2016/4/21

Earl Washington / Walk In The Light (Power&Light/78/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

いつもお世話になっているこちら(http://antsvillage.blog119.fc2.com/)で教えて頂いたアルバム。ジャケットはゴスペル系LPで使い回されているお馴染みのものです。本人、バックも黒人なのでゴスペル・ソウルを想像するのですがアコースティック・ギターをフィーチャーしたシンガー・ソングライター的なサウンドでとても聴きやすいかと。とはいえジーザス、ロードは連発してますが。
.

2016/4/17

V.A. / Under The Yellow Balloon (No Label/81/US)  JAZZ


クリックすると元のサイズで表示します

子供向け教育テレビ番組のサウンドトラック? 2分に満たない曲が1枚のアルバムに30曲以上収録されています。特にB面の「This Map」〜「You'll Be Home」〜「Directions」〜「North, South, East, West」と続くヴォーカル曲の流れが秀逸。黒さはありませんがレア・グルーヴ的なサウンドが楽しめます。
.

2016/4/15

V.A. / 1963 Notre Dame Collegiate Jazz Festival (Silver Crest/63/US)  JAZZ


クリックすると元のサイズで表示します

名著「インディペンデント・ブラック・ジャズ・オブ・アメリカ」でも紹介された3枚組LP。カレッジ・ジャズ・フェスティヴァルの模様を収めた内容で、アースのモーリス・ホワイト、ドン・マイリック、ルイス・サターフィールド等のユニット、ザ・ジャズメンによる「Max Waltz」のインパクトは強烈。

https://www.youtube.com/watch?v=6mmfvVWPvlA
*ラストが「Max Waltz」です。
.

2016/4/13

New World Generation / S.T. (Close Connections/-/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

このブログで過去に紹介済だったらごめんなさい、今日はコレ。ジャケ、ラベルに記載はありませんがDiscogsによればリリース年は1983年になっています。打ち込みじゃないせいか聴いた感じは80〜81年といったところ。内容としてはいわゆるモダン・ソウル/ファンクで例によってこの時期のファンクに聴くべきものはありません。とはいえファンクは1曲のみであとはメロウでスウィートなミディアムやバラード。意外と美味しいアルバムです。

https://www.youtube.com/watch?v=4Y_iG0lyuy8
.


2016/4/7

The Chubby Jackson Band / Groovin' With Chubby And Dadd (Jazz Forum/-/US)  JAZZ


クリックすると元のサイズで表示します

税金対策レーベル(たぶん)からのローカル・ラウンジ・ジャズ。録音も悪いがウェルドン・アーヴィンのカヴァー「Mr. Clean」はドラム・ブレイクでスタート。かなりグルーヴィーな仕上がりです。

https://www.youtube.com/watch?v=dU96SWUmxiY
.

2016/4/4

どっちが先だ? Lemuria編  オリジナル鑑定団

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

Lemuria / S.T. (Heaven/78/US)

Lemuriaといえば細字と太字ジャケの2バージョンが存在することは今や有名ですが、どっちが先か?という問題についてはどうなってましたっけ?
で、最近になってもしや?という考察が出てきましたのでここでご紹介します。
結論から言うと「細字が先」かもしれないということです。
まず、右上のラベル画像をご覧ください。B-1に「GET THAT HAPPY FEELING」という曲がありますがこの表記については細字版も太字版も同じです。ところが裏ジャケの表記を見ると細字版(左下)は“GET THAT”がなく「HAPPY FEELING」となっています。一方太字版(右下)はラベル上の表記と同じで、しかもよーく見るとこの曲だけフォントが違います。つまり曲名が間違っていたので後から修正したのではないかと考えるわけです。そもそも細字じゃ目立たないから後から太字に変えたんじゃないかという憶測もありましたが意外にそれも当たっているかもしれません。
てなワケでこれが結論でいいでしょうか?(笑)
そんなこととっく知ってるよ!って話でしたらどうかご勘弁を!
.

2016/3/31

The Religious Souls / Change Me Lord (JCL/-/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

続いてもゴスペル・ソウル。こちらは内容的にHeavenly Bandより上だと思います。低重心ファンク「Food From The Spiritual Table」と「Since I Found The Lord」はなかなかの聴きモノなんですが、録音レヴェルが悪いのかヴォーカルの音が割れていてちょっと不快。残念。
.

2016/3/28

The Heavenly Band / Hello Sunshine (Brownwood/-/US)  FUNK/SOUL


クリックすると元のサイズで表示します

一時期モノスゴイ価格で取引されていたこのゴスペル・ソウルも最近はようやく落ち着いてきたような。初めて試聴した時もピンとくる曲はなかったが今回改めて聴きなおしても同じことだった。
.

2016/3/27

Toledo Scott High School Jazz Ensemble / Timeless Soul (Musicor/74/US)  JAZZ


クリックすると元のサイズで表示します

"A to Z"にも掲載された学生バンドの74年ヴァージョン。「The World Is A Ghetto」や「People Make The World Go 'Round」などのカヴァーを収録したそのスジ(?)の方々には人気の一枚(???)。
.

2016/3/16

People / S.T. (GCP/77/US)  LATIN/WORLD


クリックすると元のサイズで表示します

レーベルからもおわかりの通り基本テックス・メックスですが、ティト・プエンテのカヴァー「Picadillo」とグルーヴィーなインスト・ディスコ「Sholongo」は悪くない、かもしれません。
.



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ