2018/4/29  1:00


2018年春、豊田の189系が次々に引退となっていきました。
でも、模型の世界はいつまでも現役です。

というワケで、過去に配備した豊田の189系の記事をアーカイブしたいと思います。



TOMIX 189系M50編成あずさ色。




新発売は2016年11月でしたが、ちょっと遅れての導入です。



製品化発表の時は、予約せずスルーしていたのですが、「あずさ50周年記念」かつ 中央東線シリーズの一員、キロポスト誌で紹介された…ということで、購入してしまいました(;^_^A

ほとんど衝動買い…(;^_^A
とはいえ、価格がHG(^^;)ですので、ちょっと迷いがありましたが…(;^_^A



まずは試運転です。
ライトの点灯状態を確認します。



動力車はスムーズに動くか、スローが効くか、確認します。
いずれも問題はありませんでした。

塗装も、乱れはなく、良好です。



説明書を一読します。
内容はM52編成の時と同じです。

では、ユーザーパーツを取り付けていきます。



ホイッスルをワリバシツールで保持して取り付け。



無線アンテナ用の孔をあけます。
治具は、以前の189系用の使い回しです(;^_^A



無線アンテナ取り付け。



台車をはずしてスノープロウを取り付けます。
TOMIXの台車スノープロウはリアルなので好きです(^^)



トイレタンク(L)を全車に取り付けます。



洗面所窓の裏から白いラベルシールを貼ります。



TOMIXは行き先シールが付属してきません。
ちょうどKATO 183系0番台用のシールに余剰がありましたので流用しました。

片側は「松本」



反対側は「新宿」としました。

「L特急」となっていますが、超ドアップで鑑賞しない限り判読できないので、これでヨシとしちゃいます。



床板裏側に号車シールを貼っておきます。

ここで気づきましたが、M50とM52はクハ189-500の位置が逆なんですね。

調べたところ、M51とM52は転属のさい、前後のクハを入れ替えて豊田に配備になったとか…
ようするにM50がオリジナルの編成らしいですが、元々信越本線で活躍していた車両ということを考えた場合、編成の向きが逆だと思うのですが…(;^_^A



別売オプションの「0857トレインマーク(183系1000番代用・イラスト)」を用意し、「あずさ」をセットしました。

2016年もM50編成は「臨時あずさ」に充当されたことがあったそうで、わがNワールドでも「あずさ」としました。

では記念撮影です。



基地で待機するM50編成。
このレイアウトボード、歪みが発生していますね。
経年劣化してきたようで、そろそろベースボードを新しくしないといけないかも知れません。



ライトの点灯具合も良いですね〜♪



昔に発売されたKATOの189系あずさ色と並べてみました。



両社で印象把握が異なるのがわかります。
とはいえ、その差はちょっとですが…(;^_^A

KATOはライトリムが塗装されていないので、表情(目つき)に差が出ています。

タイフォンのモールドはTOMIXのほうがハッキリしています。



青い塗色に若干の差があります。
TOMIMのほうが鮮やかです。



ヘッドマークはTOMIXのほうが若干大きい感じです。
KATOはヘッドマーク変換装置の関係で、ちょっと奥まった感じですが、TOMIXは車体とほぼツライチです。

KATO車は、今となっては設計の古いものになってしまいました…(;^_^A



豊田の189系3編成が揃い踏みです。
しかも、すべて「あずさ」(;^_^A

「あずさ50周年記念」にふさわしいラインナップ…(;^_^A

というワケで、189系M50編成が配備できました〜♪

めでたし、めでたし。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ