出もの腫れもの処嫌わず

書籍化100%不可能!「史上最凶の乳ガン患者」が病気と医療と社会について考えるBlog

 

PROFILE

最凶です。社会が求める乳ガン患者のイメージとは、かなりズレがあるかも。 ブロガー同盟やってます。

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Red bridge
最近つとに思っていること。
なんで医者は患者本人より先に家族に告知するんだろう。患者本人にまず言って、「家族に対する告知はどうします?」って聞いてくれたらいいのに。そしたら、いかに自分が快適に死ねるかを考えられるんじゃないだろうか・・・。って、過激ですかね。
投稿者:みるとす
私は人間は人間として、はじめから
造られたと、考えていますから・・・
ですから前世も来世もない
私の先祖は、サルでもアメーバーでもないと思うわけです・・・
私はこの世でたった一つの特別な存在だと。
まあ言ってみれば神様が作られた芸術作品のような・・・他に同じ人は一人もいませんから。

日本では、学校で習うとき、進化論しか選べませんよね。
でも、進化論、創造論、どちらをとってもいいという先進国もありますから・・・
私は創造論をとっています。

ダーウインは、晩年、自分で立てた進化論を、「若気の至りだった」と言ったそうですから、進化論も仮説に過ぎないのだと思います。

でもしかし、世の中仮説ばかりではない
必ず本物も存在すると私は考えています。

http://myrtle-e.no-blog.jp/daisuki/
投稿者:saikyou
 みるとすさん、生きてきたように死ぬ。という言葉に出会ったのは、最凶が術前に読んだ本で、ジャーナリストの千葉敦子の本でした。知人友人が亡くなるたびにそのつど実感する言葉でもあります。
 では、生きてきたようにしか死ねないのなら、今を納得して生きるしかないか?。とか、まぁいろいろ考えます。
 「今の自分」をもわかっていないのに、来世や前世の自分がわかるはずもなく。
 ところで昔に産まれた人にも前世があるのなら、自然にペキン原人とかともつながっちゃうと思うんですが・・・。 
投稿者:みるとす
追加です・・・
私は千の風になんか、絶対になりませんー
私は私です。。
生まれ変わりもしない、私は私です。
だから、前世とか、来世とか言う話、私は大嫌いです。
私はこの一度の人生を生きて、死にます。
・・・
千の風になって・ということばを聞くとどうしても突っ込みいれたくなってしまいました・・・
すみません

http://myrtle-e.no-blog.jp/daisuki/
投稿者:みるとす
人はいつかは死ぬのにね・・・
考えないようにして
避けている・・・
「死」って、誰にでもおとづれるじゃないですか。ねぇ
そういえば、三浦綾子さんが生前、「私には『死ぬ』という仕事が残されている」とおっしゃっていましたが、う〜ん、納得と、今の私は思います。

どういう最期を迎えるかは人生の最大の課題かもしれません。(自分では選べませんが・・・)
「人は、生きてきたように死ぬ」と、ホスピスの先生が著書の中でおっしゃってました。
ということは・・・いま、どう生きるかが、どう死ぬかに、かかわってくるということなので、どう生きるかを、真剣に考えます・・・やはり。


http://myrtle-e.no-blog.jp/daisuki/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ