2018/7/7  1:00

簡易どこでも電源コネクターを作る  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

2017年12月にKATOから電源に関わる用品がいくつか新発売になりましたが、その中に「どこでも電源コネクター」というものがあります。



電動ポイントや自動信号機などはパワーパック側面のアクセサリー端子に接続することにより給電していましたが、この装置を使うとパワーパックとポイントスイッチや自動信号用電源が離せるようになるというものです。

保護回路が内蔵されていて、ショートした場合は電気を遮断するようになっています。

しかし、この「どこでも電源コネクター」は定価2200円(税抜)、しかもN用ACアダプター(定価2100円、税抜)が別売りですので、これを加えると4300円(税抜)となり、かなり高価なものになってしまいます。

そこで、市販品を流用して「簡易どこでも電源コネクター」を作ってみることにしました。




まず用意したのは「ポイントアダプター」(定価500円、税抜)です。
量販店なら20%OFFで購入できます。



このアダプターは、KATO製以外のパワーパック(カツミ製やエンドウ製など)のアクセサリー端子からポイント駆動用の電源を接続するためのものです。



内部には整流ダイオードが入っており、交流でも直流でも接続できるようになっています。



つづいて用意したのは、秋月電子商会ACアダプター[LTE10UW-S2-BS01]、620円(税込)中継ジャック[MJ-077N]、75円(税込)です。



中継ジャックにポイントアダプターから出ているコードをハンダ付けします。



これでできあがりです(^-^)/



ポイントスイッチと接続します。



ACアダプターを接続してポイント操作テスト♪
カチッカチッといつものように動きました。



つづいてサウンドボックスへの給電テストです。



パワーパックはTOMIX N-400。
サウンド同調タイプは、うまく動きませんでした。

N-400は出力が8.5V0.4Aと低いせいかも知れません。



コントローラー優先タイプでは、ちゃんと動きました。

これに「24-829 ユニトラック アクセサリーアダプター」を接続すれば自動信号機にも電源を供給できます。

保護回路は内蔵していませんが、お手軽で安価に「簡易どこでも電源コネクター」ができました〜♪

めでたし、めでたし。



2018/7/12  22:58

投稿者:隠密

>oomoriさん。
こんばんゎ。
ポイントアダプター、想像以上に小さく、中身はシンプルでした(;^_^A
とはいえ、側面のスナップ端子やコードをそのまま活用できるので、便利ですが…(;^_^A
本家「どこでも電源コネクター」は保護回路が入っているそうなので、そのぶん高価なのでしょうけど、高価すぎますね(;^_^A

2018/7/12  13:15

投稿者:oomori

ポイントアダプター自体を持っていないので、ポイントア
ダプターの中身は、初めてみました。
それにしても、部品代に比べて価格が・・・。

さらに、2000円を越える、かつ、電源別の「どこでも電源
コネクター」の中身はいかにというところですね。

http://oomori1006.cocolog-nifty.com/blog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ