2018/7/8  1:00

KATO EF81カシオペアクルーズ基本セット  鉄道模型(ユーザーパーツ・カスタマイズ)

2017年12月、KATOからEF81 95号機 カシオペアクルーズ基本セットが発売になりました。



ところが、昨年秋ごろから仕事の忙しさと疲れからフェーズが下がり、購入後納戸に直行していました。

あらから半年以上、ようやくユーザーパーツ取り付けとカスタマイズを施工する「ずく」が出ましたので、遅まきながら記事UPです(;^_^A




この製品は特別企画品ということで再生産が望めない製品です。
EF81レインボー色とのセットは賛否があったようですが、筆者にとっては初めてのEF81購入となりました。

いっぽう、E26系は、北海道新幹線開業後、カシオペアクルーズ用に改造された姿だそうで、過去に発売されている「特急カシオペア」とは異なるそうですが、筆者にはその違いはわかりません(;^_^A

このカシオペアクルーズ(カシオペア紀行)、長野駅にも何回か来たことがあります。



まずは試運転です。
スムーズに動くが、ライトは点灯するか確認します。



客車もテールライトやパックサインが点灯するか確認します。

なお、試運転は購入直後に行っています。
そうでないと、もし不具合があった場合、交換してもらえないからです。



ちょっと調べてみたところ、カシオペアクルーズはカハフの床下機器が異なるだけだそうです。

また、KATOのEF81は側面の「EF81」という白い文字の印刷が薄いということでTOMIX車を採用しているかたもいるとのことです。

まずは客車のユーザーパーツ取付です。



難関のカプラー交換。
あちらこちらのブログでも記事になっていますが、取扱説明書に従ってカプラー交換を行うと、ほぼ間違いなくカプラースプリング(板バネ)を破損してしまいます。

いろいろと方法を試してみましたが、決定版が見つからなかったため、工程は記事にしません。



なんとか、交換できました。



カハフはいろいろやっているうちにの首ふりが悪くなってしまいました。
走行に支障があるようであれば修正したいと思います。



カハフにアンテナを取り付けます。



これで客車のカスタマイズは終わりです。
側面の行き先シールは、増結セットとともに施工しますので、今回は省略です。

つづいて機関車です。



車体とシャーシを分離し、スカートもはずしておきます。



機械室部分をタミヤXF-71コックピットカラーで塗装します。



スカートのコックのモールドを切削し、0.5mmの孔をあけます。



TOMIXの分売パーツ「EF63エアーホース」を必要数切り出し、取り付けます。



ネット上で公開されている実車の写真を参考にエアーコックとステップのフチに色差しします。



付属のナックルカプラーは見た目が悪い腕が長いタイプのため、AssyでEF66前期形ナックルを用意しました。



カプラーを交換します。



スノープロウを取り付けます。



側面ナンバーとメーカーズプレートを取り付けます。



前面のナンバーも取り付けます。



パンタグラフをクレオスH-22ねずみ色で塗装し、スリ板をクリアーオレンジ、碍子にH-46エメラルドグリーン、ヒンジにH-23シャインレッドを色差しします。



車体に取り付けます。

つづいて常点灯化工事です。



既存のコンデンサーを撤去し、余分なハンダをハンダ吸い取り線で除去します。



スナバ回路を設置します。



点灯テストです。
常点灯するか、走行させた時、逆エンドのライトがチラつかないか確認します。



逆側も確認します。



スカートをシャーシに取り付けます。



車体を載せて、できあがりです。



筆者にとって初めてのEF81。
信濃国では馴染みがないため、今までスルーしていましたが、JR貨物のEF81も欲しくなっちゃいます(;^_^A



カシオペアクルーズのほか、14系レインボーも引かせてあげたいですね。



にぎやかな屋根上。



これでカシオペアクルーズ基本セット、配備できました〜♪

めでたし、めでたし。



なお、機関車にはクリアケースが付属してきませんので、CASCOの1両用ウレタンを使って空いているクリアーケースに収納です。



2018/7/12  22:52

投稿者:隠密

>64-1000さん。
こんばんゎ。
中央線にEF81は来ないので馴染みがすくないでしょうね。
とはいえ、模型ではついつい欲しくなっちゃうんですよね〜(;^_^A
どうがおだいじに(^^;←なんのこっちゃ

2018/7/8  22:48

投稿者:64-1000

こんばんは〜

81は個人的には好みなのですが、僕は「中央本線」専門ですので、交直流機の配備経験はナシです...

でもやっぱりカラフルなあの屋根上はたまりませんねぇ(;^_^A 欲しくなっちゃいました(笑)

https://blogs.yahoo.co.jp/jrfef64_1000

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ