原次晴さん、乳がん検診率アップへ一肌脱ぐ」
でも、男性乳がん検診のススメではなくて、マンモは痛く無いというパフォーマンスだったもよう。
投稿者:saikyou
>渡辺容子さん
 島田菜穂子女医の講演を5年くらい前に生で聞いたことがありますが、その時からピンクリボンの犬だと思っていましたので、コトあるごとに何かとマスコミに出てくるたんびに「そっち側の人」と認識を深めておる次第です。

 その新しい検査法というのはきっとPEMでしょうかね。PETみたいに何か飲まされてから検査するらしいですなぁ。PETとマンモと合わさったみたいなヤツ?。
 40代までのマンモに意味がないということが、ご本家のアメリカでも明らかになっちゃったので、それを機器の性能のせいとすり替えているようです。
 
 本題に戻りまして、最凶も彼の言葉は「深い人類愛」に基づいてると思うよ。が、しかし去る患者本人が彼の元での治療が済んでしばらくたち、「私はやっぱりDr.Kはいやだ」とかなんとか言っちゃって去るのだ。(やっぱりってナンだよ!?)。
そんでもってマメに接してくれ、マメ(過剰)に治療してくれる医師に走ったりすんだよなぁ・・・。

あ、前回のコメントで間違えて容子さんのところにリンク張っちゃった。申し訳ありません。
投稿者:渡辺容子
こんなメールもらったので、ご紹介。

容子さま
おはようございます。
今テレビを見ていて、思わずメール。
テレビ朝日で乳癌の話題。
ピンクリボンキャンペーンの女医・島田菜穂子がずっとしゃべってます。
何の症状もない人でも最低1年に1度、マンモグラフィー検査をやるようにと。
男性も受けたほうがよいと言ってます。
あと何とかいう新しい検査方法が近々受けられるようになるとのこと。
やっぱり始まりましたね。

*****
男性も受けたほうがよいとは初耳だが…。マンモは無理じゃね? エコーかね?

本題に戻りまして、私は「いなくなった」患者は知らないんだけど、「惻隠の情に欠ける」発言が実はふかーい人類愛から来てることに気がつかないのは、やっぱし読みが足りないねえ。

http://lumokurago.exblog.jp/
投稿者:saikyou
>渡辺容子さん
 「出会える能力」ねー!!。出会えてもある意味「ブランドの近藤誠」を求めていただけで真価が分からず、もち腐れになってる患者も多々いるけど、その手の患者は、その「惻隠の情に欠ける」発言に耐えられずに、いなくなることが多いね。

http://lumokurago.exblog.jp/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ